【はなしかヴァンパイヤ第3話】
最近漫画を描いています。
吸血鬼が芸人になる話です。
今回も漫画初心者の言い訳を添えながらアップしてみようと思います。

普通に読んでいただける人は「サワー沢口Twitter」や「猫柳ロミオ(台本担当)のブログ」
が読みやすいと思います。
それでは行きましょう

1552118551468.png
 今回は表紙をちょっとだけ頑張ってみました。
ブログの最後にカラーバージョンも載せます。
1552103265195.png
 ↑1ページ目から人をたくさん描くので
大変でした。
本当は大学構内の背景を描くために
どこかの大学まで行ってスケッチしてこようと思いましたが
結果「勘」で背景を描きました。
テーブルだけの立食スタイル…
こういう場合、本当の大学生達はどんな感じなのか?

1552103268094.png
 田川のシャツのチェック柄を手描きにしたことを後々後悔することに…
川村は「チャラいやつ」という指定を
台本担当のロミオからもらっていたので
ある人をモチーフにしています。

田川も後輩芸人をモチーフにしてますが
出演料を請求されるといけないので
誰か?は言いません。

川村のTシャツのロゴは流行りのアレではなくて「Sapporo」と書いてあります。


1552103271205.png
 ↑相変わらず描くのが苦手なお城。

1552103276461.png
 ↑ヴァン父&じいちゃん
やっと名前が判明!
しかし まだ顔が隠れがち。
そろそろアングルに限界を感じるのであった。

1552103278901.png
 ↑前回第2話に続き、セシムの更なる能力発動。念動力?あれ?字合ってるかな…

ヴァンの目覚まし時計がかなり昭和チックなのは見逃していただきたいです。

1552103281433.png
 第1話以来の寄席会場。
「サワーさん、落語の時にマイクなかったですよ。」と、ロミオに言われていたので
今回は描きました。

実際にお笑いライブとかで、
メモを取っているお客さんがいますが、前列のほうでメモを取る人は
出来ればニコニコしながらメモを取っていただきたいです…って最近お笑いライブあまり出てなかった!

1552103283997.png
 ↑いろんな寄席に勉強に行くヴァン。
清掃員さんに変装して監視するセシム。
あご髭を絆創膏で隠している。
おばちゃんとして潜入したのかも。

1552103286645.png
 ↑田川のチェックシャツ、手描きでシャッシャするのは結構疲れる。

あと髪の毛もベタではなくシャッシャ(固い髪質を表現出来るかなぁ?と思って…)なので
田川は主役以上に手がかかる!
自分のせいだけどね~


1552103289196.png
 ↑皆様には無関係ですが、このページから
下書きをパソコンにしました。

下書きをパソコンにすることで背景を描くときにメリットいっぱい!

デッサン用の1000円のシャーペン買う前に気づいていれば…
でも1000円のシャーペンめっちゃいいよ。製図用のやつ。

1552103291628.png
 ↑ヴァン、キャバとか行くやつなのかよ!

キャバ嬢を描くために
ネットでキャバ嬢見てたら少しモンモンした私です。

1552103293996.png
 「肉体関係?」
どっかで聞いたような親父ギャグだ…
わりと近くにいる芸人さんが言っていたような…

真ん中にいるキャバ嬢はトーンがなくて真っ白だけど塗り忘れじゃないです。
そういう娘です。

1552103296394.png
 ↑緊張するだろうな~
「弟子にしてください!」
なんて…
せっかく しん夜師匠の服を「柄トーン」で塗ってみたけど普通のグレーに見えてしまうな…勉強だ。

1552103299359.png
 ↑ヴァン二十歳か…
ま、そっか…

1コマ目だけ師匠のコートの柄上手くいった!

1552103302097.png
 ↑私、こないだ勢いで落語ライブ参加しましたが
本当に江戸前な感じで喋るのって難しい。
すっかり忘れてたけどヴァンは外国人だ。
セシムも同じ国の出身なのだろうか…
そもそもどこの国?

1552103306348.png
 ↑桃家桃二
アラフォーなのにオーバーオールは
選ばれしもの のファッション(?)。

ちなみにヴァンの靴にはロミオも知らないこだわりがあって、スニーカーは「ヴァンズ」で革靴は「コブラヴァンプ」というデザインなのです。
どーでもいいとは思いますが
靴マニアの私なりの主張でした。
次回をお楽しみに。
本業と腱鞘炎と相談しながら描いていきます。

1552118546921.png
 ↑カラーに挑戦。
やはりエアブラシのブラシは使いこなせないのでしばらく練習しよっと
DSC_0006.JPG
 ↑1000円のシャーペンで描いたぞ!
どーだ!1000円っぽい…とはわかんないだろ!

