私が今回手に取ったのは小説なんですけれど、舞台絡みという事でここで書かせて貰います。

一言で言うとリアル過ぎて驚きました。
LINEやTwitterが取り入れられていたり、愚痴垢、転売ヤーが出てきたり生々しいですよね。勿論、作中に出てくるキャラクター1人1人が本当にリアルでした。ファン側も役者側もどちらの心理もしっかりと描かれていました。舞台に関わってらっしゃる方だからこその作品だと思います。

私自身俳優に推しがいる身としては正直刺さる所も、共感出来る事も多くて。当然りさ子とは一線を画す明確な部分もあったりします。(※転売や出待ちとか制作さん側や、推しの迷惑になる事は絶対したくないので。)
でも、それも私が今地方の学生で金銭に制約のある中生きているからなのかなと思って怖くもなりました。それでも、良心があれば大丈夫だし、自分は大丈夫だと思いたいし、(※)のようなことは絶対しないと誓いますけれど、多分推しが居る人が1歩間違えばりさ子のようになってしまう可能性もあるのだろうなと思います。
自戒も込めて何度でも読み直したいです。

推しは自分の中で太陽のような存在。
全公演行きたい。
身につけてくれるようなプレゼント作中で言う"当たり"を推しにプレゼントしたい。

正直この想いは常にあるからこそ、冒頭のりさ子の気持ちには共感する部分が多くて。
応援していれば次の舞台が決まるんだって信じて会いに行ったりするのも同じです。
だからこそ、このストーリーは共感も出来るけれど、中盤以降のりさ子のようには絶対にならないし、なりたくないと強く思いました。
愛が溢れる故の行動だとしても、そこは良心とか推しへの迷惑とか…明らかにやり過ぎですしね。

個人的に1番共感出来たのはたまちゃんです。
同じ遠征組ってのも勿論あるし、
友人にどうしてそんなにお金かけるの?と問われて
「好きだから、ファンだから。」
って即答できてしまうのも同じで。勿論かけてるお金も彼女とは全然違うだろうし、私は円盤待機もあるから余り人の事は言えないんだけれど
ずっと茶の間だとか、事情があるならまだしも自分に出来る限りのことをせずにお金落とさないファンにファンを名乗って欲しくないっていう気持ちが心の中に少なからずあるので個人的には1番わかるな。と思いました。

また、りさ子にも売れて欲しいけれど、遠くに行ってしまうのは嫌だとかそんな微妙な気持ちも本当によく分かって、それでも応援したいのも同じで、推しが居たからこその縁があるのも同じで、推し事でお金が貰えたらって思ってしまうのも同じだったり、共感できる部分が多くありました。

そして、個人的に印象的にだったのはりさ子が翔太くんへの思いについて自問自答する所。
ガチ恋ってなんだろう?
私の推しへの思いってなんだろう?
好きってなんだろう?
考えたことがあります。身に覚えがありすぎるんです。

だからこそこの作品はこんなにも私の中に刺さったし、ぜひジャンル問わず推しがいる皆さんに読んでもらいたいなと思いました。

最後に、この作品のこの先はわからないけれど秋山悠くんが売れれば売れる程この話に説得力が増すのだろうなと思いました。
そしてこの作品を書いたのがくれはさんだということ。きっとファン側の事は役者さん側に知られているのだと思います。

(小説版はネットでも買えますし、書店でも多分店頭に置いてある店ありますし、なくても店員さんにお問い合わせすれば何とかなるかと)

4月から舞台の再演ありますので興味を持った人はぜひ!!
公式Twitterからお借りしました↓↓↓

『りさ子のガチ恋♡俳優沼』
日程:2019年4月19日(金)~29日(月祝)
会場:新宿シアターモリエール
脚本・演出:松澤くれは
主演:新垣里沙 柏木佑介

■公式サイト
http://www.finepromotion.co.jp/gachi/

#りさ子のガチ恋

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8111.JPG


昨日、12人の怒れる男を観劇しに行きました!
昼はS席、夜はRY席で2公演。

最初は正直この作品ちょっと難しそうだなって思っていました。
陪審制で、有罪か、無罪かで12人が話し合うって
お固いイメージがありました。
でも、実際見ているとそれぞれに譲れない部分があって、性格の合わない人がいて…そういうのって陪審制とかそういうのを置いておいてもあるよなと思いました。
また11対1からどんどん逆転していく展開に目が離せませんでした。
総合的に見ると凄く観ていてエネルギーを使うというか、苦しくなってくるというか。下でも書く予定ですが個人的に5号さんに感情移入して、それが凄く苦しくて良い意味でこれソワレも観るの…?ってマチネ後に思ってしまった自分がいました。勿論凄く良い作品です!!!

ここから下はネタバレ注意です。
↓↓↓

まずは印象に残った役者さんから。
1番印象に残ったのは5号役の堀田怜央くん。
怜央くんの演技は以前に見たことがあってその頃からすごく私の好みな感じの演技をするというか、怜央くんが演じると感情移入が凄くしやすいって個人的に思っている役者さんだったので凄く期待していました。今回も怜央くんが元々知ってる役者さんだからとかそういう事を抜いて気づくと目で追っていて、引き込まれました。
10号にスラムを酷く言われて、僕もスラム育ちだと言うところから先と、ナイフの喧嘩についてのところで9号に「今のあなたに、それは似合わない。」って言われていた所でスラムは今の日本では遠い遠い話で、私にとっては未知の世界なのに涙が出てきて、観ていて凄く苦しくなりました。本当に本当に凄く良いお芝居を観せてもらったなと思いました。
あと、やっぱり怜央くんは表情が凄く良くてセリフのある時は勿論、セリフのない時の表情も凄く今きっとこういう事を考えているんだろうな、感じているのだろうなってのが伝わってきて良かったです!

