昔ばかり思い出すのはあまり好きではないけれど、そうも言ってられないくらいバンドは続いた。

1998年に結成して、2001年にデビューした僕らSTANCE PUNKSは、今年で結成22年。デビュー19年。

なんじゃぁこりゃぁぁぁぁぁぁ。

バンドはどうしても初期の曲を求められる傾向にあるよね。あれ仕方ないよな。僕だってそうだ。どのバンドでもほぼファーストかセカンドが一番好きだ。なんでだろうなんでだろう。

だからね、バンドはファンに意地悪をする時期があるんだよ。僕らにもそういう時があった。初期の曲はあまりやらないでおこうぜってね。

もちろん、ファンのせいだけではなくて、自分らの気持ちもあるんだ。未熟な頃に書いた歌詞やメロディーを演奏するのが恥ずかしくなったりするの。

それがね。長い年月を経ていくと、だんだんと気づいていくんだよ。3周くらいまわると、それらの曲が自分の血肉となっていることに。大切な歌を慈しむような気持ちにね。

だから、今回「クソッタレネヴァーダイ 2001~2003」という企画を自ら提案してみたんだ。
20200830_115321.jpg

あの頃とメンバーは違うし、あの頃と同じ音が出るわけでもないんだけどね。僕らの血肉であり、喜んでくれる人がいるなら演奏するのがバンドのやり方のはずなのさ。

あ!でも僕はパンクだから。パンクと言ったら創造と破壊!なんかいいこと書いちゃった!全部嘘!!

でーーーーすとろおおおおおおおーーーい!くそくらえ!!

けれども愛してるぜ。

どんな形の開催になるかはまだ分からんけど、見に行ってやろうと思ってるみんなに会えるのが、とてもとても楽しみです。

僕は、みんなに誉められたり応援されたりしないと、バンドができない!とよく分かった。だって最近退屈だもの。

もう今は歌詞もメロディーもメッセージもどうでもいいや。僕が歌ってみんなの心が盛り上がってくれたら一番だ。

それだけ。

全20曲。そろそろセットリスト決めるとするか。

おやすみなさい。
DSC_2640.JPG