_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1165.JPG
今日はいつもお世話になっている

フランフランの高島さんにお招きいただき

新ブランドMODERNWOSKS!さんのパーティ
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1167.JPG
インテリア系のイスやテーブルを売るブランド

スッゴくオシャレでカッコいい割に安い!

コレは売れそう(≧∇≦)
_var_mobile_Media_DCIM_131APPLE_IMG_1168.JPG
で、全然クルマ関係ないのに

モータージャーナリストの九島さんと

まさかの戦友

名古屋ディレクションの水谷社長と偶然に再会

申し訳ないぐらい(^◇^;)

ここだけクルマの話しかしてなかったですw

あー、でも楽しかった!

高島さん、お招き有難うございましたぁーっ(≧∇≦)

V41.jpg
V46.jpg
V45.jpg
V43.jpg
V42.jpg
V44.jpg


このままニュルのレースに出れるほどの

大容量のサブタンク付きで

HI/LOW SPEED独立調整式で

ガス圧まで調整可能な

一切妥協無しのハイスペック!

それをあえてストリート専用に仕立てる。

スリックタイヤやサーキット走行の事を

考慮せず、その超々高性能を

全てラジアルタイヤ履いた

ストリート走行の為に活かす!!!

そんな究極のストリートアシがKW Version.4

本来、M240iカブリオレ用の設定がないのに

メチャクチャワガママ言ってワンオフで

創って頂いたアシが今届きました(^o^)

アシが決まったBMWは本当に楽しい♪

いつまでも、どこまでも乗っていたくなる。

乗り心地や走行性能に対する人の好みは

100人いれば100種類存在する。

ノーマルには調整機能がついていないので

どうしてもみんな70点で満足するしかない。

そんなの嫌だ!!!

じゃあ、調整式のアシにして自分好みに仕立てる為に

どこまでどれだけ調整出来るのかが大きなカギとなる。

調整幅にはおのずと限界があるので

どれだけその幅が大きいか、

どこまで細かく調整出来るか否かが鍵となる。

車高を変えてレイク(傾斜)を変える。

それでアンダーやオーバーのステアも変わる。

ショックアブソーバーの減衰をイジるのにも

おおまかにシンプルに一つの調整ダイアルで

伸びも縮みも一緒に動く1wayは扱いやすさがウリ。

で、今回のVersion.4は3WAY

16段の伸び側調整に

縮みのロースピードで6段

ハイスピードで14段の調整機能がついているので

セッティングは面倒ですが

最終キチンとセッティング出れば

まず今まで乗った事のない究極のアシとなる。

しかも、ストリート専用に割り切った事により

更にそのセッティング幅が

ことストリートにおいては拡がっている事になる。

KW快心の自信作ッ!

あぁ、楽しみだぁ(*´∀`)

死ぬほど楽しみだぁwww

早くボディ改造作業終わって!

このVersion.4だけじゃなくって

マフラーやらCAEやら

インテリアやら(あれ、まだ完成してないなぁ?!w)

装着待ちのパーツが首を長くして待ってます。

良い仕事だっ!(爆)
















IMG_1172.JPG


普通の方が観たらドン引きする画像www

ノーマルのリアフェンダーを

事故車扱いにされない様に車輌から外さず

Coupeとカブリオレのラインが

丁度合致するポイントでカットして

IMG_1178.JPG


このM2用のリアフェンダーと合体させる技

今回のM2コンペカブリオ製作で

一番加工度の大きい作業がココ

完成しちゃえば普通にディーラーさんで

売ってそうな超ノーマル風

でも作業工程はなかなかにグロいのですwww

これ終えちゃえば、あとはパコパコパコと

色塗ってパーツハメてくだけなので

だいぶ納期が見えて来ます。

ウーン、楽しみぃ〜っ♪










↑このページのトップへ