Bugatti-La-Voiture-Noire-2019-wheel.jpg


ブログネタに困った時に使う用のフォルダがあって(爆)

ネタ切れの時にはそこからどーでもいい写真(核爆)を

拾うんですが、コレはその中の一枚(^_^;)

でも、ずーっと気になってるんです。

ブガッティが世界に一台だけ販売する、その名も

ラ・ボワチュール・ノワール

ブガッティのブランドにスポーツの印象を付けた名車

ブガッティ・タイプ57 SCアトランティックへの

オマージュとなるモデルでW16/8リッター

クワッドターボ搭載で1500馬力のパワーから〜の

お値段20億円ッッッ(@_@;)

もう売れちゃってる事なんでどーでもいいんですが

僕が気になってるのはこのタイヤカラーリング!

ホイールのスポークがそのままタイヤ側まで

延びた印象付けたデザインで、勿論ホイールを

更に大きく見せる目的だと思うんですが

1500馬力のフルパワーで路面を蹴りつけたり

こんな馬鹿デカイカーボンブレーキで

フルストッピングしたり、白煙スモークもくもくで

4輪ドリフトでもしようもんなら・・・・・

ズレますよね、このデザイン(^_^;)(^_^;)(^_^;)

ズレたらその都度エア抜いて、

タイヤチェンジャー上でまた元に戻すのでしょうか?

それとも何か細工がしてあって

絶対にタイヤとホイールの位置関係が変わらない様な

仕掛けがあるのでしょうか?

でもだとしたらタイヤのビート部分の負荷が

圧倒的に上がり、かえってバーストの危険性増しますよね?!

世界に一台だからそんなハシリしちゃいけないのかな?

ずーっとどっかに展示されるだけだから良いのかな?(^_^;)

まぁ庶民で一生働いても買えないどころか

買う権利すら持ってないので、僕が心配する事じゃないんですが

何となくいつまでも気になった一枚の写真でした。

くだらないブログに最後までお付き合い頂き

誠に有難うございました(*´ω`*)