もういやだ死にたい そしてほとぼりが冷めたあたりで生き返りたい
岡野 大嗣 サイレンと犀

ほとぼりが冷めるのにどれほど時間がかかったのだろう。しにたいというきもちもぼくはうけいれていきていくんだ。 
きょうはきれいに青空、晴れ渡る。

yPyX2HAJLS.jpg

🌟飲みもの🌟
サントリー ほろよい〈クリームソーダサワー〉

メロンサワーにクリームの風味を加えた、クリームソーダを思わせる甘く爽やかな味わいが特長です。

🌟本🌟
サイレンと犀 (新鋭短歌シリーズ16)
岡野 大嗣

死にたいが、生きたい
同じ命をみても、言葉にせざるをえない。忘れないために。
長谷川健一(シンガソングライター)

本音の祈り
書かずにいられなかった"今"が、鼓動を打ちはじめる。
東 直子

<新鋭短歌シリーズ>
今、若い歌人たちは、どこにいるのだろう。どんな歌が詠まれているのだろう。今、実に多くの若者が現代短歌に集まっている。同人誌、学生短歌、さらにはTwitterまで短歌の場は、爆発的に広がっている。文学フリマのブースには、若者が溢れている。そればかりではない。伝統的な短歌結社も動き始めている。現代短歌は実におもしろい。表現の現在がここにある。「新鋭短歌シリーズ」は、今を詠う歌人のエッセンスを届ける。

P4
きれいな言葉を使ってきれいにしたような町できれいにぼくは育った

春だから母が掃除機かける音聴きたくなって耳をすませる

P5
青空とブルーシートにはさまれてサンドイッチのたねだねぼくら

P14
先生と弁当食べる校庭のレジャーシートの海はまぶしい

P20
とけかけのバニラアイスと思ったら夢中でへばってる犬だった

P23
ポケットの硬貨2枚をネクターに変えて五月の風のなか飲む

P24
本棚のむこうでアンネ・フランクが焦がれたような今日の青空

P26
降りぎわに「じゃあ」と握った手のかたち合えば二人の「またね」は祈り

P36
マーガレットとマーガレットに似た白い花をあるだけ全部ください

P37
かなしみを遠くはなれて見つめたら意外といける光景だった

P40
もういやだ死にたい そしてほとぼりが冷めたあたりで生き返りたい