月別アーカイブ / 2008年03月

Bob_0044みなさんのお陰ですッ♪Studie Style2の発売から5ヶ月弱であと在庫これだけですッ!(横浜店)前作では丁度発売から一年経って、あと数日で2が出るよー♪って所で売り切れましたので、今回の方がだいぶハイペースでした。有難うございますッ!ホントに有難うございます(_ _)こうなると当然“Studie Style3”はどうなるっ?!って話になるんですが、まだ決めてません(笑)今年は(もう3ヶ月経っちゃいましたが)ホントにやる事多いんです、実は(^^;命題である東京支店開業は勿論の事ですが、他にもまだ発表していない事がたくさんあります。でもって現在その下準備でハッチャメチャ男になっておりまして、その方が本の内容が濃くなっていいじゃないかッ!って・・・ボクもそう思います(笑)じゃあ、やっぱり出しましょうッ(爆)ハイ、やりましょ?ッ(^0^)←ってホントに今決めましたよん♪今日blog短いっすね(^_^;まっ、その分内容重きって事で(自分だけw)許して下さい。よし、出すぞぉぉぉーーーッへ(^^ヘ)(ノ^^)ノ

Bob_0038そうじゃなくても多いサスペンション交換作業で、いま一番“旬”な車種はやはりE90/91/92/93の現行3シリーズですッ(^_^)純正形状でいえばSACHS,BILSTEINそしてAC SchnitzerがTOP3で、車高調整式ではSACHS RS-1,KW-Version IIIにBILSTEIN BPS&ライドコントロールと王道三社が並び、ARCや3Dの日本勢がそれに続いております。で、意外にも話題に上がる機会が少ないのですが個人的に隠れた名品としてあげたいのが、このOHLINS製の車高調整式サスペンションです。なぁ?んだ、それなら3Dでいいよ!って方、フッフッフッフッ(¬ー¬) 実は一つ大きな違いがあるんです。それが、このショックにも刻まれた「DFV-デュアルフローバルブ」ですッ!現在OHLINS社でもイチオシのこの機構は、通常の単筒式ショックアブソーバーでは不可能な動きが可能になり、伸び/縮みのバランスがよりきめ細かにセッティング出来る様になっています。それにより今までのショックには出来無い領域の高次元な乗り味を実現しています。ある意味ボディダンパーにも通じる両立性ですッ!(^_-)種類多すぎてようわかんねーやー!って方、ダマされたと思って(笑)このOHLINSいっちゃってみて下さい!きっとニンマリですよッ(^0^)

Bob_0002今週アップする予定のキャンペーン原稿を書いていて、毎回浮かぶ“?”がついに浮かんできました。E30からE36に進化し、そしてE46に変わって、現在の3シリーズE90型に移行されてきたワケですが、さきほどの毎度毎度の“?”はいつまで現行の3シリーズを新3シリーズと記述するかです。日本人気質な気配りなのかもしれませんがE90を新3シリーズと呼んでいる限りは、E46型は旧型ではなく現3シリーズという扱いになるのかな?!それも違うか(w でも秋にはフェイスリフトもされますし、今月にはもうE90で車検(!)の方もとうとう出てきますので、もう新3シリーズと書かなくていいですよね(^-^)今年に入ってもStudie Individual Karteの利用率も、まっ正面にガチンコ対決なE46vsE90ですが項目をMaintenanceかTuning/Dress Upかに絞ると、やはり数字の開きが若干出てきております。となるとココが新旧交代のタイミングなのかな?!いやいや、それにしちゃぁーE46のモチベーションもまだまだ↑↑↑なので難しいなぁ( ̄~ ̄;)ウーン・・・まっ、イっすね!(^_^;;;新とか旧とか呼ばないで今までどおりのヨンロク&キューマル(キューイチ、キューニィー、キューサァーンw)でいかせて頂きま?っす♪

↑このページのトップへ