アボリジナル・オーストラリアンは、「現生人類最古の冒険者」だと言われています。
彼らは「アフリカ以外では最も古くから存続している集団」であり、「現在住んでいる土地に最も長く住み続けているグループ」であると、アボリジナルのゲノム解析をした、コペンハーゲン大学Eske Willerslev氏率いる研究チームは言っています。

今から約7万年前に始まったヴュルム氷期の真っ只中、アボリジナルの祖先たちは、アジアの海岸線から海を越えて、オーストラリアへ辿り着いたとされています。
その頃は海水面が現在より80メートルほど低く、インドシナとインドネシアの島々は地続きとなってスンダランドを作り、オーストラリアとニューギニア島も繋がってサフルランドを形成していましたが、この2つの陸地の間には、100km以上もの距離がある海峡が横たわっていました。
スンダランドで東の水平線から立ち昇る朝陽の姿を眼前にした彼らは、その方角に向かって大航海を試み、見事に横断してのけたのです。
オーストラリア北部のアボリジナル居住区域、アーネムランドの岩窟住居遺跡からは、6万5000年前の研磨石器など、渡来直後からの洗練された生活様式が見て取れる証拠が発掘されています。

アボリジナルの神話では、天空や大地、生命や人類が誕生した創造の時代を「ドリームタイム」と呼びますが、ここでいう「ドリーム」は単に夢ではなく、「旅をする・生活する・歌いだす」などという複合的な意味を持っています。
旅や生活の足跡がスピリットやエネルギーとして残り、その足跡の事を「ソングライン」、足跡を残す行為を「ドリーミング」、そして過ごした時間を[ドリームタイム」と呼んでいます。
彼らは旅の道々で、出逢ったあらゆるものの名前を歌いながら、その土地の精霊たちと共に、夢見の世界を作りあげて行きました。
この世に歌いだされた「ドリーミング」の場は、彼らの聖地として残り、聖地と聖地を結ぶ「ソングライン」は、オーストラリア全土を縦横に走っています。

アボリジナルたちは21世紀の今も、ドリームタイムの「創造の時代」を共時的に生き続けています。
文字文化を持たない彼らが、6万年以上に亘り口頭で伝承し続けて来た、自然観や哲学、生活の知恵の中で、「ソングライン」ネットワークを張り巡らせ、離れたクラン(部族)とも精霊の旅を共有し合いながら、今も暮らしているのです。
彼らは過去→現在→未来という通時的な時間感覚を持たず、また空間を距離として捉えることもしません。
主体と客体、自意識と無意識は共に「夢見」という連続体の一部に共存しており、覚醒と睡眠、生と死も、神羅万象の中で繰り返される永続性の中の一コマなのです。

「アフリカ単一起源説」を信じるなら、アボリジナルの先祖たちがアフリカを旅立ったのは、根源的意識から自意識と無意識が分離し、脳内構造が融合して流動的知性が誕生した「ココロの萌芽」から、まだ間もない頃だったのでしょう。
象徴機能と言語構造が生まれ、「精霊や神々のコトバ」を聞くことができるようになった彼らは、その声に突き動かされるように東へ東へと進みだしました。
進む先々で直面する環境の変化に合わせて、仲間たちの食料を確保しつつ、縫い針や釣り針、銛や石斧などの道具を発明して、衣服や住居、船(筏)を創り出し、旅の過程では数々の神話を紡ぎ出していきました。
洞窟の中で生まれた原初の「ココロ」の状態を純粋に保ち続けたまま、アフリカからオーストラリアまで1万km以上の距離を踏破し、たどり着いた土地で、それを「ドリームタイム」として何万年もの間定着させ得たのは、まさに奇跡です。

知覚できる世界(ユティ)とドリームタイムを同時並行で生きられるアボリジナルたちは、その能力の大半を失ってしまった地球上のその他の地域のヒトビトにとっては驚嘆すべき、そして賛美すべき存在です。
農耕革命や都市革命を経て、世界が文明化していく一方で、修験者や神秘家、宗教家たちは、失われつつある「ココロの萌芽」感覚を取り戻そうと、必死に瞑想や修行を重ねてきましたが、それはすでに彼らにとってナチュラルな状態ではなくなっていたということを意味します。