お疲れサワー。

最近漫画を描いています。
吸血鬼が芸人になる話です。
このブログでは漫画初心者の言い訳を添えながらアップしてみようと思います。

普通に読んでいただける人は「猫柳ロミオ(台本担当)のブログ」
が読みやすいと思います。
それでは行きましょう。


1550209568884.png
↑タイトルです。いつも話を描ききってからチョイチョイっと作ってます。
子供向けの絵本の表紙みたいになってしまいました。
1550209571741.png
↑第1話の終わりのシーンの回想から始まってます。「俺、芸人になる!」が
人気の海賊漫画っぽいと嫁に言われましたが文章を考えているロミオはその漫画を読んでいないので
たまたまですね。
1話より、背景のシャッシャ(なんて言うの?影でもないし…)
を足したりしてます。

1話は使用ソフトの使用率がillustrator:photoshop 5:5くらいでしたが
2話は9割photoshopです。セリフや効果線はillustratorで作ってペーストのほうが
クッキリするかなって勝手に感じます。
1550209574472.png
↑最後のコマ。なんとなく気分でカッパとタヌキのアイコンを作ってバックに配置。
昔夕方に見ていたアニメのような…ちなみに篠田教授は森本〇オさんをイメージして
描きました。
1550209577384.png
↑教授が提出されたレポートを机にトン!ってやるところ紙を表現しきれずに
「箱」みたいになってます。てへっ!
1550209579972.png
↑お城って難しい。実際に見て構造から知りたくなりました。やっぱそういうの大事ね。
公衆電話はちゃんと見てきました。若いときに東方に出向いて見聞を広げるしきたりの
ドラクル家…父バンパイアは芸人をあまりよく分かってないので若いときどこに留学したのでしょうか
1550209582265.png
3コマ目。公衆電話から父の大コウモリが飛び出していますが
父にそういう能力があるわけではなくギャグ的な要素です。
1550209584827.png
女の子が「篠田教授」を「篠田先生」と呼んでいますが普通「教授」とは呼ばないらしいのです。ヴァンは外人さんなので「教授」と呼んでいるらしいです。
居酒屋の背景は壁のメニューとかも描きだすとしんどいので遠めのアングルでごまかしました。
今後、そこに行っても「背景に使えそうだな…」とか言って写真を撮っちゃいそう。
漫画家さんかい!…一応芸人です。
1550209587596.png
↑襲ってきたよ!びっくりした!アクション漫画?
のちのち芸人中心の話もあるので今回は…
1550209590211.png
↑母、若すぎるかなぁ…まあいいや。
きっとゆっくり年をとるのであろう。
スクリーントーンにするコツが掴めたこの頃
1550209592931.png
↑大胆に2コマ。母のスカートを白にしてしまったため
ちょっとお手伝いさんっぽくなってしまったことはここだけの話。
1550209599935.png
↑夢に入るシーンってどう表現するのがいいんだろうね?
1550209606164.png
↑父に続いておじいちゃんも顔をはっきり見せないそうで…
「木乃伊」ミイラって読むんだね。ロミオはそういうのよく知ってるわ。

1550209608493.png
↑幼少期のヴァン。じいちゃんに なついているっぽい。
1550209617378.png
↑場面転換が激しい漫画です。
1550209620078.png
↑しずちゃんって言うんだね女の子は。
最初セシムがいる場所が一つ後ろの電柱だったんだけど「小さすぎる」と
校閲ボーイのロミオからダメ出しがあり修正したんです。だから何?
って話ですが。
1550209622437.png
↑結構襲われるヴァンでした。セシム強い。
次回もセシムの意外な能力が出てきます。

とりあえず腱鞘炎(テニス肘と診断)と闘いながら描くの頑張ります。おわり。
↓オマケ修正前のセシム
1550292526449.png

あけましておめでとうございます。
もう2月になっちゃいますけど…

漫画描きました。

その第1話の製作過程を

言い訳中心に話していきたいと思います。


はなしかヴァンパイヤタイトル画.png
 「はなしかヴァンパイヤ」というタイトルにしました。
この表紙は1話を描き終えてから
「そーいえば表紙作ってなかった!」
ってな感じでサッサッと描きました。

