Bob 大変御心配をお掛け致しましたが本日ようやく無事に退院することが出来ました。たくさんの励ましの言葉やお見舞いを頂戴し本当に有難うございました。人生初…と言いたい所ですが、実は若かりし頃にキャンプ場でつつが虫なる怪虫に刺され一週間以上も40℃以上の熱に見舞われ救急車であえなく入院となった事がございますので、それ以来二十年ぶり二度目の入院でございましたが、それこそ昔と違いパソコンひとつあれば(with電波w)絶対安静状態でもそこそこお仕事もこなせちゃいますし、リアルタイムに各店の来店状況や作業内容も把握出来ちゃいますのでただただボーッと外を眺めてヒマだぁぁぁーーーっと言う感じとは程遠く意外にあっと言う間に過ぎた一週間でございました。ただそれでも前半三日間の絶食生活はちょっと辛かったですねぇ。点滴繋がれっぱなしですからお腹こそ減りはしないんですが、口さみしいことと、何って言うか朝昼晩の線引きの出来ない独特の気落ち悪さがどうにもこうにも全ての集中力を奪い取っていきました。そして、その絶食明けの初めて口にしたおかゆの美味かったことと言ったら今でも忘れません。病室には病室のドラマがたくさんありますね♪( ´▽`)そうそう、そういえばもう一週間お酒も呑んでませんよぉ?っ!たしか前に肝硬変一歩手前と宣告された某E24M6乗りのH会長(笑)に“肝臓の細胞は三日酒飲まないとだいぶ元に戻るんだぞッ!”と教えて頂いたことがありますから、きっと今のマイレバーちゃんはピンク色ではないのしょうか?(⌒▽⌒)
まっ、冗談はこんなものにしておいてですねっホントに今回の入院で健康の大事さと自らの身体の弱さを再認識しました。今後はこの身体を労わりながらも上手く付き合っていって、それでもとまらないこの前に前に、上に上にの思想を実現すべく心身力を合わせて頑張って参りますので、どうか暖かい目で見守って下さいますと幸いです。末筆になりますが母が昔非常に良い事を言っておりました。「良いお医者様と知り合えるかどうかも貴方の寿命の一部ですよ」と。今回初めから最後まで同い年でありStudie創業以来の常連様であり友でありライバルであるHAM先生にホントにお世話になりました。何の不安も無く安心して身体を預けられることは何物にも変え難い素晴らしいことでした。本当にホントにお世話様でした。ありがとう!(^ー゜)







StudieBOBをフォローしましょう





Please click here!