アボリジナルたちはその名の通り、「Ab-original:最初から・原初から」そのままのナチュラルな状態で、高峻な修道者の意識を実現しています。
ヒトのあるべき姿と立ち戻るべき場所。
「Real people:真実の人々」とも呼ばれるアボリジナルは、文明の果ての「憂き世」を暮らす我々に、これからの時代でなすべき事、進むべき方向を、指し示してくれる存在です。



7万3000年前に描かれたハッシュタグ(#)図形が、2018年南アフリカのブロンブス洞窟で発見され、これが今のところ、ヒトの「ココロの萌芽」を示す最古の遺物とされています。
#記号は数万年後のショーヴェやラスコー、アルタミラなど、ヨーロッパ各地の洞窟で共有されていた、32種類のシンボルにも含まれています。
南アフリカとヨーロッパの洞窟の間にどういう関係があったのか?は謎ですが、この時期を境としてヒトの脳内には、抽象化されたコトバを扱う機能である自意識が形成され、それまで全てを包括していた根源的意識が、顕在部分と潜在部分の2つに分かれていったのだと思われます。

洞窟内の暗闇フォーマットで起きた意識変容は、内在光学現象entoptic phenomenonとして脳内にシンボル記号を焼き付け、ヒトに自意識をもたらしました。
それと同時に、誕生したての自意識に向かって、根源的意識の渦がなだれ込み、脳内には情報の洪水が起こります。
この洪水の巨大なエネルギーをなんとか処理するため、それまで脳内各所を隔てていた障壁が取り払われ、現生人のココロを特徴付ける、横断的流動的な知的機能が作り出されました。
また変性意識状態(ASC)を作り出すことで、自意識と無意識の間を行ったり来たりできるような仕組みができ、無意識内に見たイメージを自意識に投影して、それを洞窟の壁に描き写すことを楽しむようにもなりました。

ところが1万数千年前、地球の温暖化により洞窟から出て、外で暮らすようになったヒトの自意識は、周りの環境の変化に対応することで精一杯となり、ASC機能に制限を設けて、無意識から距離を置くようになっていきました。
また一緒に暮らし移動するバンドの規模が大きくなるにつれて、言語的なコミュニケーションの割合が増えていき、コトバを操る自意識部分が膨張していきました。
メンバーの中には、「自意識こそが自分の全てである」と思い込む者も、チラホラと現れ出て来たことでしょう。

そういう自意識セントリックなメンバーに対し、ヒトと世界の背後に隠れてしまった、本当の姿を伝えるためのイニシエーションシステムが、太古の部族社会には完備されていました。
それが神話(ミュトスmythos)、そして祭り(コミュニタスcommunitas)です。
部族社会のメンバーは、自分たちの祖先や精霊、神々が体験してきた「冒険」や「友情」「創造」「死と再生」などの「物語」を、無意識内に共有することで、初めて成熟した真の構成員として認められるようになります。
祭りという集団儀礼の中で、共通の変性意識状態を作り出し、言語によらない身体的精神的追体験により、再現されたイニシエの出来事を、意識の奥底に定着させるのです。
そうして彼らは、自分が決して自意識だけの孤立した存在ではなく、仲間や祖先、精霊たちと意識の根っ子で繋がり合った、大きな生命樹の一部分であることを知ります。

神話的世界に生きる彼らは、祭りによる変容体験の他にも、夢見や特定の植物摂取など様々な方法により、頻繁に無意識への旅を行なっていたことでしょう。
そこには祖先の英雄たちや聖霊、神々が活きいきと暮らしていて、訪れた彼らに生きるための様々な知恵を授けてくれます。
英雄たちの生き方に倣い、聖霊たちの導きに従って植物を採り、動物を狩りながら、神々の指し示す未知なる土地へと、彼らは移動し続けていきました。
そしてわずか数万年の間に、アフリカやユーラシアだけでなく、ベーリング海峡や太平洋を渡って、南極を除く地球上のすべての大陸や島々へと、フロンティアを広げていったのです。

ココロの中で経験した無意識への旅は、カラダを伴う現実世界の旅のための羅針盤となって、後にグレートジャーニーと呼ばれることとなる、ヒトの大移動を引き起こしました。
次回はこのグレートジャーニーの先頭集団として、他の集団に先駆けて海を越え、遥かなるフロンティアを目指した、アボリジナル・オーストラリアンの「夢見=ドリームタイム」についてです。



