月別アーカイブ / 2011年08月

P1000605イベントでお会いする度にR社やE社のJapanese Wheelブランドの方々から「何故ADVAN WHEELはBMWマーケットであんなに売れるのか?」をよく聞かれます。たしかに舶来物好きなBMWユーザーの中にあって、目には見えない機能品ならまだしも(サスペンションやマフラー、エンジンパーツ等)外観の印象を大きく変えてしまうエアロパーツやホイールでJapoaneseブランドがマスマーケットに入るのは非常に希なケースです。勿論そこには並々ならぬ努力が存在することは間違いありませんが、そのブランドを一手に背負う男が自らの愛車E92M3でこれだけのマッチングを見せていれば、それ以上の理由など存在しない気がしてしまいます。タイヤの幅だけでなくショルダーの形状まで計算に入れた完璧なリムセッティングに車高。勿論キャンバー角なども自分の使用用途を考慮した上での数値に合わせてのモノであることは言うまでもありません。そして、この痺れる様なアルピンホワイトのBODYに映えまくるビビットな真紅のREDがその全てをオーバーラップさせ観る者を魅了していますっ!まさにADVAN SPIRIT!これがさきほどの問いに対する一番正確な解答だと思います。創り手にユーザーと同等、いやそれ以上のBMW愛が存在しているから、その魂が商品に表れるのではないでしょうか?ふとそんな事を思った木曜日の今夜9時からはStudie Tvでぇーーーっす!!!(^0^)今夜は最近の動向から、これからデリバリーされてくる最新車輌の話題、更には先日鈴鹿戦が終わったばかりのSuper-GTの途中経過報告にいつものAC Schnitzerコーナー!更に後半戦に目白押しのBMWイベントに関する情報などなど、いつも以上に満載ですっ!更に観てないと判らない(番組中に合い言葉を発表します!)視聴者プレゼントなども御用意し7月一ヶ月空けてしまったリカバリーも含め(笑)気合い充分な放送となりますので、是非是非生でご覧下さいッ♪皆さんのお越しをモニター越しにお待ちしておりまーーーっす(^_-)





StudieBOBをフォローしましょう







Studie Ag

バナーを作成




Westen鈴鹿戦が終わって一息ついておりますが、来月からの後半戦は怒濤のイベントづくしとなりそうです。まずは9/10-11にSuper-GTフジ戦を皮切りに翌週の17-18日は福島でミチノクオフミ12が開催されます。いま福島を盛り上げなくて、どこを盛り上げるんだっ!って事で今年はこれまで以上に盛り上がる様出来る限りのサポートを仙台店と共にしたいと思っておりますので、余震や放射線量の不安が全く無いとは申しませんが御賛同頂ける方は是非御参加下さいっ!(^_^)でもって、その翌週は西日本最大のBMWイベント、そうBMW Familie!Westenが開催されますっ♪今年は何やらまた新しい素敵な会場で開催されると言う噂を耳にしておりますので今からと?っても楽しみですッ(^0^)これまた是非是非皆様家族総出で御友達なんかも誘って遊びにいらして下さいねっ!きっと楽しいコンテンツ満載ですよッ♪そして、その次の週はまたまたSuper-GTで九州オートポリスでの闘いとなります。でもって一週空いてその翌週がGT最終戦のツインリンクもてぎ戦で、その後二週あけて11/6(日)に御本家BMW Familie!がフジスピードウェイにてドドーンと開催されまして、その翌週がSuper-GT特別戦が同じくフジスピードウェイで開かれるる予定となっております・・・身体持つかな?(^_^;;; まぁ、いいです!老体に鞭打って全部行きますよぉぉぉーーーっ!人生は一度切りッ、止まる事なく全開でこれでもかぁぁぁーーって位BMWで遊んじゃいますよッ♪皆様も全部とはいかないでしょうが(笑)一つでも二つでも御参加下さい。イベントはやっぱり楽しいですからねッ♪






StudieBOBをフォローしましょう







Studie Ag

バナーを作成




Wt2_7817一晩明け少し整理がつきました。とにもかくにもドラマや浮き沈みの多かったレースで、普段の倍の長さってのもありますが、更に倍ぐらい疲れたレースでもありました。簡単に振り返るとSTARTからウェット路面とタイヤのマッチングが悪く(タイヤが悪いんじゃないですよw)エース谷口信輝をもってしても全くタイムが上がらず、ずるずると順位を下げてしまい予定よりかなり早めに番ちゃんに交代しタイヤもチェンジしましたが、それでも変わりっぱなから「路面にオイルでも出てる」って無線が入るほど前後ともにグリップ感が無く一時は20位より後方にまで下がってしまいました。ところがここで他車のクラッシュでSafetyCarが入り、しばらくクーリングした後再開したら状況は一変!恐らくタイヤの温度が下がった事が起因したのでしょうが番ちゃんのタイムは突如として↑↑↑でそれとともに順位もグングン上がってきました。そして、二度目のDriver交代(番場→谷口)の時にだいぶ雨も落ち着いてきた事もあり、どこのチームよりも先にスリックタイヤに履き替えギャンブル慣行ッ!そして、これが見事にハマりにハマりここからゴボウ抜きSHOWが始まりましたッ(^0^)二桁からポイント圏内に入り、更に一台一台ぶち抜いて(この表現がピッタリw)いよいよライバル#11の背中が見えたぁぁぁーーーっ!!!って所で距離の規定(500km)ではなく別に設定されていた最終終了時間のタイムリミットにより一歩届かずの5位でGOALしました。クールに結果だけ見れば最大のライバルである怪物FERRARI458には2ポイント差を拡げられ12点差となり、今回のレースで二位に入ったCOXさんのPORSCHE911GT3Rがうちのすぐ後ろにやはり二点差でピタリとポイントランキング三位まで上がってきて(怖いw)これまで三位だったJAF勢の最上位であるカローラ#74との差を2ポイント拡げた形になります。まぁ、こうやって淡々と書いてしまうとこれだけの事なんですが、まぁそれ以上に現場はドタバタで(ドライビングスルーペナルティももらってしまいましたし)ホントみんな全身全霊をかけて闘った今回のレースはとにもかくにも疲れて疲れて、それでも何とかもがいてもがいて奪い取ったPosition5でございました。ベストでもベターでもありませんがワーストでもありません。年間チャンプもまだまだ狙えますっ!とは言え残りのレースは早いものであと3戦のみっ!もう一つも取りこぼしは出来ませんし、そのうちどこかでは表彰台にも上がらないと年間チャンピオンの座は得られないでしょう。こっからが勝負です。本当の勝負ですっ!なのでどうか皆様の熱いアツーーーイ応援を引き続きどうか宜しくお願い致します。みんなで、BMWでテッペン穫る夢はまだまだ継続中ですからっ( ̄ー ̄)ゞ






StudieBOBをフォローしましょう







Studie Ag

バナーを作成




↑このページのトップへ