しゅわしゅわの炭酸水を分け合った
あなたのいないきよらかな朝

冷し中華はじめました
温かいアイスクリームもはじめました

コロッケのいたみ感じるひとだから
あなたのつかうソースはあまい

ふあふあのちきんらいすにのっかれば
あなたとぼくとにこにこたまご

溶けてゆく
クリーム、
氷、
ソーダ水、
チェリーは沈む
あなたの孤独

透明なスープの香りに満たされたあなたの
夢をみつづける部屋

すいそうにあしがつくまで
しずみゆくしょうじょとねむるざとうくじら

たなかのたんか