三浦春馬くんが亡くなったというニュースを聞いて、なんだか胸がしめつけられている。

知り合いでも何でもないんだけれど、いい役者さんだなと思っていたし、何年か前に下北沢を歩いてる時に一度見かけたことがある。背が高くてハンサムでキラキラしてたな。そんな光景を思い出した。

僕もだいぶ歳をとってきて、若い頃より命と言うものを身近に感じるようになってきてる。まだまだ未来のある青年が亡くなるのはいたたまれない気持ちだ。

生きるということは、辛いこともたくさんあるけれど、素敵なこともたくさんあるからさ、辛いことより素敵なことが一歩だけリードするように生きていこうぜみんな。

どんな小さなことでもいいから、幸せを感じる心を持てるように生きてくことこそ幸せだと、誰もが気づくことができる世の中になりますように。

そんな音楽を作っていきたいです。

ご冥福をお祈りします。