_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8480.JPG
先月開催した「HARES COLLEGE大感謝祭」のトークセッションのイベントレポートを公開しました。
「学生時代でやっていたことを働きながら続ける」ミレニアル世代が語る「複業という選択肢」。 (HARES.JP)
本記事は、6月26日に開催された「【創業2周年記念!】HARES COLLEGE大感謝祭」のイベントレポートです。「二兎を追って二兎を得られる世の中を実現する」をビジョンとして始まったHARESは、皆様のご愛顧を賜り6月30日で創業2周年となりました。HARESでは「本業として会社員をする傍ら、NPO・複業など社外でも自己実現をされている人」や、「起業家・フリーランスで、複数のプロジェクトを...
newspicks.com
「ミレニアル世代の複業」をテーマに、総合商社に勤める傍ら、Excel YouTuberとして活躍する長内孝平さん、LINE社でディレクターとして働きながら、「自撮り女子」として活動中のりょかちさん、ウィルゲート社の複業制度でスマホ特化タレント事務所のCOMPLExxxを起業した横塚まよさん、Yahoo勤務時代からブログを運営され、昨年独立された堀口英剛さんの4人とトークセッション。

4人全員が平成生まれでミレニアル世代ど真ん中。司会者の僕だけが唯一昭和生まれでした。笑

去年、今年の新入社員の傾向として、入社一年目から「複業をやりたいです」と申請するケースが増えていると聞きます。

例えば、副業解禁で話題になったロート製薬さんでも、その対象を入社3年目以降の社員に限定していますし、僕ら昭和世代の価値観で言えば「新人時代はまだ半人前。一人前になるまでは複業だなんて言語道断」と諭してしまいがちですが、果たして本当にそうなのか?と最近では思っています。

「学生時代に、自分自身の強い意志を持って活動していたプロジェクトがある」というのが最近の若手社員の特徴です。多くの人が、入社と共にそうした活動を休止するわけですが、社会人になった後もやり続けたい!という気持ちにストップをかけるくらいなら、「いいじゃん!応援するよ!ただし本業の仕事も本気でやれよ!」と言ってあげた方が、結果的に本人も成長するはず、と思っています。