ヒトは生来、変性意識状態(ASC)が大好きです。
太古の昔から、ヒトは意識状態を変えるため、様々な試みを続けてきました。
毒キノコを食べたり、発酵飲料を飲んだり、逆に飲まず食わずで何日も過ごしたり、カラダを痛めつけたり、動かし続けたり、ただじっと座り続けたり・・・
変性意識状態に達するために、命を落とした例も数限りなくあり、食欲や性欲、物欲を超え、生存欲すら超越したところに位置する、ヒトの根源的欲求であると言ってもいいかもしれません。

ASCとは、我々現代人が通常感じている合理的・理性的な「日常意識」以外のさまざまな意識状態を指した総称で、1960年代にカリフォルニア大学の心理学者チャールズ・タート博士の著作等により、有名になった言葉です。
当時アメリカでは、ヒトを月に送り込むためのアポロ計画が進んでいて、無重力の宇宙空間においての、宇宙飛行士たちの心身に生じる現象が、様々な観点から研究されていました。
変性意識についての研究もその一環として行われ、後にトランスパーソナル心理学という、心理学の一分野を育てる礎となりました。
瞑想状態や催眠状態、トランス状態、サイケデリック(意識拡張)状態、神秘体験、夢などの意識状態を指しますが、体外離脱体験や、ゾーン体験、フロー体験なども、ASCに含まれると考えられます。

ASCには日常的な「顕在意識=自意識」以外の様々な意識状態が含まれ、日頃はココロの奥に隠れている「潜在意識=無意識」の世界へと、我々を導く働きを持っています。
言うなれば、日常で使用している小さな自意識空間から、エネルギーに満ち溢れた広大な無意識空間へアクセスするための、バッファーのような存在です。
現代社会を生きる我々は、意識のピントを顕在意識に合わせることで、日常生活を送っていますが、これはエネルギーを一箇所で大量に消耗する意識状態です。
カラダに例えるなら、足趾一本で全体重を支えて歩くようなもので、丸一日この状態を続けていれば、当然の如く疲れが溜まってしまい、エネルギー充填とメンテナンスを欲することになります。
そのため顕在意識にピント合わせを続けている日常では、繁盛店の店先のように、頭の中が恒常的に品薄状態となってしまい、倉庫や問屋に対して頻繁に商品発注する必要が生じています。

ところがヒトの意識は本来オープンシステムなため、自意識/無意識間のくびきが外された途端、脳内商店には逆に無尽蔵の品物が搬入されてくることとなり、たちまち棚は商品で溢れかえってしまいます。
そこで脳内商店のバイヤーは、店内の在庫量をコントロールするため、様々なパターンのASCを用意して、使い分けることで発注数の制限をしています。
睡眠や音楽鑑賞、適量のアルコール摂取など、低レベルASCは多用しますが、麻薬や幻覚剤、滝行、断食修行などの高レベルASCは、大量発注が必要となった場合を除いては、なるべく使用しないよう、感情のハードルを設けています。
このハードルを超えてしまうと、日常の自意識に立ち戻れなくなってしまうのでは?という不安感を持たせることで、ASCへの欲求を抑制しているのです。

顕在意識は日常を生きるための、時間感覚や空間感覚、自己感覚、言語感覚、主客感覚などの現実的行動志向(Behavioral System of Reality Orientation)を備えていますが、潜在意識の世界ではこういった感覚が意味をなさないため、つながりを持つには、このBSROの機能を停止または低下させることが必要です。
しかし我々が所属している現代社会は、まさにこのBSROを共有することで成り立っており、この機能を失うことは、社会生活からの逸脱を意味します。
この社会的逸脱に対する恐怖心が、21世紀に生きる我々をして、生来の大好物であったASCを、ごく控えめな摂取に制限させているのです。

潜在意識=無意識は、元々ヒトにとって唯一無二の根源的意識でした。
現代心理学では、無意識はジークムント・フロイトが「イド=エス」として発見したとされていますが、これは「コロンブスがアメリカ大陸を発見」したという主張と同じく、西欧中心主義(Eurocentrism)的なモノの見方です。
アメリカ大陸で、コロンブスがたどり着く遥か1万年以上前から、ヒトが暮らしていたのと同様、世界各地域の民族/部族社会は、数万年前からそれぞれのやり方で、無意識にアクセスする伝統を持っていました。
それは根源的意識から分離してしまった自意識にとり、遠くへ旅立ってしまった母親を探し求めるような、強い気持ちに突き動かされての行動でした。
次回はこうした、ヒトの無意識探究の旅について書きたいと思います。

↑このページのトップへ