映画「かぐや姫の物語」制作時に、auスマートパス会員向け
スタジオジブリ公式読み物サイト「ジブリの森」において連載された
「かぐや制作日誌 “悲惨な日々” 西村義明(2013年4月15日~9月1日)を再録


2011年3月14日(月)~3月19日(土)


14日(月)

・昨日の鈴木さんの連絡どおり、お休みとする。

・夕食の買い物に行くと、水や缶詰やカップラーメンは売り切れていた。「ハウル」の制作時だったかと思うが、何かの話をしているときに、宮崎さんが「今はスーパー行けば山のように食材も商品もあるけど、ロシアみたいになる日が、僕は来ると思っています。日本という国は、いつそうなってもおかしくないんです。そうなる時は一瞬です」と話していたことを思い出す。

・映画館も閉館している。

・結局は朝から晩まで、ネットやらテレビやらで、地震情報を見続ける。疲れてしまう。

15日(火)

・ジブリ事務部門は明日まで休み。原発も調べるほど危機的な状況であることが分かり、ひとまず、妻と子は名古屋にある妻の実家に戻すことにする。ちょうど、妻の父の還暦祝いで週末3連休の名古屋行きを予定していたので、それを前倒して。仕事中に万一のことがあった場合、交通も通信も麻痺するような状況では、スタッフと妻子の両方に対応することは出来ない。

・妻子を駅まで送って、出社。田辺さんは、通勤経路の西武線が運行していないとのことで、出社できず。高畑さんも出社せずで良しとする。

・男鹿さんから連絡あり、男鹿さんも月曜から通常通り作業をしている旨、連絡をうける。

・橋本さんと、佐々木さんは通常通り出社し、動画作業を継続している。

16日(水)

・高知に戻っている濱田くんをのぞいた全スタッフが揃った。今日から気を取り直してやっていこう。

・震災の影響でガソリン不足。万が一の事態に備えるため、この一週間は社用車を極力使わず、高畑さんの通勤もバスと電車で来てもらうこととした。

・とはいえ、まだネットワークは繋がっておらず、仕事にならない。メールもGmail、ファイルもネットワーク上に保存しているのが仇になる。紙とエンピツで仕事ができるアニメーターは、素晴らしい。

・高畑さんも、地震・津波の被害状況と原発が気になっており、食事のときなど、その話になる。事態はまったく良くなっていない、むしろ今後悪化するだろうという考えで一致する。

・18時に男鹿さんと打ち合わせ。「アトリエが計画停電で停電になっちゃって仕事にならないから、今から行きます」ということで。打ち合わせを始めたは良いが、19時ごろにかぐスタも停電してしまう。打ち合わせが途中なので、場所を移してジブリの1スタで打ち合わせを継続。

・外に出ると、真っ暗な東小金井駅南口。黄泉の駅で降りてきたかのように、真っ暗な道を真っ黒な人達が歩いている。懐中電灯を持つ人は少ない。見上げると、東小金井駅では滅多に見れない満天の星。

・ジブリで打ち合わせを継続し、そのあと食事。3時間も停電するということで、戻っても仕事にならない、と長めの夕食@キッチンブラウン。

20130828_1.jpg


17日(木)

・今日もまた停電。仕事途中の午後3時~7時という仕事時間を奪われてしまう。作業が滞る。停電があけても、集中力を戻すまでに時間がかかる人もいる。目の前のことに集中しているときは、集中しているのだが、停電で仕事ができなくなると、どうしたって被災地の話、原子力発電所の話などをする。みな不安なのだろう。

18日(金)

・今日もまた停電。12時~16時まで停電なので、ジブリでPCを借りて仕事をしようと思い、向かう。ちょうど昼休みどきということもあり、ジブリまでの道で多くのジブリスタッフに会う。みんなに「南口は停電です。飲食店はやってませんよ」と伝えながら通り過ぎる。

・気付くと、東北関東大地震から一週間がたった。早い一週間だ。原発は、どうやって事態が収束に向うのか、誰も確実なことを言えないらしい。高畑さんとも、あいかわらず原発の話ばかりしている。

