月別アーカイブ / 2018年09月

今日は
急遽ピンチヒッターで横浜BAY HALLのつばきファクトリーへ。



つばきは(ハロの中では)積極的に行くグループではないのですが
チケットが浮いてしまうというならと参戦。




つばきは数回のリリースイベントと
研修生公演と
今春のこぶしファクトリーとの合同ホールコンサート「KOBO」をみたくらいなのでライトもライト


武道館のO.A.で1曲みるイメージの方が強い



ライトとはいえ10回以上はみてますが。





僕は基本ハロのライブハウス公演は行かないので
みる機会がないということ。(こぶししかり)




単独でつばきファクトリーは初なのです。





毎度の前置きから…






つばきは結成当初から推しを決めかね(無理に決める必要もないのだが、一応決めたくなるのがヲタク)
いまだに決まっていない。(こぶししかり)




トレイニー時代から旧知のりさまる(小片リサ)か
ビジュアルが好みのあんみぃ(谷本安美)か

と思えば、赤レンガの時は
きしもん(岸本ゆめの)の黄色を手にして『ゆめのー!』と叫んでみたり

よくわからないのです。




割と自由にみるということで。





〜まだ前置きだった…






横浜BAY HALLという会場ははじめて行く



ここら付近は久美ちゃん(北爪久美恵)のライブでよく来たし


山下公園は
その昔、アップフロントが初のフリ素イベント(チャリティ)をした思い出が。

Tシャツ購入して、タケちゃんの写真を撮ったり(竹内朱莉-当時ハロプロエッグ)
キャナポッシメンの写真を撮ったり
べーやんの写真を撮ったり(笑)

スマ、℃-uteは険しすぎてあきらめたり。



タケに必死だったのが今じゃ信じられん!



時代はめぐる。





〜前置きが終わらない……。





さて
昼公演へ




可能性のコンチェルト(新曲)
低温火傷
ハナモヨウ
YEAH YEAH YEAH(つばきVer.)
Just Try!
独り占め
デートの日は二度くらいシャワーして出かけたい
心の叫びを歌にしてみた
Let's Live
LOVE 涙色
うらはら
バカにしないで
ジリリキテル
表面張力(新曲)
雪のプラネタリウム
純情cm
初恋サンライズ
ハッピークラッカー

ENDLESS YOUTH
今夜だけ浮かれたかった





ベリキュー、あやや、Buono!、美勇伝、メロン曲を交えながらのライブでした。



20曲というボリュームで
お腹いっぱい。





結局、(ライト)オレンジで
小片さんメインでみた。


たまにじっくりみると
よかったですね、安定してるし
かといって手抜きもないし。

いいパフォーマーだった


さすが、トレイニー組
というとこか。




あんみぃはところどころ
緩くて、某なちゅを彷彿とさせた(あそこまでじゃないけど)

いいと思います!




中盤での浅倉樹々ちゃんが
衣装含めて、よかったですねぇ

思わず、ライトピンクに替えようかとしたら
電池不足でピンクにならないという…。
(小片の呪いか…)




ここのグループは、オリメンと2期メンバーの
垣根がないというか

よい意味で民主主義的。




つばき曲はいうほど身についていないので
基本の見ながら即席フリコピコピ

たまに休んでタイガーという感じで

気ままに参加。



その好きに見る感じが
心地よかった。



上手サイド寄りからだったけど
思ったよりステージ広域が見えて(僕の視力でも)
堪能しました。




中盤の樹々ちゃんよかったのもあるけど

松浦曲からの流れ
LOVE涙色→うらはら→バカに→ジリリ→表面張力
はおっしゃ!って感じ。



そして
やっと、つばきをちゃんと観た
ということです。



新曲『表面張力』がなかなかよくて
今年は各グループ、いい曲くるなぁという印象。



責めセトリのいいライブでした。




脳内レスは、オレンジ手にしてたせいか
りさまる多め。

あとは2期メン、ゆめのってとこかな。





終演後握手は
早めに行き4番目くらい

小野田紗栞に手を握り潰された…


あとは忘れた。





ライブハウス行かないから
貴重な参戦になりました。






サンライズジャンプくらいしか跳んでないのに
腰痛い…






では
ばいばいです(やなみん風)
F6Dd_yDn1N.jpg
PwFvCOD45r.jpg
yJCyVPdMqI.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7671.JPG

今日は
久しぶり(でもないか)のハロショのイベントへ。



juice=juiceと新セクションが
出演する舞台

演劇女子部
「タイムリピート〜永遠に君を想う〜」


関連のトークショー



一部メンバーが回替わりですが
やなみんとまなかんが分かれてしまったので

やなみんのいる1部に。


参加条件が舞台チケット購入なので
さすがに高い舞台は一回でいいやと…

(昔、Berryzの「三億円少女」は8回入ったが)



内容と関係ない特記でいえば
ハロショの列が階段に並べなくなった為
待機列は外

雨の日はちょっとめんどいな。




入場し、1部に参加



そこそこ番引き
4列目

十分です


僕の視力でも見える位置。




今日の第1部、ステージ右から

金澤朋子(juice=juice)
宮崎由加(juice=juice)
植村あかり(juice=juice)
梁川奈々美(juice=juiceとして)
山﨑夢羽(新セクション)
岡村美波(新セクション)

の6人



司会進行はリーダーの宮崎さんではなく
サブリーダーのかなとも


短いだろうと思ってたけど
33分ありました

十分…。


レポ厨ではないので
いちいち記憶したり、メモったりしてませんが

印象的だったことを。



宮崎さんは進行より
フリーにしておいた方が面白い!

