今日は3月8日。

ちょうど20年前のこの日に、僕は、初めてライヴハウスのステージに立った。



1997年。突然バンドがやりたくなり、住んでいた大学の合宿寮をとびだして、仙川という町に住んでいた友達のアパートに、半年くらい転がり込んでいた。

そして、その後、一人暮らしをすることになって、友達と不動産屋を、ちょろちょろとまわっていた。その頃の僕は、とにかくライヴをやってみたい一心で、ライヴハウスの上にあるという、普通ならば低条件であろう部屋に狙いを定めた。下にライヴハウスがあれば、いつでもライヴができるだろう。そんな単純な理由からだった。

その少し前に、バンド活動のことなど、何も知らなかった僕は、「東京のライヴハウス集」的な本を買っていて、その中からなんの理由もなく選んだ、渋谷のON AIR WEST(現TSUTAYA O-WEST)に「すいません、ライヴやりたいんすけど、どうすればいいすかね?」などと電話していて、「はい、箱の貸出料は60万円~70万円くらいです」なんて返事に、みんなどうやってライヴやってんだろうかという疑問でいっぱいだった。それで、ライヴハウスの近くに住んで、店員と仲良くなれば、うまいことイベントにもぐりこめるんじゃないかと企んでいたのだ。

まだ、バンドメンバーすら揃ってもいないのに。



そうこうしているうちに、とりあえずメンバーを4人集めなきゃと気づき、欣ちゃんとは、既に、雑誌のメン募で知り合っていたから、友達の友達でベースが弾ける奴と、そいつと同居していたドラムの叩ける奴の二人を強引に誘って、そのままSTANCE PUNKSを結成した。1998年の1月。

悶々としながら部屋で書きためた曲はたくさんあったから、あとは少し練習して、ライヴを決めるだけ。僕は家のドアを開けて、地下への階段をトントンと降りて行った。

そこは吉祥寺にある「CRESCENDO」という、キャパが150人くらいの小さなライヴハウス。地下の扉を開けようとしてみると、まだ営業時間前だったようで、鍵がかかっている。仕方なく、出直そうと思い、部屋に帰ろうとすると、どうやら1階に事務所があるということに気がつき、そこの扉を開いてみた。

すると、女の人が一人で椅子に座っていて、何か用ですか?という顔をして僕のことを見ていたので、「あの、ライヴやりたいんすけど」と思い切って言ってみた。

ライヴはすぐに決まった。もしかしたら、大金を払わなければいけないかもしれないというドキドキと共に。それが1998年の3月8日。

僕は、初ライヴの前夜に、気合いを入れるために、髪を真っ赤に染め上げた。



当日はすぐにやってきた。初めてのリハーサルだ。対バンになめられないように、ガチガチにガンとばしながら、適当に歌った。音のチェックだとか、そんなものはまだ何も分かっていなかったから。モニターすら、初めて見るという始末だった。

リハーサルを終えると、みんなで僕の部屋で待機した。煙草を吸ったり、ゲームをしたり、ダラダラしていたけれど、胸がずっと高鳴っていたのは覚えている。

そして夜になり、僕はステージに上がって、スポットライトの中で、自分で作った曲を歌った。



あの日から、今夜でちょうど20年。
僕は、今も歌ってる。

ボエ~!!!



1998年、CRESCENDO横の更地にて
bio1.jpg



【LIVE】
3.11(日)仙台MASTER PEACE2018
3.21(水)渋谷O-Crest~スタパン20周年スペシャルマッチ第4R~
4.07(土)新宿ACB
4.14(土)十三FANDANGO~スタパン20周年スペシャルマッチ第5R~
4.15(日)名古屋CLUB UPSET~スタパン20周年スペシャル第6R~

1516353741966.jpg
IMG_20180204_231657.jpg
1516353757410.jpg