ユニバーサル・デザイン観光案内所は

会員運営・援の一環から
空き家対策事業を開設させて頂きました。


空き家管理センター WAKAYAMA

6月1日より空き家管理から
空き家の借り上げを始めます。


今後、ブログでもモデルケースを
ご紹介させて頂きます🙇

空き家対策が不動産市場に与える影響を考える


IMAG1641.jpg




空き家の特徴懸念される悪影響
全体の傾き、主要構造の腐食倒壊による被害
屋根・外壁の剥離飛散による被害
設備、門・塀の老朽化脱落や倒壊による被害
浄化槽の破損、汚水の流出衛生上の影響
ごみ等の放置、不法投棄衛生上の影響、害獣・害虫の増殖
景観計画に不適合景観上の影響
窓ガラスの破損、門扉の破損不法侵入の危険
植栽の不整備害獣・害虫の増殖、道路通行上の影響

空き家の調査と現況の把握


『空き家対策は社会問題です🙋』

人口減少・世帯数が2019年でピーク

介護施設の利用

建物があると固定資産税が優遇

新築物件のニーズが高い

解体費用の負担

中古物件の価値が低い

















LINEブログ・リサーチ🎵

【repeat 6】



西野亮廣も驚く

「稼げる1%の人」になる方法


「1万時間の法則」を知っていますか?





2017年02月10日

東洋経済オンライン



藤原「やりつづける」ことで、誰にもかなわない結果が出るわけですよ。もちろん、さだまさしさんも西野さんもすばらしい才能の持ち主だけど、特段の才能がない「普通の人」でも、1万時間以上、ひとつのことに取り組めば、必ず何かになれるんです。

西野:やはり「1万時間の法則」ですね。



51dHS0cYhEL._SY400_.jpg


藤原:そうです。「スーパーエリート」でない「普通の人」でも、1万時間を費やせば「100人に1人」の人材にはなれる。その次のポイントは、できれば「2つの分野」で「100人に1人」になり、その2つを掛け合わせること。複数の分野で「100人に1人」になり、それを掛け合わせることで、自分をどんどん「レアカード化」できる。

西野:そのためにも、まずは「1万時間」を費やして、「100人に1人」を目指すことから始めるんですね。


リンクします🙋 : ユニバーサル・デザイン観光案内所
LINEブログ・リサーチ🎵『ホームページのご案内』
lineblog.me


『2つの分野』から各地へ拡散🎵


『やって行きましょう🙋』


共感📖👓 : ユニバーサル・デザイン観光案内所
LINEブログ・リサーチ🎵バーチャルコミュニティが地域に共感を呼び、観光を促進させる 『おたるくらし』プロジェクトの現在と未来バーチャルなコミュニティで(観光振興という)明確な目的意識を共有している場合であると、バーチャルなコミュニティで知り合った人がリアル
lineblog.me








LINEブログ・リサーチ🎵




「利用による保全」を基本方針に掲げて、2004年に空き家仲介団体・ハウスハルテンが市の職員や学生らによって設立された。

2005年、リンデナウの空き家所有者と交渉して、家賃を無料にして利用者を募集した。アトリエを探していたアーティストや格安のオフィスを探していた起業家が集まり、これが最初の「家守の家(Wächterhaus)」となった。2016年までに45棟ほどが仲介されてきた。


人口縮小における建物の保全・活用は、日本において自治体などが運営する「空き家バンク」がそれに当たる。



この問題に対処しようと立ちあがったのがNPO尾道空き家再生プロジェクトだ。
2009年から市の空き家バンク事業を受託するほか、空き家の掘り起こし、環境整備、居住者の教育・マッチングまで、空き家の荒廃からの救出・地域の若返り再生を目指す。既に100件を超える空き家再生、新規居住者のマッチングを実現している。

また、ライプツィヒの改造ハウスさながら、新しい居住者が自らの手で改修を行ったりもしている。






bukken01top.jpg







↑このページのトップへ