月別アーカイブ / 2013年05月

acd2889246f4a6e6e71a5db6af5aa88f.jpgと言っても"ルフィ"じゃないですよw 出光石油(興産)の創設者である出光佐三さんの凄まじい生き様が描かれた"海賊とよばれた男"を往復20時間以上になるニュル出張の機中で熟読し、本当に心から感動し、そして共感致しましたッ!早くから石油の可能性に着目し戦争や戦後日々変わる規制や海外メジャーからの圧力を乗り越えて社員一丸となって"日本の未来の為"に突き進んでいく生き様は格好イィなんて軽いものではなく人生の重さと無限の可能性をあらためて知ることが出来ました!で、そこから頂いたパワーをズシンと感じ、今後のStudie AGはどう進むべきかの僅かな迷いも一瞬にして吹っ飛んでいった勢いそのままに今日はほうぼうに御願いメールを連発しておりますwww 自分だけで出来る何かは限られますが、Studie AG一丸となって、そして今までご縁あって知り合った方々の力を借りられれば(勿論相手側にもメリットがある事は必須です!)まだまだ今まで出来なかった事でこれからやれる事は山ほどある事に気付いた次第です。キーワードは"人"確実に人ですっ!失敗を恐れず前に上に突き進みます。ベクトルの向きは定まってますから後は突き進むのみです。ワケのわからない文章に見られるかもしれませんが馬鹿がまたひと壁越えて、益々暴れようとしている事だけ判って頂ければ充分です。頑張りますよッ!まだまだこれからですッ!( ̄- ̄)ゞ



 


ahttp://blog.studie.jp/2012/11/bmwt_t-f85c.html

L1002771-Edit.jpgニュル24時間レース2013は前記したとおり非常に強い雨が振り続け途中10時間近く中断になったりの大荒れな天気だったのはお知らせしたとおりですが、帰国後ずーっと喉に違和感があり今日になったら微熱が出始めました。アチャァーっニュル産の風邪ひきました(昨日の波乗りがとどめをさしたのかもしれませんw)という事で今日は朝から表参道にあるロイクリニックで高ビタミン点滴を打ってきまして、もう元気になりましたッ!(効果絶大ッ!)でもって今は今回御世話になった方々にお礼メールを書いていたのですが、その内容をチラとこちらでも書きます。ブログやfacebookを観て頂いてもわかるとおり相当人一倍ノルドシュライフェ(オールドコース)の方ばっかり行って新緑イオンを吸いまくっているのですが、そうは言っても24時間もあるとブログやfacebookもあげたいですし、写真の整理もしたいですし、食事もしたいですし、仮眠も取りたくなります。そんな時に普通は入場出来無いチームのみんなやスポンサー様用のホスピタリティを使わせてもらえるととっても嬉しく助かります。今回はYOKOHAMA TIRE社(カズありがとぉ?ッ♪)BMW Motorsport社、SCHUBERT Motorsport社(こちらはドライバー専用ラウンジまで行かせて頂けました)そしてKW社(橋本さんいつも有難うございますッ!)のラウンジ及びホスピタリティを使わせて頂き、とっても楽に楽しく取材を敢行することが出来ました。心より御礼申し上げますッm(_ _)m しっかしこのレースの人気はホントにどこまでいっちゃうんだろうーって位大人気ですね。来場者数やコース脇のテント数も毎年ハンパなく増えてますし、メディアやカメラマンの数の増加もメディアパスが要望数は取れなくなるほどの人気ぶりで毎年その対策を考えていかないとどうにもなりません。SUPER-GTも今年は随分来場数や注目度を上げていると聞いていますが、あのニュルのソレにはかないませんねぇ。やはりあの独特の空気がいいんでしょうか?それともノルドシュライフェ人気の賜物でしょうか?いずれにしろとってもイィ事だと思います。皆さんも機会あれば是非一度足をお運び下さいねッ♪そこには考えられないほどのスケールと自由がございますのでッo(^▽^)o



 



L1002875-Edit.jpgアッと言う間の四日間でしたが今日フランクフルトから日本に帰国致します。またしばらくブログ書けなくなるので今日はもう一本書いておきます(^_^)レースから一夜明け、ジャーナリストの立場でなくエントラントとして出たいなぁーって思う気持ちが今まで以上により強くなっている事に気付きました。昨年からは一昨年までのGT2(GTE)規格がTOPグループだった時と違いほぼほぼ上位を席巻しているのは我々がSUPER-GTで走らせている車輌と同じ(微妙にニュルスペシャルパーツが異なりますが、これはいくらでも入手も装着も可能です)GT3なので以前よりも別レベルにいる気がしません。ただ特殊なレースなので地元のニュル24に精通しているスタッフおよびドライバーの確保は必須ですが、これもこっちでたくさんの人脈が出来つつある現在あとはこちらからどれだけ早いタイミングで依頼出来るかどうかだと思っています。ただ、SUPER-GTの様な宣伝広告効果は無いかもしれませんし、いやらしいので金額は書きませんがSUPER-GTを一年間運営するお金の半分近くのコストがこのたった24時間だけのレースの為に掛かると思うので(事前にも何度か走らせなくてはいけませんし)この企画に賛同して頂けるスポンサーさんとの御縁が無い限りは難しいかもしれませんが、BOBLOG愛読の方でもしこのPROJECTに協力してもいいぞ!って素敵な方いらっしゃいましたら是非宜しくお願い致します。雨宮さんがSUPER-GTでシリーズを獲った姿に感動しSUPER-GTへの参戦を決意した時と同様に、郷さんがル・マンで優勝した時の感動を頂いてからやはりこのニュルブルクリンク24時間レースで優勝したい気持ちは変わりません。一緒に夢を追って頂けるスポンサー様大募集ですっ!宜しくお願いします(^-^)




 



↑このページのトップへ