L1002362今日ここに書く内容はあくまで私鈴木康昭個人の思いであり、チームの意向ではありませんので誤解無き様お願いします。お知らせいたしましたとおりBMW Z4でのSuper-GT参戦を今年は諦めました。Z4で続けたい気持ちは強かったのですが母体であるAdvance Stepさん自体が断腸の思いで撤退を決断されたいま、我々が単独で出るにはまだ様々な面で時期尚早であるという判断からです。そうなると次はせっかく8,000人以上の個人の皆様のアツい応援を頂戴し、みんなで頂点を目指していたこのPROJECT自体の中断だけはどうしても避けたかったのでグッドスマイルレーシングの大橋さんと今後のあり方を何百通というメールや電話でシュミレーションしました。その中で私の古巣でもあり、ボディダンパーのパートナーでもあるCOXさんの渦尻社長にもろもろ相談を致しました所「企画自体非常にユニークなので興味があるよ。」と有難いお言葉を頂きついにPORSCHE-WORKSとなる今回の体制、そしてグッドスマイルレーシングさんとCOXさんとの新たなパートナーシップが生まれました。ホッとしたのもつかの間、それでは私はどうしよう?ご紹介だけしてこのまま引き下がった方が良かろうか?このPROJECTがどこまでいけるのか?本当にポディウムの真ん中までいけるのだろうか?という興味は日に日に強くなり、また二年弱同じチームとして戦ったグッドスマイルレーシングさん達と古巣であり退職後も様々なアドバイスやビジネスでのアドバンテージを与えてくださっているCOXさんとの間に入りショックアブソーバーであったり接着剤になったり出来る人物は自分が最も向いているのではないだろうか、と言った様な考えが生まれてきました。またStudie代表の立場からも将来へのMotorSportでの夢に向かって決して無駄にならない経験であろうし、敵とは言え(笑)PORSCHE WORKSの仕事に関わることによる自分自身の知識、情報、テクノロジー等の向上は計り知れないものがあり、それは即日Studieとしてのビジネスにも生きていくものである!という判断から尚更チームに残りたいという気持ちが強くなっていきました。そこで大橋監督とCOX渦尻社長にお願いをしスポーティングディレクターというチーム全体のバランスを見る役職を頂戴した次第です。(監督はより戦略的なバランスの仕事です。)なのでStudieでPORSCHEのビジネス始めます!とか鈴木はPORSCHEに魂売りました!(笑)とかそういう類いのものではなく、いま現在は間違いなくチームでもStudieでもない私個人の自動車人としてより上を目指していきたいが為の活動であることをご理解頂き、Studieユーザの皆様、そしてStudie All Staffにおいてはこの私の身勝手な行動をなんとかでもお許し頂けますと幸いです。必ずStudieの明るい将来、そして皆様により楽しんで頂くために活用出来る経験だと思っております。個人スポンサーの皆様にもいきなりは無理でしょうが、少しづつでもこのチームの根幹である魂(SOUL)は車種変われど全く不変であり誰一人諦めていない事をご理解頂き、引き続き一丸となった応援をお願い出来ますと幸いです。微力ながら私もチームのために誠心誠意やらせて頂きますっ!長々と書きましたが、どうかご理解のほど宜しくお願い申し上げます。