・渡辺さんに相談事あり、ジブリへ。ジブリでは一度も停電が起きていないが、停電の際のサーバー保守が大変すぎるということで、確実さを求めて映像部門は夜間シフトを採用したらしい。実写照明用の電源車を借りることも検討しているとか。かぐスタの停電対応についても相談するが、なかなか上手い対応策が見つからない。様子をみるしかないか。

・深夜、日本テレビ番組「漱石の犬」を見る。フレデリック・バック展の紹介。震災前に完成していた映像だろうが、「木を植えた男」の紹介ナレーションが刺さった。『荒涼とした大地に一本一本、木を植え続けた男がいた。そこはやがて、緑あふれる森になった』 震災も原発も、どうなったところで、一歩一歩復興にむけてやっていくしかない。一枚一枚描いていくアニメーションも同じ。

20130828_2.jpg


19日(土)

・高畑さんは「練馬・九条の会」に参加。テーマは「原爆・放射能と憲法九条|65年間被爆者を診察し、寄り添ってきた医師として言えること(肥田 舜太郎さん)」。それを終えて、17時ごろ出社。その後、体内被曝の恐ろしさについて色々と話をしてくれた。

映画「かぐや姫の物語」制作時に、auスマートパス会員向け
スタジオジブリ公式読み物サイト「ジブリの森」において連載された
「かぐや制作日誌 “悲惨な日々” 西村義明(2013年4月15日~9月1日)を再録


2011年3月7日(月)~3月13日(日)


7日(月)

・夜に男鹿さん来訪。細かい調整は継続中だが、高畑さん、田辺さんの考えに、だいぶ近づいてきている。高畑さんからも「もう安心ですね(笑)」との発言も。

・帰りの車中、高畑さんから「ぼくの考えを100%理解して、打ち合わせに全部出て僕の変わりに喋ってくれて、コンテも全部描いてくれて、音楽も何もかもやってくれる、そんな演出助手っていませんかね?(笑)」と。 聞き流す。

20130827_1.jpg


8日(火)

・鈴木さんにキャスティングについて相談と報告へ。色々と意見を聞いた後、最後に「高畑さんの場合は、とことん話をするしかない。まぁ、西村の好きにやってください(笑)」と。

・絵コンテ、部分的にアップ。もうすぐシーン10が完結。

・夜、みなが食事に行っている間に、濱田くんと話す。この2年間は「かぐや姫」に専念すること、フリーになることを決心したそうだ。

9日(水)

・みな黙々と作業する平穏な一日。

10日(木)

・高畑さん、出社するなり、橋本さんの原画チェック。かぐや姫が邸を飛び出し、走っていくところ。悲しみと怒りで突き動かされるように飛び出し、一目散に都を駆け抜け、山へと走り続ける数カットで、橋本さんのエンピツ線がほとばしる。一同、圧倒され、「おぉ~~っ」と感嘆し、見終わった後はパチパチパチと小さく拍手。さすが「橋本晋治」である。残念ながら、パイロットフィルムには間に合わないが、魅力的なアクションカットになるだろう。

・帰りの車中「橋本さんが入ってくれて、本当に良かった。あのカットは楽しみですよ」と高畑さん。

11日(金)

・制作部長の渡辺さんに相談事があり、喫茶店で話をしようと「くすの樹」へプレマシーに乗って。その道中に、あの地震が起こった。車を止めて、外に出ると地面が揺れていて、目の前の世界が歪んで見えた。電信柱がしなり、ガラスが今にも割れそうに音を立てていた。振り向いて後ろを見ると、道に出てきた人達は、呆然と立ち尽くしていた。

・渡辺さんから「ジブリに戻ろう」と提案。道を引き返してジブリへ戻る。その間も余震が続いている。ジブリに着くと、皆、目の前の公園に避難していた。渡辺さんを降ろし、急いで僕はかぐスタへ戻る。奥さんは避難できたろう、娘はジブリの託児所にいるから安心だ、とか色々考えながら。

