今全国で高入居率を維持している企業が、取り組みはじめている空室対策の1つが「外国人賃貸」です。
今日本に滞在している外国人は何人いるか?

現在、2018年度末の在留外国人数は273万1,093人となっており、
国別の内訳は下記の通りです。


※法務省法務省入国管理局:平成30年末現在における在留外国人数について より抜粋

従来の東京・大阪のみならず地方都市でも
昨年対比300%を越える在留外国人が増加しており、
賃貸需要もそれだけ高まってきています。

一方で、外国人の方の対応ができる会社というのは非常に少ないというのも現状で、
実績のある会社に問い合わせが集中している、という傾向があり、
外国人賃貸の取組開始後には契約案件数が2倍になった、という会社様もエリアによっては存在します。

上記の流れを受け、
今全国で高入居率を維持している企業が、取り組みはじめている空室対策
それこそが「外国人賃貸」です。


 【最前線を走る事業者の取り組み】

実際に取り組むことで、

「トラブル対応に追われるのでは?」
「オーナー様からお叱りを受けることが多くなるのでは?」
「オーナー様の了承が得られないだろう・・・」


果たして、外国人賃貸に取り組んで、100%近くの入居率を維持するためには、

大幅な工数増加や犠牲は仕方ないのでしょうか。

答えは、NOです。

事例企業に倣えば、外国人賃貸を“簡単”・“失敗せず”にスタートさせ、

入居率UPに繋げることができるようです。

では一体、成功と失敗の違いはどこにあるのでしょうか?
違いは、ターゲットを“留学生に絞ったこと”、そして“仕組みを整えたこと”


ターゲットを留学生に絞ることで得られるメリットは大きく分けて、5つ。

1.安定的な集客確保ができる
2.繁忙期が年に3回訪れる
3.生活トラブルが頻発しない
4.費用トラブルが起こることが少ない
5.客付け力強化による、管理戸数の増加

上記メリットから外国人賃貸を進めていく上では、
まずは留学生に絞って取り組まれること。

その上で、外国人賃貸をどのように進めていくことが望ましいのか。

たったつのポイントを抑えた仕組み作りが重要です。



Lーstyle Club🏠 : チャレンジド👊✨
(公益事業➕収益事業)➕社会的投資事業官民一体共生型モデルをRE/MAX加盟エージェントと共に社会的投資事業の実践を行います。社会的投資事業から相続・継承、エンディングノート、婚活まで様々なセミナー、地域交流を行っております。(下記、LーStyle お問い合わせ下
lineblog.me



img_049807cddd87d405c730977dd23a58b074194.jpg