2018年1月16日㈫

お昼頃いつものようにTwitterを見ていたら
信じたくない言葉が流れてきた
「コーイチくんの脱退」


よくわからないからすぐメールを開いて
公式から発表されたものを読んだ

本当に意味のわからない言葉ばかりが羅列していて、今だに理解できていない。

信じられない、信じたくない、やだやだやだやだやだやだ。
Twitterを見るとみんなが動揺していて、みんなが拒否していて、何かをしていないと心が壊れてしまうと思ったから、TLを見ることしかできなかった。

少し気持ちが落ち着いて、家にいても悲しいだけだし、これで単位落とすのは嫌だったから(今試験期間です)、1人で喫茶店で5時間粘った。

スマホと少し距離を置くと、いつもの7人がわたしの中にはいて、"今回のことは何かの夢だ!嘘だ!"って思えた。

でも夜になると、リョウガさんを筆頭にブログが更新され始めた。
ただただ泣いて読むしかできなくて、顔がパンパンになるくらい泣いた。
発表があってから食欲もなくなって、
お正月に食べすぎた分も戻りました。
あー!嬉しくない理由で痩せた!いや、痩けた!

リョウガさんに"個人の予想でしかなくて、真実は僕達しかわからない"的なことを言われたときは、あれだけ日頃8号車も含めて超特急だって言っておいて突き放すの?と悲しい気持ちになりました。
一緒に背負えないの?って。

それでもわたしは、ユースケくんが言ってた通り、
コーイチくんが、超特急が大好きで。

コーイチくんがブログを更新するまでに期間があったから、たくさんのことを考えたんだよ?

グルショとっといてよかったな〜、個握やサイン会、ツーショ行っておいてよかったな〜。
ライブにたくさん行けてよかったな〜。
特に、タカシくんが"もう一度2人で歌いたかった"って言っていたから、アリーナツアーを(初日以外の)4公演乗車できてよかったな〜。って。

今回の件でいろんな憶測が飛び交ってて、わたしもいろんな考えをしたのだけど、結局はわからないから本人の言葉を待つしかないなって思った、昨日の夜。

その時点で勝手につけた結論は、
"コーイチくんは超特急が大好きだ"ってこと。

見るの辛いかな?と思いながら見たさが抑えられずに見ていた今までのライブ映像たち。
そこには誰がなんと言おうと、好きが溢れていた。

ずっと食欲なくて、蒟蒻畑かグミしか食べられない生活を送っていたけど、それで心が少し軽くなった気がした。




そんなとき、コーイチくんのブログが更新された。
正直、来ると思ってたよ。

読んでやっぱり大号泣。

この数日間、理由はもちろん納得がいってないけど、何より気になっていたのは、
コーイチくんが超特急を好きでいたか、たのしんでくれていたか、ってことだった。

だから、ブログを読んで、
コーイチくんが抱く超特急への愛を知ることができて、嬉しかった。

人間それぞれ解釈や思考は違うもの。
流れていくTLを見ていると更新されたブログに納得のいってない人も多かった。

落ち着いて考えてみると確かにな〜って思ったり。
あれだけ仲が良くて、彼の話すズレは解消できなかったのか。
大好きな6人となら解消へと近づけたんじゃないか、って、思っちゃう。

コーイチくんが超特急を好きなことは、真剣なことは知ってたよ。
"お前にほんまのことがわかるんか?"って言われても、答えられないけど、わたしなりには知ってたよ。

だからこそ。
タカシくんをソロバックボーカルにしてまで、
東京ドームまで、いや、その先も続くレールを脱線してまで、
脱退を選んだ理由がわからないよ。

いろんな感情が交錯しているわたしの気持ちの1つに、
それは逃げじゃないか?という気持ちがある。

でも、こうでもしないと心が壊れてしまう、超特急が嫌いになってしまう、そんな気持ちが存在したのかな?とも思います。

実感がわくのはまだ先かもしれない。
彼が言ったこと、よくわからない。

もっと超特急としての彼の歌声を聴きたかった。
メンバーといるときのアヒャヒャ笑いを聴きたかった。

んんん、いつか真実をわたしたちも知ることができる日が来るといいな…。
こじ開けたくはない。

今、わたしたちにできることは、
1人1人を支えることだと思う。

綺麗事だよ?
正直、全然心の整理がついてない。
実際、調整中だし、それでも新規の詳細は発表されだしてるし、困惑しかない。

メンバーのブログには誰にもコメントできてないし、したら、受け入れたことになってしまいそうで怖いし。

それでも超特急のライブ見たいし、
彼らが大好きだし、
一緒に東京ドーム行きたいから。

受け入れられないままでも、ライブに行かせてね。
それで6人でも楽しませてね。
わたしも全力で楽しむから。

コーイチくんは、晃一くんになるんですよね。
超特急として活動したことをずっと誇りに思っていてほしいです。

まだ超特急は7人のままだから。
7人の超特急の最後を見届けさせてくださいね。

それからは、別々の道を応援するよ。
もちろん、今も決断に対して応援してないとかじゃないんだよ。
心の整理に時間がかかるだけで。

ずっと7人が超特急が大好き。

これだけはわたしが胸を張って言えること。

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5267.JPG