_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6761.JPEG
今日はみんな大好き乃木坂46のニューシングル『インフルエンサー』の発売日!ということで、「インフルエンサーマーケティング」にまつわる記事を書いてみました。
インフルエンサーマーケティングとステマって同じじゃないの?【PR】 – NOW OR NEVER
2017年3月22日(水)に発売される乃木坂46の17thシングルのタイトルにもなっている「インフルエンサー」。「インフルエンサー」といえば、芸能人や有名人といった影響力を持った人のことを指しますよね。そうした「インフルエンサー」の力を借りて商品やサービスを宣伝する「インフル…
now-or-never.jp
インフルエンサーマーケティングといわゆる「ステマ」の境界線ってものすごく曖昧で分かりにくいなと思ったので、『ぶっちゃけ何が違うんですか?』ということを、インフルエンサーマーケティングを手がける株式会社misosilの兼城さんに聞いてみました。

"「広告宣伝であることを隠しているか」という点と「インフルエンサーを活用しているか」という点は分けて考えることが重要"

"①インフルエンサーに「刺さる」商品・サービス・キャンペーンをつくる
②商品・サービスを広める上で適切なインフルエンサーを見つける
③適切にインフルエンサーに商品を届け、使ってもらう"

という3つをきちんと設計すれば、予算が少なくともインフルエンサーマーケティングは成功できる、という話など勉強になる話ばかりでした。

本題とはズレますが、misosil(味噌汁)とかTofu(豆腐)とか、和風感溢れるネーミングが最高に好きです。笑
これはほんと真理。
そう。時代はマイクロインフルエンサーですよ。
ぜひ読んでみて下さいね!ではでは。

もちろんこちらも!