・かぐスタに戻ると、高畑さん、田辺さんが、かぐスタMTGルームの液晶テレビに釘付けになっている。みな無事なようで安心する。濱田くんは、家のテレビが落ちたらしく、心配して自転車で帰宅したとのこと(三鷹在住)。タイミングよく、佐々木さん遅刻して出社。ゼロックスの修理担当の方がコピー機を点検している。壊れものもなく、崩れているものもない。

・テレビに目を向けると、津波だった。津波が町を飲み込んでいた。濁流が畑を覆い、家や舟や車が、まるでオモチャのごとく軽々と押し流されていく。画面に表示されている日本地図には、北海道から沖縄まで、大津波警報の白赤線が点滅していた。その後、上空からのヘリコプター中継。海からは、第2波、第3波、第4波の白波が向ってくる。テレビに噛り付く。恐ろしいことが起こっている。

・高畑さんの自宅へ電話をかけても繋がらない。田辺家も。外出している松尾さんの携帯も繋がらず。携帯だけじゃなく、固定電話もパンクしていた。家族にもジブリにも繋がらない。完全に麻痺している。2時間くらいたって、携帯のメールがようやく受信しはじめる。受信メール数が数十件。何かあったのかと思いきや。兄弟・家族間で安否確認のメールをやり取りだった。全員無事で、ほっとする。その後、ジブリから渡辺さん、西方さんが安否確認に訪れた。ジブリも美術館も全員無事と報告を受ける。

・関東、電車ストップとのテロップ流れた後、復旧の目処立たず、という情報を携帯で確認。高畑、田辺両氏に、急いで帰宅すべきと提案。6時にスタジオを閉めて帰宅。その時点で、ガソリンスタンドは行列しており、道はすでに渋滞。高畑さんは吉祥寺で降ろした。買い物に出ていた奥さんと合流するため。その後、大渋滞の中、田辺さんを自宅まで送る。田辺さんを送り届け、西村の自宅に戻れたのは、午前2時半。そのまま、テレビの前で夜を明かす。

12日(土)

・今日は休日。田辺さんは出社する日だが、電車が運休しており、出勤できない。高畑さんも自宅待機。松尾さんと西村は出社したが、各々雑務を終えて早めに帰宅する。

・アニメーターの濱田くんから連絡があった。子供が生れたばかりなので、原発が落ち着くまで実家の高知に戻るとのこと。心配するのも無理はない。

13日(日)

・お休み。

・深夜に鈴木さんからメール。「明日(月)は、原則、休みにします。交通手段の混乱と計画停電のためです。明日以降のことは、明日の午前中に決めますので、連絡を待ってください!」 非常事態だ。
 

映画「かぐや姫の物語」制作時に、auスマートパス会員向け
スタジオジブリ公式読み物サイト「ジブリの森」において連載された
「かぐや制作日誌 “悲惨な日々” 西村義明(2013年4月15日~9月1日)を再録


2011年2月28日(月)~3月5日(土)


28日(月)

・高畑さん、バック展の原稿が終わったこともあり、ラフコンテに久々に戻っている。

・田辺さん、3月はコンテ集中月間。とはいえ、上がりの結果だけ見ると、ペースはさほど上がっていない。ゴールデンウィークは、田辺さん、西村は休みなしで出社することになりそうだ。

20130826_1.jpg


1日(火)

・昼過ぎから録音演出の浅梨さんに出席してもらい、MTG。その後、高畑さん、浅梨さん、西村で少し雑談。浅梨さんから、映画のクライマックス前のシーンについて、「倫理的に大丈夫なんですか?(笑)」と指摘あり。「昨今の映画は最後に上手く丸めすぎるんですよ。当たり障りの無いエンディングにしようとしすぎる。それまで面白かったのに、結局最後はまとめに入ってハッピーエンド。丸く収めてしまう。わざわざ面白くなくしているようなもんですよ」と。

