Szk_2996E36から始まったARC ClimaxのショックアブソーバーシリーズはSTARTから開発に口を挟ませて頂いてました。日本の道に合った日本のBMWに最も合う脚を日本のメーカーで造ろう!が最初の合い言葉でした。今だからこそ言えますが(^-^;最初は商品個体差があったり、オイル漏れが止まらなかったり、なかなか苦労しました。DEMOCARやSTAFFの車輌に装着してもトラブル発生した後は他のメーカーの脚に変わっていたなんて事は日常茶飯事でしたね。しかし、その都度ARC社技術陣は我々からの不満を素直に受け入れ、跳ね返された脚を腐る事無く、汗と涙の努力によって改善改良を重ね、そして、今となっては同じ車種のSTAFF同士がSUMPLEの脚を取り合うまでになりました。本当に素晴らしいと思います!一番最近のEVOと称した減衰調整付きのE46M3を試乗した時は涙が出そうになりました。何も言う事無いです!文句無いですッ!!脚のセッティングはとても奥の深いものです。乗る人の好みによっても評価は左右されますが、そのテーブルに上がるまでの階段は共通のものと考えています。今後も随時新型車用の脚をどんどんデリバリーされてくる事と思いますが、自信を持ってお薦めします!ARC技術陣にはしっかりと日本のBMWユーザーの好みがインプットされておりますから(^_^)

Grid休日だってのに目をとじるとこの光景が・・・(・o・)ココに並びたいッ!!!みなさんもいかがですかッ?(笑)僕のblog読み返して頂くとよ?く判るんですが(そんな面倒くさい事誰もしません:笑)現場行って感動し、走ってシビれて、完全に憑依した状態で帰国し今回の24時間レースに参戦しているBMW達見てたら、更にボルテージが上がってしまい、もう中学生の初恋じゃあ済まなくなってきました(爆)さぁ、どうしましょう?(^_^;最初に何決めるんだろッ?(核爆)えーと、まずは車どうするかでしょ!でもって誰と誰と誰と誰が運転して、メカさんは何人いるのかなぁ?スペアパーツはどこまで必要???パッドは何セット?タイヤは??いやぁ?!!!これ悩んでる間って凄ェ楽しそうだッ!!!(^0^;完全に新車きたら何しようと同じノリですね、こりゃッ!でも、唯一そんなノリでばっかいられないのは

全部で幾らかかるの・・・・・(-_-;;;

まずはスポンサー探しですねッ(^_^;頑張りま????っす♪

Szk_2982_1先日のニュル24やWTCC(ワールドツーリングカー選手権)等を見てるとホントにKW装着車増えましたねぇ?ッ!!!4月に本社にお邪魔した時も、その“勢い”は会社全体に漲っていてとってもモチベーションが高い社内の空間に感心させられました。サスペンションという決して昨今生まれたジャンルではなく100年以上の歴史あるジャンルに飛び込んでのこの伸びはホントに凄いと思います!日本でも橋本さんが輸入元として奮闘していますね。実は昨日もちらっと書きましたが、橋本コーポレーションのTOPである哲さんが現在丸一ヶ月向こうに出張されてます。24時間レースの観戦が目的ではなく(笑)実は日本にKW専用のオーバーホールや減衰変更等の作業が出来るFactoryを設立される為の修行に自ら行かれてるんですねッ!そうなれば日本専用のセッティングも出来るし益々人気に拍車が掛かる事間違い無しですッ!!今後の展開に目が離せませんッ(-_-)写真はE60M5用のVersion-IIIッ!でも良く見ると、ただのVersion-IIIではなく“Competition”の文字がッ(@0@)コレそのまんまWTCCなんかで使っているKW最強のショックです。あえて、それを謳わずフツーに“Version-III”として売ってるカジュアルさが、と?ってもKWらしくていいなって思いました(^0^)

↑このページのトップへ