タイトルは台本担当の「猫柳ロミオ」という後輩芸人と酒を飲みながら決めました。
「バンパイアが日本に来てあーなったりこーなったり」
こんなポップな設定、酒の力無くしては踏みとどまってしまいそうだったので
しょんないことです。

それはそれとて本編スタート。
※1ページごとに反省や言い訳を描いているので、普通に読んでいただくのであればサワー沢口Twitterにアップしている漫画ほうが読みやすいです。

はなしかヴァン1_1.png
 かなりラフな下書きをスキャンして
ほとんどのペン入れをillustratorでトーンや背景をPhotoshopで…
初っぱなからぶち当たった当然の壁
「背景」です。雑でしょ?でも時間かかった。漫画家さんてスゴいな~と改めて感心。
これはもう今後の経験で描けるようになるしかない。

はなしかヴァン1_2.png
 何度も見てきた劇場の舞台を描くだけでも四苦八苦。
ここもほぼillustratorで描いてます。
線が勝手にシュッとするので自分の画風とは良い意味でズレて楽しいです
…と思いましたが…とりあえず次のページ
はなしかヴァン1_3.png
 ここらでスクリーントーン的な話を。
web上でアップするだけならグレーの濃淡で表現すればいいらしいんだけど念のため
…本当に念のため白と黒だけで形成されている網状のスクリーントーン化をしてみました。
illustratorでスクリーントーン化をするのは結構しんどい。手間が。

はなしかヴァン1_4.png
お城ね。建物を描くのは結構時間がかかることを実感しました。
いろいろ駆使しましたが床の模様をじゅうたんに合わせきれなかったことを

お許しください。これはillustratorの3Dの回転を使いましたが、

2話があるとしたらこのあたりの作業はphotoshopでやることにします。

はなしかヴァン1_5.png
天井の遠近感といい(まず天井の模様の中心の線いらなかったなぁ)…
シャンデリアも変な描き方しちゃった。なんか無機質な感じ。次回からは少しシャッシャッと
汚れ的な効果も入れてみます。
あと1話全般ですがキャラクターに「影」を描いてないのもすいません。余裕がなかった💦
ロミオからの指定でお父さんは影で顔とかを謎の人っぽくということだったけど
今後に繋がるのかな?
ちょっと楽しみにしている。
はなしかヴァン1_6.png
今回の一番の反省なんだけどお父さんが巨大コウモリかする表現が
全く上手く出来なかった。
宿題だらけだけど絵を描くのはやっぱり楽しい。
はなしかヴァン1_7.png
最後のコマのように手間を惜しんだ背景も今後はやめよう。ちゃんと下書きから力入れよう。
はなしかヴァン1_8.png
この辺りは結構下書きからしっかり描いた。
女性を描くことにそんなには慣れていないので。
はなしかヴァン1_9.png
ここのダメ出しは召使い?「セシム」の顔が定まってないとこかな。最後のコマだけなんか
顔がふっくらしてしまった。

1550292543583.png
このページスクリーントーンをillustratorで作ったんだけど
なんか方眼紙みたいな余分なマス線が出てしまっている。
次回からphotoshopでやりますトーン全部。
はなしかヴァン1_11.png
このページから
吹き出しのフォント以外はphotoshopで描き始めました。
ちょっと楽になったけど腱鞘炎がピークだったなぁ…今もチョイ痛い。
あと10年使っていたペンタブレットが限界を迎えつつあったので
同じモデルのペンタブを中古で購入してチェンジ!
お店にも見に行ったけどね。
ワイヤレスのものが主流だったりして「いいな!」と思ったけど
自分のパソコンには対応してなかった。そりゃそーだ。
私の、絵を描いているパソコンはwindowsXPなのだから!
はなしかヴァン1_12.png
建物はillustratorで描きました。本当は劇場の提灯に落語家さんの名前などが書いてあるのだが
手を抜いたのだ!
はなしかヴァン1_13.png
女の子が最初のコマと次のコマで別人…いや。このくらいは許して💦
はなしかヴァン1_14.png
とにかく次回の気をつけることは

・下書きをしっかり描く
・どこまでをどのソフトで製作するか?を一貫する

っていうことで。
だんだん上手く描けるように頑張ります!

↑このページのトップへ