わたし
やっぱり
変わってるかもしれない

普通のには惹かれないのに
違うのには惹かれる

笑いのツボも人と違うし

笑うところではないのに笑えるから

今になって
おっさんずラブを何回も見て
普通なら引くのに

わたしはツボにはまっている

人はこの映画いいよね?
でもわたしはいつも違うし

レアなのが惹かれる

自販機でも気になるのがなくなっていたり

普通だと思っていました

でも
変わってる
と思いました

何となくハズい

( ̄◇ ̄;)

ズレてる?

なの…

気づきました

"(-""-;)"うーん

穴があったら入りたいです

では

また
おっさんずラブを見て

ふと
男のそれぞれの生き様
考えが好きだな
と、思いました

おっさんずラブも好きですが…
永遠の0も好きです

二つに似ているのは
を感じるからです

私自身
あまり男の人をよく分からないけど

この、二つは男の人をそれぞれいい感じででていて見ていて惚れるとまではいかないのですが…

何となく惹かれるのです

それぞれの個性が光っているから好きなのです

人も違うから
もしかしたら楽しいのかもしれない

今までは同じことが楽しく感じていたのですが
今は違います

人それぞれ違うから楽しいんだと思いました

人は嫌なことを隠したがるけど
出したほうが魅力的かもしれません

自分の嫌なこともさらけ出して
みると意外に上手く軌道に乗るかもしれません

反対の場合もありますが…
ドンマイ

ほどほどですね。

個性も人だからあるかもしれません

男の人もある意味奥が深い

もしかしたら
男を感じさせるのが好きなのかな。
わたし

うーん"(-""-;)
分からないけど

どちらかというと冷めてるけどね。

男の人に

ハタから見ているのが楽しいかもね

男の人はよく知りません

だから気になるのかもしれない

でも
今は恋愛には興味がないのです

振られるのが辛いから…

ハタから見ているのがいいのです

では




昨日
心の宝箱にしまう15の物語を読みました

太い本なので
夜にちょこちょこと読んでいました

何となくファンタジー系かな。
かなり読みいっていました

本を読んでいると
忙しかったとか疲れたとかもなくなるくらい
楽しかったです

中には
ちょっとしたラブストーリーもあり
何となく面白いな
と思いました

すると
好きな気持ちってこういうことかな。
と思いました

小さいころ
外で遊ぶのも好きでしたが…
本を読むのも好きだった気がします

お姫様の本を読んでいたり
たまにはズッコケさん兄妹とかチョコレート戦争も読んでいました

やはり
物語が好きだったんです

でも
小説となると文字が近すぎて読みにくいから
ティーンズ向けの本を読んでいこうかと思います

でも中には小学生向きも読みます

子供にも読んでもらいたいのですが…
借りてきても読まないので意味がないような
でもたまに借りてきています

読まなくても気が向いたときに読むかもしれないから

好きなことをする
ことは幸せなことでもある
気がします

嫌いなことをしても自分に嘘をつくのと同じです

いずれは嫌になります

よく嫌なことを克服するとかいいますが
辞めといたほうがいいかと思います

ある話に
暗い神父さんがいました

まわりに暗すぎるから明るくしたら。
と言われて明るくしていたら
自分が嫌になりました

と、いう話を聞いた気がします

元々自分の持ち味を変えるのは
人間から犬になってくれと同じことです

好きなことはのばすといいです
いずれはその方向へ行くかもしれません
仕事に

嫌いなことはそうなんだね。
と思いましょう

好きなこと
物語を読むこと
好きな音楽を聴くこと
たまにショッピング
好きなDVD
おっさんずラブ
笑えるから

ほかには公園散歩などなど

もっと探せるかな?




↑このページのトップへ