・その後、高畑さんからコンテの相談を受ける。高畑さん「同じことしかできないですけど、白い鳩でも飛ばしたい所なんです。バサバサバサバサッって。そのあとに、ポッカポッカっていう馬のリズミカルなひづめの音。トロットです。西洋の馬車だったら、なにしろオープンカーですから、開放的でしょ。それがあの時代だと、全部出来ないんですよ。白い鳩も日本にいたみたいなんですけどね。神社じゃあるまいし、そんなに数が集まっているのか、とか。それにこっちは牛ですから。ゆっくりとしか歩かないんじゃないか。しかも姫が居るのは窮屈で閉ざされた牛車の中。もう、牛でもリズミカルに走らせちゃおうかな。トロットするんじゃないのかな、牛も。」と。

・田辺さんとも、コンテの相談を少し。進みが遅いので、何とかせねば。と、いっつも思うのだが、結局、田辺さんの場合、追い詰める以外に方法が無いんじゃないか?問題は、どうすれば田辺さんのような性格の人を、追い詰めることができるのかだ。

・夜、かぐスタの裏にあるワインバーで、久しぶりに田辺さんと二人でお酒。30分だけ。パイロットフィルムの原画が終わりつつある中で、色々と聞く。ひとまず、問題は絵コンテであるという共通認識はあるのだが、完成まで2年だと話すと、すでに弱気になっている。

20130826_2.jpg


2日(水)

・パイロットフィルム期間の動検をお願いするIG所属の野上さん来訪。沖浦さんの「モモへの手紙」を終えて、今週土曜日から週に2~3日くらい入ってやってくれる予定。特殊な動画システムなので大変だが、今後の量産も視野に入れて、注意事項作成までをお願いする。

・キャスティングのうち、爺さんについては、高畑さんのイメージも固まりつつある。不器用で、朴訥。

・高畑さん、バック展の図録原稿を終えたは良いが、ラフコンテ作業に頭が切り替えられていない。ひとまず、様子を見よう。

20130826_3.jpg


3日(木)

・昼からスタジオでは、動検の野上さん、T2の高橋賢太郎さん、撮影監督の中村さん、ジブリ撮影部の泉津井さん、田辺さんで仕上げ・撮影の処理打ち合わせが行われた。「コクリコ坂から」と仕上時期が丸々被るのが心配。どうにか調整しながらやっていく。

・夜、米林さん、岸本くんと食事。日本アカデミー賞を受賞したお祝いも兼ねて。米林さん「『ゲド戦記』のときは、こうやれば、ああやれば、とか、どうにか良くしたいと思ってみても、自分が出来ることは与えられたカットを頑張るしかなくて、限られていた。そういう気持ちもあったから、『アリエッティ』の話が来た時に、自分のやってきた事とか、考えていた事とかを活かせる、発揮しようと思って、よし!やろう!という気持ちだった。」 「絵コンテ作業は、孤独だった。一人でやっていると、良いのか悪いのかも分からなくなってきたりする。『かぐや姫』みたいに、傍らで居てくれると、絵コンテなんかでも、良いとか悪いとか、言ってもらえるだろうし、それだけで違うと思う。何より心強いはずです。」 「(映画にするなら、)アニメーターがどうやって動かすんだろう?って、ワクワクするようなお話がやりたい」と。アニメーターとしての会話というより、演出家としての会話が多く、さすが一本の映画を演出した人の会話だった。西村から率直に「アリエッティ」で良かったシーン・カットと、好きでないところも伝えたのだが、こちらが話している間は、じっと黙って、こちらの目を見続け、真剣に聞く。真摯な態度は、次作を確信している証左だろう。とはいえ、次の企画については、主体的に何かを準備しているわけではないらしい。「急にまた3ヶ月でコンテ書け!なんて言われるんじゃないかと本当にビクビクしてるんです」と。 だったら、先に準備しちゃえば良いのに。

20130826_4.jpg


4日(金)

