とてつもなくしょうもないことをするのが好き。子供の頃からずっと。

子供の頃は誰だってそうか。生きてる時間が長くなると、しょうもないことをしょうもないと気づいてしまって、あまり追及しなくなるんだな。

僕は昔から紙に予定を書いて妄想するのが大好きだった。オリンピックに出るのを夢見ていた頃は、授業中に10年後くらいまでにどの大会でどれくらいのタイムで泳いで、順位は何位、前後の選手の名前とかまで全部書いていた。どころか、僕の耳には歓声すら聞こえていた。

バンドを始めたての頃は、曲のタイトルだけをたくさん考えて、何曲入りのアルバムを何年にリリースして、曲タイトルを並べて曲順と曲数もノートに書いたりしてた。そして、全国TOURをやっている先輩バンド達のチラシを並べて、地方のライヴハウスの名前を覚えて、年号と日にちも全部決めて、妄想のTOUR予定を組んでたんだ。

なんて楽しいんだろう。オリンピックは叶わなかったけど、当時ノートに書いていた妄想TOURは、その後規模を大きくして現実となったよ。

想像できることはきっと叶うってね。絶対ではないけど、そう思うよ。うん。
 
最近、全然ライヴもできないからまた妄想ばかりしてる。と、いうことは。コロナが終わったらおもしろいことばかり起こるということだな。

そういうことだぜ。

楽しみでたまらない。

新曲です。聞いてください。

THE PRETTY TONES
「maybe」