するめ
1.青空Jumping Heart
2.未来の僕らは知ってるよ
3.近未来ハッピーエンド
4.コワレヤスキ
5.SKY JOURNEY
6.GALAXY HidE and SeeK
7.届かない星だとしても
8.ダイスキだったらダイジョウブ
9.地元愛 満タン☆サマーライフ
10.空も心も晴れるから
11.ユメ語るよりユメ歌おう
12.太陽を追いかけろ!
13.君のこころは輝いてるかい?

ゑみゅ
1.前回のラブライブ!サンシャイン!!(サントラ)
2.Landing Action Yeah!!(曜ソロ)
3.恋になりたいAQUARIUM
4.ファイブマーメイド(サントラ)
5.ドラマパート(ちかっちのバカっぽい手紙)
6.のん気な屋上日和(サントラ)
7.未来の僕らは知ってるよ
8.Awaken the power
9.真夏は誰のモノ?
10.One More Sunshine Story
11.HAPPY PARTY TRAIN
12.輝きへの階段(サントラ)
12.空も心も晴れるから
13.ユメ語るよりユメ歌おう
14.Landing Action Yeah!!

そーじ
1.青空Jumping Heart
2.スリリング・ワンウェイ
3.君のこころは輝いてるかい?
4.恋になりたいAQUARIUM
5.HAPPY PARTY TRAIN
6.元気全開DAY!DAY!DAY!
7.GALAXY HidE and SeeK
8.Strawberry Trapper
9.SKY JOURNEY
10.待ってて愛のうた
11.想いよひとつになれ
12.MIRAI TICKET
13.勇気はどこに?君の胸に!

先日の続きを。

7曲目:元気全開DAY!DAY!DAY!
テンションの上がる曲。走ってるかのような振り付けとか眠そうな振り付けとかコミカル要素もあってとても可愛かったです。

トークパート:CYaRon
衣装の話が印象的でした。胸のワッペンとかベレー帽とか。あとルビィちゃんの後ろ頭。衣装ホント可愛かった。夜空を作るくだりは2日目は綺麗に出来てました。

8曲目:夜空はなんでも知ってるの?
こっちはゆったりとした曲。間奏でのしゅかしゅーの憂いを帯びた表情とダンスがとても印象的。トロッコの移動に合わせてサイリウムの海の色も移動していくのは面白いなぁと思いました。

9曲目:トリコリコPLEASE!!
センターステージから登場したAZALEA。この曲は元々お気に入りだったんですが、クラップが楽しくて更に好きになりました。

トークパート:AZALEA
2日目のトリコリコステッキのくだりですわわが「なんでもうピンクにしてるの」っておこだったのが面白かったです。CDジャケット再現の衣装も良かったですね。特にありしゃの肩出し。

10曲目:ときめき分類学
ゆったりとした曲でしっとりと聞いていたんですが、「AZALEA」のときの1歩ずつモデル歩きで近付いてきて最後のドヤ顔!のインパクトに全部持っていかれました(笑)

11曲目:Strawberry Trapper
始まった瞬間に会場の空気が変わりましたね。盛り上がりは今回のライブで一番だったように思います。ヨハネ召喚後のあいきゃんカッコ良かった(後日知り合いが稲川淳二の怪談みたいだったって言っててちょっと笑ってしまったのは内緒)。最後の蹴りも良かったです。

トークパート:Guilty Kiss
衣装説明とギルキスコールレクチャー。りきゃこの衣装、腕の部分がとてもセクシー。

12曲目:Guilty Night, Guilty Kiss
「Guilty Kiss」コールを楽しみにしていたので、トークでレクチャーあって良かったなぁ、と。心置きなく声を出せました。2日目は目の前をトロッコが通っていって、特にりきゃこの投げキッスが印象的でした。

アニメ総集編その1
9人がAqoursに参加するまでのダイジェスト。この流れからの未熟DREAMERは感情移入しちゃいますよね。

13曲目:未熟DREAMER
アニメの9話と同じ衣装での未熟DREAMER。9話好きとしてはたまらない1曲。大サビの3年生パートは鳥肌ものでした。花火も再現されてましたね。

14曲目:想いよひとつになれ
梨子ちゃん推しとして、この歌はどういった演出になるのか気になっていましたが、ピアノが出てきてりきゃこが席についた時は思わず震えました。演奏中の鬼気迫る表情から目が離せなかった。2日目については別途書きたいと思います。

トークパート
りきゃこの花火で熱かった発言が印象に残っています。真面目のあとに照れ隠しなのかこうやっておちゃらけちゃうところ、実は大好きです。

15曲目
1日目:届かない星だとしても
2日目:待ってて愛のうた
初披露&盛り上がる曲、という曲振りから始まった届かない星だとしてもは「ワンツーサンシャイン!」のかけ声と手拍子がとにかく楽しかった!
待ってて愛のうたはサンシャイン楽曲の中で一番好きな曲。曲振りで盛り上がる曲って言葉がなかったので心の中で「よっしゃ、来るぞ!」ってなってました。この曲のソロパートはいつ聞いても心が震えます。あと手の甲を使った手拍子の振り付けも好きです。ただ今回は想いよひとつになれからの流れで若干放心状態だったのがちょっと運が悪かったかな(切り替えが遅い…)

