月別アーカイブ / 2020年05月

昨日の夜流れ星をみた。

なんとか流星群の時じゃない流れ星を見るのは久しぶりだ

流れ星と言えば忘れられないでっかいのがある。小学生の頃だ。

友達と二人で真っ暗になるまで近くで遊んでいた。忘れもしない。滑り台の上に座って夜空を眺めていたら。突然。

「バシュウウウウウ」というでっかい音と共に、空を駆け抜ける流れ星を見た。その大きさはと言えば、普通の流れ星の50倍くらいあったはずだ。

あれからどれくらい経ったのだろう。沈む夕日をいくつ数えたろう。ずっとずっと、あれはとてつもないでかさの流れ星だったと疑うことなど一度もなかった。

でも、いつのことだったろうか。

もうずいぶん大人になってから、そのことを思い出した時に、「あれは誰かの手持ち花火だったんじゃないだろうか」という疑念が自分の中で生まれてしまった瞬間があった。常識的に考えて、いくらなんでもでかすぎる、、、と。

でもあれは確かに流れ星だった。

時は決して戻らないから、もう真相は分からないけれど。謎は謎のままが美しいね。

そうそう、昨日見た流れ星に咄嗟に願いをかけたんだ。なにを願ったかは内緒だけど、ちょっとミスったな。早くコロナいなくなれって願えばよかった。人間咄嗟になるとダメなもんだなー。

もしタイムマシンができて、一回だけ使えるならさ。本能寺の変か、坂本龍馬を切った犯人か、あの流れ星の真相を確かめるのもいいね。

いや、やっぱりその必用はないな。だってあれは絶対に流れ星だったのだから。

聴いてください。STANCE PUNKSで「大人になんてなるもんか」


今日は蟻がいっぱいおるとこ見つけた。

怖すぎて触れなかった。

昔、ゼリーみたいのが入ってるプラスチックに蟻をいれると巣を掘ってくれて、蟻の巣の全貌が丸見えというキットを買ったけど、5mmくらいしか掘ってくれてない怠け者の蟻達だったな。

緊急事態宣言も明けて、まだ油断できないし第二波もくるかもだし、どうなるか分かんないけど、僕個人もバンドもなんやかんや動き始めた。

近日中にファンのみんなにでっかいニュースを届けられると思う。楽しみにしててもらっていいと言えるくらいのやつだ。

もうずっとこの世界のままかも知れないって、テンション下げてる人もちらほらおるけど、僕はそんなこと考えながら生きたくはないな。よしんばそうだったとしても、それならおもしろくなることを考えればいいだけの話だ。

最大限の注意を払いながら大胆にいくぜ。

しかし蟻こえー
DSC_1519.JPG

ちょびっと遅刻して入ったスタジオは街道沿いにあって、ドアを開けたらいきなりスタジオというchaos。

僕自身、初めての単独配信ってことで、なんだかドキドキしたよ。

しかし、みんなのコメントと話ながらライヴをやるというのも中々乙なもんだね。スタパンライヴじゃテンション上がりすぎてそんな余裕もないからさ。おかげで一人ぼっちだったけど楽しくやれたよ。

少しでもみんなの不安と退屈が紛れたんなら幸いだよ。

みんなのおかげで音楽がやれてると、強く実感できたライヴだった。本当に心から感謝します。

いつまでこの世界が続くか分からんけど、ファンのみんなと繋がれるツールを発見できてよかった。心強いぜ。

下手くそなギターのつたない弾き語りライヴだけど、またやってみたいと思ったから、その時はまた見てくれよな。

今日から2週間の間は、チケット購入すればずっと何回も見れるようだから、退屈なお友達は是非見てやってください。

どんな形でも、これからも音楽でみんなと盛り上がれるんだな。音楽は絶対死にやしないぜ。

みんなくたばるなよ。
絶対にまた生きて会おうぜ!

おやみみずく。
IMG_20200524_211714_848.jpg

↑このページのトップへ