Rcうちの息子が大の電車マニアで四歳を過ぎてもそれがクルマ好きに変わることはなく、このままだと確実に“鉄ッちゃん”街道まっしぐらでしてStudieの長である私としては実は軽く悩みの種でした(笑)先日の定休日に雨も降っていることだし、どこか室内で遊べる所に家族で行こう!ということになり新しく出来た羽田空港の国際線ターミナルに遊びに行きました。あらたに建った建物で非常に綺麗で広々としているのですが、TVでもやっていた名物コーナーである江戸村は旧い江戸の街並みを再現し日本古来の伝統品や時代劇の備品の様なものばかりを販売しているフロアーなのですが外人さんには面白いのかもしれないですが日本人の我々にはちと他人事の様な雰囲気の空間に感じあまり楽しめませんでした。そんな先にふと今日の写真のラジコンコースを発見ッ!と思ったのもつかのま息子がウワァ?イ!とキラッキラの目で疾走するラジコンを見つめ「快世もやりたぁ?いっ♪」となりいざ初ラジコン体験が始まったのですが、これがなかなか本格的で見ているこちらまでついつい力が入ってしまうほどのSPEEDと迫力ッッッ!!!で、こっからが面白かったんですが基本全て無料で借りれるレンタルカーなんですがこのレンタルカーは子供がスロットルを常に全開で握ってしまってもコースを一周回れる仕様になっています。そんな中一台だけMy CAR(35GTR)を持参してきている中学生がいて、当然その子のクルマは速いわけです。(その分アクセルワークを調整しないとすぐコースアウトしてしまいます)何度も何度もそのクルマに抜かれていると快世が「快世ももっと速いクルマが欲しい!あのクルマより速く走りたいッ!」と言い出しまして、オッ?!これは面白いぞッと(^_-)で、レンタルカーのレジ横にちゃんと販売用のラジコンが売ってまして、それらを購入すればすぐその場で走る事が出来るのですが「一番速いクルマ下さい!」と予想通りの台詞で息子が指さしたクルマはF-1のブラウンGP爆爆爆 店員のお兄さんも「それは難しいよ。大変だよ」と言い聞かせてくれるのですが、そんな事で意見を変えるワケもなく(血筋ですwww)しょうがねーなとお兄さんがその場で快世仕様にそのブラウンGPをデチューンしてくれまして(^_^;いよいよコースインッ!直線は今までのレンタルカーの3倍と言っても過言でない速さでしたがアクセルを緩めないでコーナーに侵入すると、あろうことかギャラリーもたくさんいる観客席に吹っ飛んでいきます(^_^;;;「快世曲がる時は指を少し緩めて曲がるんだよっ!」と何度も何度も伝えると、じょじょにですがコーナーも曲がれる様になってきました、それも凄いSPEEDでっ!子供の物覚えって凄ェーなぁーってあらためて感動すると共に「もしかするとこのままクルマ好きになってくれるかもっ?!」と淡い期待を込め、今日は「またここに通おうねっ!」っと約束しGTRの1秒差までTIMEを詰めた所でブラウンGPを握りしめたまま帰還しました。いやぁ?!これでクルマ好きになってくれたら嬉しいなぁ?と思いましたが帰宅後はまたまたチャギントンというイギリスの電車のアニメーションを見まくってました・・・でも何となくクルマに向いてくれた一日でしたので嬉しかったですって言うたわいもない親馬鹿BLOGでした。失礼致しましたッ(^^;;; で皆様今夜22:00からStudie TVですよぉーーーーーーーーっ!!!今夜もたくさんBMWバカ全開な番組しますんで是非是非見てやって下さい。皆様のお越しをお待ちしておりますッ!ではのちほどッv(^_-)




StudieBOBをフォローしましょう