今回はここまで。
おまけですが、今週末沼津旅行に行ってきました。訪れる度に沼津の人達がより作品を好きになっていってくれてるのを肌で感じて凄く嬉しく感じました。つじ写真館で購入したコーヒー(ヨハネブレンド)を飲むのが楽しみです。

先日Aqoursの1stライブに2days参加してきました。ラブライブ!とAqoursが大好きで凄く楽しみにしており絶対楽しいライブになると確信していたのですが、その予想を上回るレベルの楽しさと感動で、心がものすごく震えたライブでした。
文才ないのでどうしようか悩んでたんですが、ちょうどLINEブログ始めてた&あいきゃんの企画が来たので、備忘録がてら個人的な感想を書いていきます。

座席は1日目はアリーナE後方でステージの真横でした。視界を遮るものがなく下手すると背中が見えるような感じだったので貴重な光景を堪能しました。2日目はアリーナFの最前の一番ステージ寄り2連番。見やすい&近いで座った瞬間からテンションMAX。当ててくれた友人に感謝です。1日目はダンスを見るのに不向きだったのもあり最高の座席でした。

1曲目:青空Jumping Heart
ライブのスタートに相応しい爽やかで元気の出る曲。沼津と渋谷で聞いてはいたのですが、フルバージョンは当然初めて。夏に休日出勤ばかりだった時にこの曲を1曲リピートしてたくらいには大好きな曲で、2番以降のソロ部分は「うわぁきたぁ!」みたいになってました。Charging Heartって歌詞が大好きなんですよね。

2曲目:恋になりたいAQUARIUM
ようやくの初披露。恋アクのリリイベで披露されなかったので本当に心待ちにしてました。ラブライブはシングルのPVが一番好きなので、PV通りのダンスにテンション上がりっぱなしでした。サビのカニダンスのフリコピとPVに合わせての「水色→みかん色→サクラ色→水色」の色変えが楽しかった!

トークパート1回目
トークってあんまり覚えられないタイプなので簡単に。自己紹介とコール&レスポンス楽しかった!1stライブへの意気込みと精一杯楽しもう!という気持ちが伝わってきて嬉しくなりました。

3曲目
1日目:Aqours☆HEROS
2日目:ハミングフレンド
2日間で曲が違いました。Aqours☆HEROSはダンスが凄く好きで、激しいダンスにいつも感嘆してしまいます。特に足の裏を触るフリが好きでいつか踊ってみたいなぁって思ったり(笑)。ハミングフレンドは「オーイェー」のコールが楽しかった。2日目はここでハミングフレンドが来たことで僕の大好きなあの曲が来ると確信して別の意味でもテンションが上がってました。

ドラマパートその1
千歌ちゃん達が横浜駅に降り立ったという場面のドラマパートでした。横浜線を結構な頻度で使用(しかも八王子方向から降りてくる)しているのでなんか嬉しくなりましたね。ドラマパートだと花丸の暴走っぷりが凄い。愛しの梨子ちゃんは安定の胃痛ポジションでした。いつものフェイスチャットがぬるぬるしてて「なんじゃこりゃ!すげぇな!」ってなってました(笑)

4曲目:決めたよHand in Hand
アニメ1話のEDで流れた曲。降幡職人のお陰もあり腕をグルグル回す振りが好きでサビは腕ばっか見てました(ふりりんを思い出してちょっと笑ってしまったのはナイショ)

トークパート2回目
2年生3人でのトーク。アニメ3話を意識した衣装の話が印象的でした。

5曲目:ダイスキだったらダイジョウブ!
アニメ3話で披露された曲。アニメのダンスとシンクロしてるのって本当に良いなぁと思います。

6曲目:夢で夜空を照らしたい
2年生の早着替えの後の6人曲。センターステージだったのでキャストの背中を見る形だったんですが、サビで一面のみかん色になった光景が本当に綺麗だった。アニメの6話がそのまま現実になったような気分になりました。内浦のキャンドルナイト行きたかったなぁ…。

ドラマパートその2
新横浜に来た千歌達が何を食べるかで戦々恐々とするお話しでした。相変わらず暴走するマル。神奈川県民としてはシウマイのイメージが一番しっくりくるかな?横浜にはカレーミュージアム、新横浜にはラーメン博物館があるからどれも横浜のイメージとしては間違ってないですね。

今回はここまで。文字に起こす能力が乏しくて辛い…。記憶が薄れないうちに全部書ききりたいなぁ。

↑このページのトップへ