長い月日を過ごすと、あまり新しいものが耳に入らなくなってくるのはなぜだろう。別に受け付けないとか、そういうことじゃなくて、カミナリが落ちたみたいな感じになりにくいということだ。

時々、自分の音楽に進化が必要なのかどうかを悶々と考えたりするのだけれど、答えはいつもでないの。進化する為に音楽やってるタイプじゃないのは確かだけれど。

結局は自分の中の問題なんだろうとおもうのだけれど、最新型って何か響きがカッコいいからさ、そんなふうになりたいような気もするし、別に興味が無いような気もする。

ただ、新しいことはやってみたいと常々思っているから、それくらいでいいのかな今は。古いロックンロールが好きだけれど、そもそも古いってなんだろうと思うし。きっと古いというのは、時間が経ったということじゃないんだろうな。あまり興味が無くなったものを、自分の中で古いというんだと思う。たとえば、今15歳の少年がストーンズに今日出会ったとしたら、その少年の中ではそれは最新型のロックンロールなんだろうな。

なにか新しいことを始めてみようと思ってる。それがどんな形でいつになるかは分からないけれど、そういうことを考えてるとすごくドキドキする。

そのドキドキだけが、正しいものだと思うんだよな。うん。

こ。

またね。
DSC_0678.JPG