Szk_1459昨晩&今朝、久しぶりにMINI ONE(R50)で通勤しました。今年のStudie躍進のキーマンの一人である中村文太さんの愛車です。(彼の紹介は今度ゆっくりじっくり:笑)やっぱりいぃ車ですねッ!最近のBMWには、なかなか感じ難い小振りならではのキビキビ感とリニアな感じが、決して早くないのですがとっても楽しいんです、運転してて(^_^)で、このMINIについてのStudieのスタンスを今まできちんと御説明してなかった事にふと気付き、今日のblogネタにしようと思いました。勿論ですが、StudieでMINIは大事なお客様であり、大切な車種です。しかしながら、2年前よりBMWと同じスタンスでは扱えなくなりました。こちらの想像以上にBMWの車種が拡大され、開発費用(デモカー含む)や在庫も同様に増大した為に、Studieとして更にMINIに踏み込めなくなってしまったからです。その為BMWと比べるとMINIの扱いはデモカーも無く、在庫も定番パーツしかおいていない状況になってしまいました。MINingというMINI用に製作したHPの更新も同様の理由で意図的に更新作業を止めています。御来店の台数もそれに比例し1台、また1台と減り、残念ですがキャパシティの問題でしょうがないと思っていました・・・が、がっ、それでも足繁く通って下さる多数のお客様に心より感謝しております。こんな状況で商品も取り寄せが多かったり、つっこんだ事聞くとBMWと違い即答出来ないケースがあっても、弊社を御利用し続けて下さるStudie's MINI USER様にこの場を借りて心より御礼申し上げます。MINIは間違いなくBMWです!診断のテスターもPARTSLISTのDVDも全て共通です。FFとFRの違いがあれど、そこに流れるEMOTIONとDRIVE FEELを追求し続ける姿勢は全く同じ物であると理解しています。我々のキャパシティが現状に追いついた時点で必ずやBMWと同様の体制が取る事をお約束致しますので、どうぞ長い目で見て頂けると幸いです(^_^)