富裕層の投資への考え方は3つ?

資産を保全し利益分だけを使う


富裕層の投資に対する考え方には、一般層のそれとは異なる特徴が見られます。

「資産を保全し、利益として増やした分だけを使う。」


富裕層にとっては大前提の考え方です。投資して儲かった暁には、元本もろともドカンと使ってしまう、

このような行動様式の富裕層は見かけません。




富裕層の投資についての考え方その1:運用益のみを使い元本は保全



富裕層の投資についての考え方その2:人脈を大切にする



富裕層の投資についての考え方その3:

ポートフォリオ(分散投資)戦略を重視する




富裕層の投資に対する考え方には、一般層のそれとは異なる特徴が見られます。
「資産を保全し、利益として増やした分だけを使う。」富裕層にとっては大前提の考え方です。
投資して儲かった暁には、元本もろともドカンと使ってしまう、このような行動様式の富裕層は見かけません。


従って、富裕層であれば、投資戦略はポートフォリオを重視し、
リスク・リターンを効果的に分散する考え方をするものです。

例えば、最近は日本の富裕層にも徐々に浸透しているヘッジファンドへの投資ですが、
国内外の優良なものであれば、年間利回り10〜15%程度を確保しているものも珍しくありません。

それでも、資産家クラスの富裕層であれば、資産の大半を特定のヘッジファンドへ
投じるようなことはあり得ないのですね。
そもそものお話、ポートフォリオ戦略のメリットとは、リターンのボラティリティ(価格変動幅の比率)を
低く抑えることにより、長期で安定した投資収益を確保しやすくすることに他なりません。

これも先に触れた、ローリスク・ローリターンの投資対象に纏まった金額を投じ、
長期で安定した運用益を確保する考え方に相通ずるものがあります。

加えて、資産家クラスの富裕層は、遊びで投資する資金と、
メインの保守的な資産運用を行う資金とを峻別しているケースも多く見られます。





目先の小さな目標設定とPriority(優先順位)の意識


大きな目標を目指すに当たり、必ず目先の小さな目標を設定します。
小さな目標であれば達成が容易であり、自己肯定感を高め、行動力に弾みが付くからです。

加えて、行動力がある成功者ほど、今は何をするべきか(何はしなくて良いか)
いつまでに、どこまで達成しておくべきかのイメージを明確に持っていて
行動に「迷い」がないことも特徴です。

このため、成功者は、例外なく自身の有限の工数をどのように配分するのか
常に行動にPriority(優先順位)付けをしています。

素早い行動を多くこなすためには、「迷い」こそが大敵になるとを理解している。





『人材育成事業』での分散投資を始めます🙋


20190711_ichiki_top.jpg





「キャリアを掛け算で考える」必要について言及しています。
そしてその結果、100万分の1の希少性ある人材になれるというのです。

3つの分野で100分の1を目指す


1つの分野で100分の1の人材になるためには、おおよそ1万時間が必要だとしています。
例えば、新卒で入社した企業で営業職に就き、そこに1万時間、つまりは5年間働き、
100人に1人の優秀な人材となれるよう努力します。
営業職の後は30代を目前にしてマネジメント分野に挑戦し、また5年。
30代半ばで今度はマーケティング分野で5年というように、合計15年働けば、
100万人に1人のプレシャスな人材になっていることでしょう。

・1つの分野で100人に1人の人材となり、3回繰り返することで100万人に1人の人材になる理由

 1×1×1×1
100100100100万