かなとも司会は正解。



みぃみにいちいち悶える、宮崎さん

まえここのことをキラキラ話す宮崎さん

いちいち声が漏れる宮崎さん


久しぶりにゆかにゃ(宮崎さん)の
よさを感じた。



juiceにずっと居て欲しいなぁ!(ん?)



最近、思うけど
かなともさん、ワイルドなキャラにされがちだけど
優柔不断な女の子なのでは…?



影の仕切り役、やなみん

うえむと仲よさげで
それだけで泣けてくるよ。


夢羽はなんだかんだ落ちついてる感じ

みぃみはキャラだか素だかわからない
ぶりっこ感がスゴイな。



みぃみが答えると
会場拍手の謎の流れ…(笑)


こうゆう空気を瞬時に作るの
ハロヲタはうまい。



推しとか関係なく
新セクがいるの新鮮だし

平日にやなみん
ちゃんと見える席でお目にかかれて
よかったです。



「タイムリピート」楽しみになりました。




みんな、落ちついた色合いの衣装で
みぃみだけピンクでした。




では
ばいばいです(やなみん風)
wnjphpoLsr.jpg

今日は、ハロプロ研修生発表会
9月公演〜もみじ〜

ということで、毎度のZEPP TOKYOへ。



昔の新人公演は横浜BLITZだったけど
研修生という立場でこんな大会場に立てるなんて

正規メンが今、いい会場になかなか立ててないのを見ると、研修生は比較的恵まれているのだらうか?



そんなで
現場も新ユニット&新セクションの夏の陣ZIN以来

また、1ヶ月近く空いた。


陣ZIN以来とか
まるで研修生をたく…(間違いではない)




前回の6月公演から
また動きのあったハロプロ研修生


今年でいうと28期が加入したあと
研修生リーダーであった井上ひかるが抜け

新ユニット、新セクションに
西田汐里、島倉りか、江口紗耶
前田こころ、山﨑夢羽、岡村美波
が選抜された為、抜け

直近で、堀江葵月 、金津美月が研修活動終了


10名近いメンバーが研修生から抜けている。

それも、今までメインどころで活躍していた
いわゆる「上」のメンバーがごっそり抜けたことになる。


それだけに、今回は今まで「下」だったメンバーが
どうメインになっていくか?
が大変見どころであったり。


25、26期でも、もう5人しかいない(野口胡桃、小野琴巳、児玉咲子、米村姫良々、橋迫鈴)から
27、28期がメインになってきて
久しぶりにかなりフレッシュなイメージになった。

姫良々、鈴ちゃんも年齢的には27、28期と同じくらいだし。


今はアイドル寿命が長くて
なかなか上が詰まるから
この一気に若返る感じはよいね。



正規グループは安定勢力
という感じですが

研修生は常に動いているから
一番面白いっちゃ面白い。



相変わらずの前置き長し…




昼公演、夜公演入りましたが
まとめて




本気で熱いテーマソング
エイティーンエモーション
FOEVER LOVE
眼鏡の男の子
ためらいサマータイム
春恋歌
初めてを経験中
ぁまのじゃく
都会っ子 純情
すき焼き
YEAH YEAH YEAH
テーブル席空いててもカウンター席
Crying
女の園
目立ってDo Dance
Rainbow
念には念
Danceでバコーン!
一丁目ロック




まずは、セトリがよい。


上げ曲だけに寄るでもなく
緩急と新旧

最後は怒涛。



研修生は全力パフォーマンスだから
純度も高い。


アンセム曲も、ベテランがこなすのとは違い
若いパワーで生き返る。


今回は、前述のメインパート入れ替えにより
さらに純度増した感。



単純に楽しかった。



今回もカントリー曲に
どぅい、るるが揃う

至高…

ふたりともカントリーテイストあるもんね。


だから好みなのか。



ぁまのじゃく

すき焼き

でも、どぅいは大活躍。



るる寄りで見ようかと思ってると
今回もどぅいに引き戻される


力あるんだな。




テーブル席、では
るるとダンソン(松原ユリヤ)が
女子大生役


女の園、は28期のパフォーマンス


Rainbow
がよくて、泣けてきた。


新ユニット、新セクションは
割と控えめで
純研修生を堪能できる、基本路線?に。


つばきファクトリーの参加もなかったのはよかった。

つばきが悪いとかじゃなくて
研修生とのバランス的な意味で。



おまけですが
降臨も楽しめたし。



いい公演でした。




昼夜の間に
研修生としては、ほぼはじめての握手会
に参加。



金光留々ちゃん!
児玉咲子ちゃん
日比麻里那ちゃん

プラス新ユニット、新セクション


最初の挨拶
ということで。





夜公演
終了したら、外大雨だったけど
気分は晴れ晴れでした。




次回も研修生公演は
足を運びたいと思います。




では
ばいばいです(やなみん風)
U0tgpJQECF.jpg

↑このページのトップへ