WT1_6750.jpg


Race2の朝、日曜日のその日

ガレージで始動しようとしたら

81号車のエンジンが掛からなかった。

連覇の掛かった大事なその日に

エンジンがうんともすんとも言わなかった。

様々な原因を探るとどうも燃料ポンプが怪しい。

随分前からオーダーしていたスペアパーツ分の

このパーツは欠品中でまだ

我々の手元にはまだ届いていなかった。

即効ドイツとも夜中なのに連絡を取り

様々な情報を収集すると

F10M5もしくはF06/12/13のM6の燃料ポンプなら

使用可能とのこと。

サーキット中を見渡して1台のM6を発見!!!

2009そして2016以来の市販車からの移植を決断。

東京店工場長兼店長の渡辺一輝が作業を担当。

ジャングルジムの様に張り巡らされた

ロールケージの隙間で行い作業。

手伝いたくても一人しか入れない空間での作業。

出来るだけ涼しい風を彼に送り

出火の時のフォローに消化器を持ち

水分補給の為にいつでも彼が何か飲める様に

皆が一丸となって戦った!

猛暑の外では弊社横浜店メカの森が

これまた灼熱地獄の中

市販車からパーツを外していた。

渡辺一輝はより難航なM4GT4からの

燃料ポンプ脱着に努めていた。

70℃近い車内で、燃料タンクのタンクの中での作業

当然、ガソリンの中に手を入れての作業

ガソリンの表面は顔の10cm手前

猛暑の中で、苦しいほどガソリンの臭いが

渡辺の疲労を攻める。

時間は限られてる。

森が市販車から燃料ポンプを外し

渡辺に渡したのはSTART30分前だった。

木下、砂子の緊張が伝わる。

思わず、同じ空間からの席を外した。

外して祈るしかなかった。

レース出走、ピットオープンの10分前に

ボボーン、と言う快音と共に81号車に火が入った!

ピット内に拍手が湧いた!!!

GOODJOB!Realy,GOODJOB!!!

勿論、渡辺だけではなく

全てのBMW Team StudieメカニックのGOOD JOB

からーの連勝ッ!!!

スゴイドラマでしたよ、ホントに。

ただ、前職COXから同僚の

この渡辺一輝がこんなに頼もしく

そして誇らしく思った事はStudie創業以来っすね!

イッキ、そして森ちゃん、GOODJOBだよっ(^_-)

WT1_3702.jpg