そしてもう1人印象に残ったのがさひがしさん演じる3号。
少年は有罪だと言い張っていて、でも、明らかに疑わしい場合は罰せない今の状況で有罪には出来ない状況になって。息子さんに対しての感情と悔しさと後悔と色々な感情を堪えきれずに泣く演技が本当に凄かったです。

最後はお目当ての光汰くん。
マチネは表情隠れちゃっている所が多かったけれどソワレはしっかり観れました!
陪審制について個人的感情は捨てるべきだと語る所が凄く良かったです。
光汰くんのイメージとは違う感じの役なのかなと思って観に言ったけれど、今回の事件に真っ直ぐ向き合う11号さんと真っ直ぐな光汰くんは似ているなと思いました。(詳しくはお手紙で)

印象に残ったシーンとしては
5号さんに関する所は先にに書いたのでそこ以外ではやっぱりラストの3号と8号だけが残って8号に上着を着せてもらっている所。8号が最後1人陪審員室を後にする所で1度ドアの方を見て考えているような表情を見せるところが印象に残りました。
あと、ずっと重い感じではなくて時々日替わりで笑える所があってマチネは選曲古いし、ソワレは面白いし、胃薬のキャッチコピーはマチネ、ソワレ共にセンス凄いし重いストーリーの中にあって笑えて良かったです!

そしてRY席初めての体験で楽しみにしていました。舞台を反対側から見れて、自由に動けて、普通に座ってると見れなかった表情が見れて本当に良かったです。普段観劇しててあそこの表情見たかったのに…とかなる事があるけどこの席だとそれが無くなって観たい所が全部観れてチケットの値段分以上に12人の世界を体感出来ました!


360度カメラを楽しみにしつつ暫くは台本であの世界を楽しみます!
素敵な時間をありがとうございました!
明日の千秋楽も頑張ってください⚑*゚

_var_mobile_Media_DCIM_105APPLE_IMG_5585.HEIC


#12人の怒れる男NP

9.22






レンアイドッグスAチーム2公演目、観劇してきました!

ーーーここからネタバレ注意です。



江戸川さんのコメディは面白いとは聞いていたけど想像以上でした。
客席と舞台の距離が近くて役者さん達の細かい息遣いまで伝わってきてというのが初めての経験だったので凄く特別な公演になりました。
ラブコメなんだけどラブ2割コメディ8割位で
テンポ良くストーリーが進んでいって120分があっという間に終わった気がしました。

そして何より各キャラが濃すぎてそれぞれが印象に残っています。
女性陣では礼香さん演じるまどかが印象に残ってて可愛らしい1面と元ヤンのあの感じが凄く良かった✨まどかに〇〇〇〇〇先輩と幸せになって貰いたい…。
里美ちゃん役の理衣さん。
可愛らしい感じと豹変した時とのギャップが
凄かったなと。
シーナさん演じる真琴、彼氏が〇〇なせいで
大変な恋愛してた演技がすごく良かった!


男性陣は光汰くんは勿論だから最後にして、凌太郎くん演じるメンドューサ先輩。本当にやばかった(褒め言葉です)1番笑わされたかもしれない笑 そして、個人的に夏彦さんの声が好みすぎました。

1つの道具によって人間関係一直線になったのが面白いなと思ったのとまさか〇〇と〇〇まで恋愛に絡んでくるとは思わなかった…。

あと「だって、俺、〇〇やねん。」は一生忘れないと思うパワーワード過ぎた。
あとディズニーランドとマザーテレサも。

最後はやっぱり光汰くんの事を書きます。
まず、こんなに面白い作品に出会わせてくれてありがとう。
光汰くんの演技をしっかりと観たのは今回が初めてで、早くからお稽古頑張っているのは伝わって来ていたので素敵なものを見せてくれるだろうなと期待はずっとしていたのだけれど想像以上でした!
光汰くんのイメージとはかなり離れた役だったけどちゃんと〇〇だった…恋愛に絡み初めた後の変化も可愛いなと。悪い事ばっかしてるのとギャップが…告白も見てるこっちがキュンとしてしまいました。光汰くんは真っ直ぐな演技するなと。
本当に素敵でした✨
(あと話は飛ぶけれど、筋肉良かった。)
カテコ緊張しちゃってたのが役との差が激しくて可愛かった!挨拶聞けて良かったです。

1公演しか行けないのが本当に申し訳ない…もっと観たかった!!
Aチームのもまた観たいしBチームのも凄く気になってる…。
DVD届くのを楽しみにしています。
たくさんパワー貰いました!!
残りの公演も頑張ってください。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3142.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3198.PNG

zkvuhe1bO1.jpg




2018.6.9 13時~ レンアイドッグス






↑このページのトップへ