PN5Qrczk33.58.37.png


素晴らしかった昨日のラグビー!

そんな事試合前に言えよ、って言われそうだけど(^_^;)

SABON元社長の黒石さんに教えてもらって

昨日の試合前に「ブライトン・ミラクル」って言う映画を観た。

amazon primeなので観れない方もいるかも。

2015年のW杯で日本が南アフリカを倒すまでの

死ぬ様な、拷問とも言える様な努力を150日/年

耐えきった男達のドキュメンタリー

壮絶すぎるほど物凄い実話だった。

それを観ていたから、その後の4年間

昨日までの4年間は更に練習数を増やし

年間240日だったと知った時

驚愕したのと同時に、その位の事をしないと

昨日の勝利は無かったんだと知った。

選手がインタビューで必ず言葉にしていたのは

「 犠牲 」

全てを犠牲にしてきた。

四年間の犠牲が報われた。

毎日休みなく8〜9時間のトレーニング

ラグビー以外何もする余力も時間も残せない毎日

休みなく四年間

以前、NHKのドキュメンタリーで観た

お坊さんの苦行に近い、いやそれ以上かもと思った。

1,000日間毎日48kmの山道を歩く苦行

9日間飲まず食わず寝ず横にならずの苦行

その先にある喜びや悟りの為?!

スゴイね!

自分に置き換える意味さえ感じぬほどスゴイ

他人を感動させる為?

他人に正しい教えを諭す為?

きっと、違うんだろうなぁ。

僕の様な凡人が言葉にするのも失礼に感じてくる。

それだけに感動は大きい。

でも自らの人生を「犠牲」にしている意味は深い