ブログを思い出させてもらったので続きを。
今回は応用編。どんなところが暗渠なのか?散策してみよう!という感じです。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8401.PNG
まずこの地図。右側に縦に流れる開渠である呑川。ここに流れていく緑のラインである奥沢からの流れに関して見ていきましょう。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8365.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8366.JPG
暗渠のことを調べて行くと様々な暗渠サインたるものを見ることができます。
https://mizbering.jp/archives/10743
詳しくはこちらのサイトで。
暗渠サインのひとつとして銭湯がおそらく水源辺りにあると考えられます。さらに道路に並ぶマンホール、まさに水の流れをサインを通して見ることができるのです。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8373.HEIC
さらに進むと、信用金庫の通路があります。建物の位置から考えると、少し不思議な位置にある通路。おそらくここが水の流れと思われます。
この写真の真後ろは、
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8374.HEIC
このようにわかりやすく左側の歩道が暗渠というわけです。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8378.HEIC
このようにフタがされてない箇所もあります。つまり開渠というやつですね。
そして地図のほぼ中央のクランク部分へと差し掛かります。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8379.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8380.HEIC
上の写真の奥からの流れが写真の右方向に曲がり、下の写真のフタがされている先で右に曲がります。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8382.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8388.HEIC
さらに歩道をたどっていくと、道が開けました。このように急に道が広くなったりするところも暗渠のサインです。もしかすると池や沼だったのかもしれないなと想像できます。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8386.HEIC
川が見えてきました。そして……
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8390.HEIC
注がれます。
と、このように暗渠を探すことができます。散歩や散策するときに意識すると、楽しいかもしれませんね。