みなさんからいただいた短歌を作者の名前を伏せて発表します。
短歌の中で気に入ったものに投票をお願いします。

投票は
ブログのコメント欄、
TwitterのDM、
Facebookのメッセンジャー、
にて行います。

3点を自分の歌以外に自由に振り分け投票します。
(たとえば1首に2点・1首に1点など)
歌に対するコメントもいただけると嬉しいです。

期日は7月21日(水)とします。
7月24日(土)に集計結果と合わせて短歌の作成者とコメントを発表します。
以下、詠草となります。
.......

漆黒の中で拡がる朱の波紋 見上げる裾に金魚泳ぎて
#218 

花火見る花火終わる花火待つ真夏の夜の余韻のループ
#219 

チカチカと飛び跳ねる君闇を裂く音なく落ちる線香花火
#220 

ああ残り1本となる散ればこそ線香花火の閃光いくつ
#221 

冷え冷えのタレにネギとわさびぶち込んで素麺すすり見上ぐる花火
#222

幼子の咳のひとつに揺れし手を離れて消ゆる線香花火
#223

ワクチンの副作用は熱くしゃみソーダに沈めて閃く花火
#224

撫子の浴衣と下駄の君と居た結婚前の花火の香り 
#225

花火の夜 帰り道では言えなくて「キレイだった」とLINEで送る
#226

どこで見る花火もきれい もう会えぬ人達の表情(かお)浮かんできては
#227

子供らの花火持つ手の揺れた夜
はしゃぐ笑顔の遠い思い出
#228

アタイ魔女 この世の中の核爆 全部花火に変えてあげるね
#229

叔父叔母の家の二階が絶景の打ち上げ花火遠き昔の
#230

老眼の向こうに霞む未央柳花火のような美しき哉
#231

三尺の大玉の音聞きながらビル路地裏のせんこうはなび
#232

捨て去った恋だからこそ君と見た花火を忘れたくはなくって
#233

爆ぜのこる火玉抱きたる肉塊の青が散るごと19の海馬
#234

さよならを許して君は默しゆく窓に寄りそふ夏遠花火
#235

チッチチと線香花火はじけては恋、おちる時見つめていたい
#236

お花はね

お庭と空に

咲くんだよ

昼はお庭に

夜はお空に
#237

ドドドドドーン 耳に残るは 川原での
人生初の 大きなたまや

#238

見上げても水面を見ても千の色りんごあめにも火薬の匂い
#239

犀川の河原寝そべり見る花火地面と共に花に包まる
#240

思い出が花火のように打ち上がり消えてかすかな匂いが残る
#241

濃紺の幕が下りたら気をつけてお帰りください都会の花火
#242

吾子描く近道の無き夢の地図
届くやうにと揚花火かな
#243

息とめて線香花火そっと持ちて 長さを競った遠い縁側
#244

Cu-Zn-Sr-Rb
宵闇に咲いた
化学の花
#245