_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7958.JPG
HARES COLLEGE大感謝祭は、好き×得意で働く複業家のための祭典です。

現在複業をしている人、これなら複業にチャレンジしてみたい人が対象なので、ご興味ある方はぜひお越しくださいね。

本日いっぱい参加申込みを受け付けてますっ。
・  ・  ・
LINE@で友達追加して更新情報を受け取ろう!
ブログの更新情報を配信したり、仕事やキャリアの相談も24時間受付中!ぜひ友達追加してね!

Twitterもやってます。

先週土曜日からかれこれ一週間以上、高熱に苦しむ長男。

扁桃腺とリンパ腺がパンパンに腫れて水を飲むだけでも激痛が走り、まぶたも腫れて、鼻水も止まらず、のたうちまわるほど頭痛が酷かったり、もうなんかハイパースペシャルコンボって感じで、インフルエンザとかノロウイルスとかよりもずっと酷い。

流行りのプール熱?それとも溶連菌?と思い何度か近くのクリニックに行って何度か検査してもらったものの、いずれも陰性。

ついぞ、金曜日になっても回復の兆しが見えなかったので、推薦状を書いてもらって金曜日の夕方に大病院で検査してもらったところ、どうやら「EBウイルス感染」による、伝染性単核球症が原因とのこと。

▼EBウイルスとは
EBウイルス感染症とは?症状や検査方法、治療法は? - こそだてハック
「EBウイルス感染症」は、多くの人にとってあまり聞き慣れない病気かと思います。病院で診断されて、初めて知ったという人もたくさんいます。しかし実は、「大人になるまでに誰でも一度は感染する」といわれるくらい身近な病気なのです。それでは、EBウイルス感染症とは、いったいどんな病気なのでしょうか?今回はEBウイルス感
192abc.com

例によって特効薬はないようなので、回復までにはもう少し時間がかかりそう。。本当しんどそうなので、早く良くなりますように…。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7950.JPG

今朝、突然飛び込んできたニュースに涙が止まりませんでした。

・  ・  ・ 

僕は共感性が低く、感情移入が下手な人間なので、芸能人やら有名人やら、自分とは関係性のない人の悲しいニュースで涙を流すようなことはほとんどありません。

にもかかわらず、海老蔵さんのブログの投稿を見て涙が止まらなかったのはなぜか。

それは、海老蔵さんの悲しみが、海老蔵さんのほんのわずか、海老蔵さんの1万分の1くらい、理解できてしまったからです。

小林麻央さんの乳がんが発覚したことが報じられたとき、僕も妻もまだ27歳。

その頃は「まだお子さんが小さいのに、乳がんだなんて…」とショックを受けながらも、どこかで「自分とは遠い話」のように感じていました。

ところが昨年末。

2016年も終わりを迎えようとしている12月29日。

妻の定期健診の結果を告げる郵便物が届いていました。

「まあ、いつも通り陰性だろうな」

と思っていたところ、
「要再検査」
の文字が。

それを見た瞬間、僕も妻も顔が青ざめました。


「まさか、私(妻)が・・・?」


自分とは無縁のことのように感じていた「がん」が、

楽しい年末年始、のはずが、猛烈な不安で年越しを迎え、陰鬱な気持ちで正月を過ごしました。妻は、大晦日あたりから急に具合が悪くなり、三が日はずーっと家で寝込んでいました。


年明け早々に近くの市立病院で精密検査の予約を入れて、結果が戻って来たのが2月。

もう、本当に手を震わせながら恐る恐る検査結果を見て見たところ、結果は

ASC-US

でした。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7917.PNG
ソニー生命保険Webサイトより

ASC-USとは、「軽い扁平上皮病変の疑い」ということで、あくまで「疑い」という状態です。それも、軽度の。

やはり陽性ではあったものの、「軽い疑い」だったことを知り、かなりホッとしました。前回の検査から半年後、8月に再検査を行い問題なければ「陰性」となります。

・  ・  ・ 
突然の「要再検査」の通告からの3ヶ月間、正直全く生きた心地がしませんでした。

もし、妻が世界から消えたなら、どうしよう。

妻がいない人生なんて、人生じゃない。

それまでも、妻のことは何にも代え難い大事な存在で、大切に思っていましたが、

自分が死ぬこと以上に、妻が死ぬことの方が断然怖い。

という、自分の恐怖感に気づいたのです。

2月に「ASC-US」の検査結果が出た後も、しばらくは漠然とした不安を抱える日々が続いたのですが、妻自身も僕も、そうした不安は少しずつ薄れていきました。

こればかりは、あれこれ考えていても仕方がない。

命あるもの、遅かれ早かれいつか必ず失われる、というのは自然の摂理です。抗うことはできません。

僕らにできることは、いつ何が起こってもいいように、
「後悔しないように今を生きること」
しかできません。

だから僕は、可能な限り、自分の命よりも大切な妻や子どもたちと多くの時間を過ごすこと、たわいもないことも含めて、たくさん会話して、たくさん遊んで、たくさんお出かけしたいなと思ってます。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7918.JPG

・  ・  ・ 
思えば僕が独立を決めた原点も、ここにありました。

長い人生後悔することがあるとしたら「あの頃、もっと娘や家族と過ごしておけばよかったな」ということだなと思い、会社員を辞めて独立を決意したのです。


そうならないように会社員生活を辞め、週休3日制にして、在宅ワークor都心に出る日も17時には帰宅するワークスタイルに切り替えました。

飲み会や講演会などのイベントも、週に最大1〜2件と決めています。

それによって、家族と過ごす時間は2倍に増えました。独立してまだ半年ですが、思い切って独立して本当に良かったと、心から思っています。

・  ・  ・ 

大切な妻を亡くした海老蔵さんやご家族のことを思うと、本当に涙が止まりませんし、そんなことまでマスコミに報じられてしまうのは不憫でなりませんし、本当にやめてくれ!と思います。

ただ、それに対して文句を言っているだけでは。何も意味がありません。

海老蔵さんをはじめ、芸能人の方がプライベートを犠牲にしてまで、僕らのような一般人に届けたいメッセージがあるとするならば、

"大切な人と過ごせる時間は、あなたが思っているよりずっと短い。

だから、今という時間を大切にして、後悔がないように、なるべく多くの時間を大切な人と共有して下さい。"

ということなんじゃないかな、と思います。

ついつい、目の前の仕事だったり、楽しいことにかまけてしまいがちなのが男の性分ですが、今まで以上に、妻との時間を、家族との時間を大切にしようと思いました。

小林麻央さん、心よりご冥福をお祈りします。
安らかに眠って下さい。
嗚咽をあげて泣いていた僕のところにとことこ歩いてきて、僕のことをぎゅーっと抱きしめて慰めてくれた1歳4ヶ月の娘。妻に似て、心優しい女の子です。

↑このページのトップへ