こんなにも先が見えない事って今までにあっただろうか。

色んなことが急速に変わりつつあるこの世界は、元々そうなんだけども、より答えのない時間を過ごし始めている。

でもね、考えようによっちゃ答えがないということは、とてもいいことだと僕は思ってる。

もちろん、生きてる上で耐えなきゃいけない時はたくさんあるけれど、決められた道を歩き続けるのはあまり好きじゃないからさ。

もしかしたら、誰だって何にだってなれる世界なんじゃないだろうか。

危なっかしいけど、わくわくするよね。どきどきもするし、なんかそわそわもする。

この連休の最終日の日曜日、僕らは南三陸へ久しぶりのライヴをしに行くんだ。出演のオファーがあってから、ずっと様子を見ながら考えてた。

一度は少し難しいかもしれないという話を先方にしたんだけれど、それでも是非来てくれという熱意に出演を決断した。

決断したからには、当然僕らには責任が生まれるわけだ。

いつもふざけっぱなしだけど、今回ばかりは本当に緊張感を持ちながら、できる限りの対策をしながら全力で演奏しようと思います。

ファンのみんなと顔を合わせるのはステージの上に立っている時だけになるけれど、バンドとお客さんが協力して最高の空間を作ろうじゃないか。僕らと僕らのファンならできると信じてる。

そして、こんな時なのに、歌う機会を作ってくれた南三陸ベイサイドロックフェスティバルに感謝します。

もちろん、まだ様子を見ながらの最終判断という事でもあるのだけれど、現状では僕ら久しぶりにお客さんの前で演奏します。

よろしくお願いします。
20200722_123844.jpg
基本は部屋でパンクロックとロックンロール聴いて踊ってダイエットでもしてるのがベストなんだろうね笑。

プリトンの新曲「maybe」を来月公開するよ!スタパンのアルバムも作り始めるよ!お楽しみはこれからだぜ!

THE PRETTY TONES
「リンコ・ザ・スーパーソニック」MV