3年ほど前からジムに通って鍛えているナガキです。

最近はスクワット等の腿やお尻のトレーニングもしてよく筋肉痛になってて仕事中も内股で歩いています。


僕がトレーニングをする目的はダイエットと(いっぱい食べちゃうので常に)
パワフルな犬達に負けない様に強くなりたいからです!


もちろんこれは犬を叩いたり押さえつけたりする為の筋力ではなく、お預かりさせていただいている犬達に生物としての主導権や権威性を示すためのスペックを自分自身に搭載する為です。

つまり犬達に潜在的に
「なんだこの強そうなオジサンは」
「敵わないや」
「こいつヤバイ、良い子にしておこう」
と思わせて、お預かり中の犬同士のトラブルを抑止する事に繋がります。(はずです)

そしてそんなオジサンがドッグランで思いっきり走ったり転がったりしながら遊びだすので、「ギャップ萌え」が発動して犬達からの好感度が上がります。(はずです)



これはトレーニングをさせていただく際にも意識する事もあります。

犬に何かを教える時は
こちらがしてほしい行動をとってくれた時におやつをあげたり遊んだりたくさん褒めていくことで
「これをすれば褒めてもらえる」
「この人にもっと褒めてもらいたい」
といった感じで関係性を築き上げていく形が主流だったりします。陽性強化とか呼ばれています。

StayBullでも基本的にはこの手法をおススメしています。


ただ、例えば他の犬や人に対して過度な攻撃性がある犬に関しては、陽性強化だけでは導けない場合もあったりします。
というより「褒める」や「遊ぶ」などのコミュニケーションを取れる土俵まで持っていくのが難しい場合が多いです。

そういった子でも良い方向に改善出来る様に世の中のドッグトレーナーさん達はいろいろな方法を試行錯誤している中、
僕の選んだ方法の一つが「体を鍛える」という事になります←?
こんな変な主張をしてるとドッグトレーナー界ではきっと無視されます。ハブにされます。



本当に完全に持論なのですが
体の大きさ、筋肉量、動きの敏捷性、体勢や重心、目線の方向、呼吸の安定、など
自然界では優れた生物であるほどこれらが優れていたり、そこで相手の力量を測ったりもするので
僕もそこは意識して犬達からリスペクトされたいなーなんて思っています。


話は変わりますが僕の好きな漫画の中で

「ライオンの方が強くてカッコいいんだぜ!そう思うだろ!」
「いや、私は牙に小鳥が止まる優しいカバさんの方が好きだ。しかもカバさんは強いんだぜ?特に子供を守る時は。ライオンだって倒しちまうんだぜ!」

というシーンがあって
それを読んだ時から自然界での僕の推しはカバさんです。

_var_mobile_Media_DCIM_234APPLE_IMG_4130.JPG

今日もカバさんみたいに優しく力強い男を目指して内股で歩いています。

今から10年前程前に
当時勤めさせていただいてたお店の社長がよく
「その道のプロフェッショナルになる為には1万時間の勉強や鍛錬が必要なんだ」と話していました。


仕事も出来ないタイプでドッグトレーニングのスキルや知識もなかなか身に付かずもどかしかった僕は
当時、藁にもすがる思いでその言葉を信じて頑張っていました。


「ところで1万時間てどのくらいだろ」
と疑問に感じて調べてみると

1日8〜9時間勤務で3年かかるですとか
いやいや、仕事中の時間は除いて1日2〜3時間で10年かかるですとか
いやいや、そもそも質の良い学習をしないとね
などなどいろんな議論がある様でした。


僕の中では

・通常業務を切り詰めて捻出できた時間
・自発的に休日出勤してスキルを磨いた時間
・セミナー等の学習に費やした時間

は全てカウントする事にしました。
それでも月に30〜50時間くらいでした。
多めに見積もっても月に50時間だとして
1年で600時間。

この業界で頑張ろうと思って専門学校を卒業後に就職してなんやかんやで13.4年くらい。。。

あれ?まだ1万時間達してなくない?笑




そんなまだまだ未熟者で発展途上のナガキが率いるStayBullですが
この度オリジナルグッズが増えました👏
_var_mobile_Media_DCIM_232APPLE_IMG_2607.JPEG
_var_mobile_Media_DCIM_232APPLE_IMG_2614.JPEG
_var_mobile_Media_DCIM_232APPLE_IMG_2602.JPEG
白と黒の2色でMとXLの2サイズ展開です。
女性の方はオーバーな感じでXLもイケるかもです。
ご興味持っていただいた方は是非お問い合わせください。


アパレル知識ゼロなのでいろいろな方々のお力をお借りして完成しました。thanksです。

僕自身が費やした時間は
実質10時間いくかどうかってくらい助けてもらいましま😅

残り9990時間かけてどんどん良い物を作っていけたらなと思います。

犬は言葉を持たないので
人間とは違った方法でコミュニケーションをとっています。

その多くは表情や体の部位、ボディランゲージを使って相手にメッセージを伝えています。

特にボディランゲージは他動物に対してもかなり有効だったりします。



例えば
よく犬が上半身だけ伏せて前傾姿勢をとったりするのは「一緒に遊ぼうよー」と対面している相手を遊びに誘っていたりします。

僕はそれを真似してよくお店のドッグランで同じ様な前傾姿勢になって犬を遊びに誘っているのですが
やはり伝わる子には伝わるので誘いに乗ってきてくれます。

この様な他動物間との非言語コミュニケーションを実際に体感したのは
僕が学生の頃にいろいろな動物と触れ合えるテーマパークで研修をさせていただいた時でした。

そこは犬以外にも
猫、馬、鳥など小動物〜大動物までいろいろな種類の生き物がいる場所でした。

主に厩舎や鳥舎等のお掃除をしていたのですが
ある日、その中にあるフラミンゴ小屋のお掃除をしている時です。

屋外にある屋根付きの金網で四方を囲んだ5〜6畳くらいのスペースがドア付きで何個も繋がっている様な作りで
お掃除をする際にはフラミンゴを別の部屋に移しながら行います。


スタッフの方と一緒にお掃除をする事になったのですが、


スタッフ「ナガキくん、そっちの部屋を掃除したいからそこのフラミンゴにプレッシャーをかけてこっちに誘導してきてくれや!」

ナガキ「はい!わかりました!」(え、プレッシャー?)



_var_mobile_Media_DCIM_232APPLE_IMG_2111.JPG
↑どうしていいのか分からず
とりあえず瞬時にこんな感じのポーズをとった記憶があります。

するとフラミンゴは何かを察して別の部屋へ移動してくれました。


ナガキ「フラミンゴにも意思を伝えられるんですね、感動しました!」

スタッフ「いや、今のは変なポーズをとってたからヤバイ奴だと思われただけちゃう?」

ナガキ「ガーン」


てな事がありました。
理由はどうあれフラミンゴは僕の言葉以外のメッセージを読み取ってくれたのでした。



ちなみに僕の母校の専門学校で
卒業生OBが100名ほどの学生向けた講演会に呼んでいただいた際に
笑いを取ってやろうと意気込んでこの話をしたところ全然ウケませんでした。

それどころか学生達がざわついていたので
「なんだろ、ウケないし騒がしいな」と思っていたら

ずーっとフラミンゴの事をフラメンコって言ってました。


以上、天然ボケキャラのナガキでした!

↑このページのトップへ