映画「かぐや姫の物語」制作時に、auスマートパス会員向け
スタジオジブリ公式読み物サイト「ジブリの森」において連載された
「かぐや制作日誌 “悲惨な日々” 西村義明(2013年4月15日~9月1日)を再録

かぐや姫の物語 ポスター このお話を聞いていて、どう思われたか。かなり荒唐無稽な、ナンセンスなお話です。こんな意味不明な原作を、商業映画にしようと、ましてや、超大作、娯楽作品に仕立て上げようと考えたのが、齢77歳の高畑勲監督です。

 ただ、実は、この企画を高畑さんが考えたのは、今から50数年前なんです。当時はまだ20数歳の青年・高畑勲。彼は当時ですね、東映動画というアニメーションスタジオにいました。その横っちょには、東映っていう映画会社がありまして、そこに内田吐夢(ウチダ・トム)という高名な映画監督がいらっしゃったんですが、その監督がですね、東映動画に遊びに来た。それで、若いスタッフに向かって「私はかぐや姫の映画を作ろうと思う。ついては、みんなで企画を考えてほしい」と言うんです。

 それで、高畑さんもいろいろ考えたみたいなんですが、それを映画にすることがないまま、「かぐや姫」の企画は雲散霧消していく。

 それから月日が経ちまして、10年経ち、20年経ち、高畑さんはスタジオジブリで長編を作っていきます。そんな中、今から8年前とかかな。鈴木さんに僕が呼ばれまして、「おまえ、明日から高畑さんの担当しろ」って言われて。「企画は?」って聞くと、「かぐや姫」って言うんですよ。

 で、ぼく、これ、率直に言います。それを聞いたときにですね、なんで今更ね、いま、スタジオジブリが「かぐや姫」なんか作るんだって。おそらく、ここにいらっしゃる方の中でも、多くの方が思ってらっしゃるかもしれません。ぼくも思いました。なんで今、かぐや姫なんか作るのかって。しかも、スタジオジブリが。

 ぼく、それを率直に聞いたんです。高畑さんに会ったときに。「高畑さん、なんで今、かぐや姫なんですか?」って。そう言ったらですね、高畑さんっていうのは、ムッとするんです。そういうとき。ムッとすると、一種の狂気っていうんでしょうか、狂った気って書いて狂気を帯びるんですよ。すごいオーラをおびて、怖いんですよね。で、こう言ったんです。

「あなたは、かぐや姫を知っているんですか?」

(続く。)

映画「かぐや姫の物語」制作時に、auスマートパス会員向け
スタジオジブリ公式読み物サイト「ジブリの森」において連載された
「かぐや制作日誌 “悲惨な日々” 西村義明(2013年4月15日~9月1日)を再録


かぐや姫の物語 ポスター 今年2月13日(水)、関東一帯の映画館の支配人が、新橋にある第一ホテル東京の会場に集まっていました。東宝「宣伝キャラバン」と言うものの一環で、名古屋、大阪、博多、東京、札幌と巡り、各地区の劇場主に集まってもらい、映画公開の際の協力をお願いします。東京会場には総勢300人の劇場主が集まっていました。

 映画「かぐや姫の物語」について何の説明もしないまま日誌を書き始めるのも不親切かと思い、数回に亘って、その宣伝キャラバンで話してきたことを、少しだけ加筆しつつ載せておきます。(音声は、ラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」公式サイトでポッドキャスト形式で配信されています。)


(鈴木さんからの紹介を受けて)

 はじめまして。スタジオジブリの西村と申します。まずはですね、あの、「かぐや姫の物語」ですが、制作が遅延していまして、公開が秋に延びましたことを、お詫び申し上げます。すみません。


 あらすじなんですけれども、高畑勲監督以下、ぼくらが作ろうとしているのは、みなさんよくご存知の「竹取物語」、あの“かぐや姫”です。それを原作に忠実にやろうとしている。


 改めてご説明すると、「今は昔、竹取の翁という者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ」なんていう一説からはじまりますけれども、簡単に言ってしまえば、竹が光ってて、切ってみたら、その竹の中に小さな女の子がいる。爺さんはそれを持って帰って、婆さんと一緒に自分の子のように育てることを決意する。


 そうすると、三月も経たないうちに、どんどんその小さな女の子が大きくなって、成人女性になる。成人女性になってみたら、絶世の美女である。という、その噂を聞きつけて、全国からですね、貴族たちが押し寄せて、「結婚してください!結婚してください!」と求婚に訪れる。しかし、かぐや姫は、そのすべての求婚を断って、ついには時の最高権力者である御門(みかど)、あの、天皇ですね、この求婚も袖に振ってしまう。


 袖に振ったと思ったら、月を見て泣いているらしい、と。爺さん婆さんが尋ねてみたら、「私は月の人間です。今度の十五夜の晩には、月に帰らなければなりません」と言って、かぐや姫は泣きながら月に帰っていきましたとさ、という、こういうお話です。


(続く。)

映画「かぐや姫の物語」制作時に、auスマートパス会員向け
スタジオジブリ公式読み物サイト「ジブリの森」において連載された
「かぐや制作日誌 “悲惨な日々” 西村義明(2013年4月15日~9月1日)を再録

 はじめまして。西村です。高畑勲監督と一緒に映画「かぐや姫の物語」を作っています。公式サイト「ジブリの森」に制作日誌を書くことになりました。よろしくお願いします。


 高畑さんの映画ですが、これまでだいぶ時間がかかってしまって、7年くらいたってしまいました。長くやっていると、色々と大変なこともあります。企画は転々としましたし、脚本や絵コンテは難航しました。スタジオを新設し、現場が動き出しても、順調には行かない時期が続きました。結果、公開延期を決断せざるをえず、映画を楽しみにしてくれている方々にも、関係者の方々にも、ご迷惑をおかけしてしまいました。

 新しく始まった日誌の中で、ぼくの日誌にだけ「悲惨な日々」と副題が付いています。「あの高畑さんの映画を作ってきた西村のことだ。悲惨な経験をしてきたに違いない」と、そういうことでしょう。しかし、この4月から公開までは、映画制作にとって非常に大事な期間です。高畑さんやメインスタッフだけでなく、制作、作画から撮影にいたる全スタッフが、夜を日に継いで頑張っています。みんな必死です。そんなときに、悲惨だとかは、やっぱり書いていられません。

かぐや姫の物語 脚本 

だから、ひとまずは、この映画がどういう経緯を辿ってきたのか、書けるところから、少しずつ書いていこうと思います。映画「かぐや姫の物語」制作の裏で、どのような人間たちが、何をしてきて、何をしているのか。ぼくが見てきたことしか書けませんが、もしかしたら、スタジオジブリの映画制作の違った一面が見えてくるかもしれません。それが悲惨かどうかは、ともかく。 

 今後、できるだけ毎日、書いていこうと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

 最後に、高畑さん以下、スタッフ一同、映画の完成を目指して毎日頑張っています。映画「かぐや姫の物語」は秋公開です。楽しみにお待ちください。

 

↑このページのトップへ