・午前中、田辺さんの調子を聞いていたら、弱気になっている。4年かけたいとか、3年かけたいとか、作監は不要なのじゃないか、とか。田辺さんの不安の元凶は、全て絵コンテの進みが悪いことにある。要は、このまま入って行くと、絵コンテ作業で時間を取られ、チェックがおろそかになるのじゃないか、という不安があるわけだ。さらに参加する原画スタッフは上手くて手が早い人ばかり。すると手空きを作っちゃマズイということで、必然的に絵コンテにプレッシャーがかかる。そこまで想像しているのだが、であれば、「自分の映画なんだ、毎日4時間余計に働けば済むじゃないか!」と叱りたくなるが、朝っぱらから怒りをぶちまけてもしょうがないので、そこはグッと我慢して、「ま、パイロット終わりでまとめて考えますから。」とだけ伝える。しかるべきときに田辺さんの考えを、厳しい所に持っていかないといけないだろう。

20130826_5.jpg 

5日(土)

・本日から、パイロットフィルム期間の動画検査として野上さんがイン。他社作品と平行しての作業になってしまうが、今後、週に2~3のペースでスタジオに入って作業をしてもらう。

・昼の2時から、録音監督の浅梨さん来訪。効果の大塚さんをつれて。キャスティングMTG。このMTGは、ぶっ通しで12時間続くことになる。

・かぐや姫については、かぐや姫の12歳から18歳くらいまでを一人の人物で演じる前提で話が進む。方法は二つ。大人に子供時代も演じさせるのか、子供に大人も演じさせるのか。大人が子ども時代を演じるとなると、声を一段高める以外に方法がない。一方、子どもが大人を演じるとなると、大人の演技が果たして出来るのかと言う問題にぶつかる。それは相当難しいということで、前者の、「大人が子どもも演じる」ということに暫定的に決めて、キャスティングを始める。

・皆から提案された女優の参考映像を次々と見ていく。途中、もう少し若い女優をということで、10代の女優の声を聞き比べてみたのだが、多くが囁くようなウィスパー系の声で、芯のある声が少ない。

・参考として観た映像では、「自分から何かアクションを起こす役を演じている女性は少なく、基本は何かに反応する演技が多い。たとえば、男性に言い寄られる女性とか。そもそも、そういう映画が多いわけで、そういう演技しか出てこない。現代になってもまだ、日本人女性は、映画の中では受身なことが多い」と高畑さん。

・翁は、大滝秀治さんの20歳若いころ。声に野太さがあるのでなく、何かに歯向かおうとして頑張っても、勝ちきれない声。ハスキーすぎて年寄りの印象が強すぎてもダメ。逆に若々しかったり、低すぎたり、凛々しすぎてもいけない。絵コンテでも、大滝秀治の20年くらい前の演技が頭の中にあったということで、そのイメージに一番近い人を探す作業となった。探す方向性としては分かり易いのだが、大滝秀治さんの代わりになる人などいるのか。色々と案を出し合うが難航する。ふと、地井武男さんなんかどうかと提案してみる。高畑さん含め、一同、「あ、地井さん、良いかも。うん。」となり、第一候補は地井武男さんとなる。

・嫗は、母の包容力。日本の母。キャラクターが太り気味なので、最初のころは、太目の役者を探してみたが、違う。

・五人の求婚者については、2つの方向で議論した。ひとつめは、"実写でやるとしたら誰が演じるのか"というアプローチ。キャラクターの造型と、役者の容姿が似ているなら、声質も近いだろうし違和感がない。さらに、高畑さん「そのキャラクターの裏で演じている役者自身を想像する人がいても良い」という考え。その五人の求婚者に関しては、高畑さんから具体的な役者名がピンポイントであがる。

・雑感だが、声の役者を選ぶ際、特に本作のようにプレスコの場合は、結局のところ、高畑さんが役者を知っているか否かがポイントになった。監督にとっては、「あの作品のあの感じ」というイメージで役者を選び、録音の際に演出付けするのが基本なのだろうから、当然と言えば当然。それに高畑さんは、(自分が最終責任を負う物事に関しては、) 人の提案だけで決断することはない。色々な提案を受けて、自分の思考を十二分に通してから決断する。だから、高畑さんが既に知っている役者と言うのは、話が早い。しかしながら、その「知っている役者」の中に候補者がいない場合は、とことん見て、聞いて、高畑さんの中にイメージを作ってもらうしかない。

20130826_6.jpg

↑このページのトップへ