忍耐や我慢というのは日本人ならではの文化などと聞いたことがある。
"我慢してえらいね"
"よく耐えたね"
何ていう励ましの言葉は良く聞くかもしれない。
でも、本当にそれが正しかったのかは分からない。。。
---------------------------------------------------

6月の中旬くらいから調子はおかしかった。

僕はもともと枕を使わずうつ伏せで寝るのが好きなタイプだ。
そのせいなのか、良く夢を見る。
この間はとんでもないものをもらう夢を見た。
色々考えさせられた夢だった。
そして、次に多いのが寝違いだ。

あの日もそうだった。
目覚めと同時くらいに激しい痛みが首筋を走った。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7300.JPG
「またやってしまった。」

そう思いながら、いつものように首をかばいつつ起き上がる。

「最悪だ。2、3日仕事がし辛いなぁ。」
と思いながら、出勤。

いつもの様に首をかばいながら仕事をする。
いつもの様に同僚たちに説明をする。

いつもの事だ。
そう思いながら過ごしていた。

しかし

2、3日しても首の痛みや肩の痛みは変わらない。
「おかしいなぁ、やっばり30超えるとダメなのかなぁ?」
なんて考えていた頃、またもや激しい痛みで目が覚めた。

_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7301.JPG
それはもう今まで感じたことがないくらいの痛み。
まさにのみぞ知る領域だ。

寝違いに寝違えを重ねるなんて…

それでも僕は我慢をした。

忍耐強い僕は、こりゃおかしいと思いながら過ごす事、一ヶ月強。
寝違えに寝違えたんだ。
我慢に我慢を重ねよう。
僕は強かった。

何ということでしょう?
我慢に我慢を重ねた首筋の痛みだったものが
右の肘から親指の先にかけて見事に痺れているではありませんか?

匠も驚くほどの神経症状。

実習に来ている学生と確認し、教科書通りの痺れ方を確認。
_var_mobile_Media_DCIM_117APPLE_IMG_7288.JPG
※ピンク色のところ

まずい。と思いながら、首を痛めて1ヶ月強。
やっと重い腰をあげ、職場で受診。

初MRIが待ち構えていた。
ちょっとドキドキしながら入ったMRI。
音が大きなMRI。

ここでもちょっとしたハプニングがあったが、それはまた今度。

次の日に近所の病院へ受診。

検査が終わり、医師から告げられた診断名。
なるほどー。
寝違いでもなく、捻挫的なものでもなく、神経系だったのかー。
そりゃそうか。と思いながら、首や肩の痛みの原因が分かって安心した。

現在治療中だ。

日本人よ!!

何事も我慢しすぎたらいかい!!

ちょっとおかしいと思ったら、早めの受診。
早期発見!早期治療!
そして予防!

大事っす。

"仕事になるまで遊べ"

そんな事をドン!っと言ってくれた人がいた。
もう聞き飽きた人も多いと思うが、キングコング西野亮廣。肩書きが沢山ある芸人さんだ。

僕は西野さん。と呼んでいる。

西野さんは、僕が今まで周りに伝わらなかった事や不思議に思っていたことを実体験など踏まえて説明してくれている。
まるで代弁してくれているかのようで
毎回本当に清々しい気持ちにさせてくれる。

が、その反面、悔しくて嫉妬もする。

人生で初めて尊敬した人かも知れない。
だから目が離せない。

そんな西野さんの本に"仕事になるまで遊べ"という内容がある。

今日はこれが現実になったお話だ。

僕は作業療法士で絵描き兼彫刻家。
イラストレーター。とか言っちゃったりしている。

昔から絵を描くのが好きで、暇さえあれば絵を描いていた。
有名な平田家コーヒータイムの時もそうだけど、グランドや川遊び、紙と鉛筆がなくてもありとあらゆるものを使い絵を描いていた。

絵には不思議な力がある。
見るものだけではなく。
描く人にもかなりの力をくれる。

僕の場合は集中力だ。
書けば描くほど、神経が研ぎ澄まされるような感覚になった。
だから授業中に絵を描いてる時は先生の話や友達のこそこそ話もよく聞こえてきていた。

が、しかしだ。
授業中の絵描きは通称"落書き"と呼ばれる。

またそれを"遊び"とでしか見られない。

だから先生からは「授業中だから遊ばずに話をききなさい。」と怒られる事も多かった。

しかし、僕からすれば話は聞いてるし、こっちの方が集中できたりするのだ。
聞いているのに怒られる。
全くもって理不尽だ。

「ちゃんと聞いてます!」
と言ったところで、「絵を描いちょうやんね」と、怒られる。

理不尽だ。

目に見えるものしか信じないなんて…。
もちろんテストの点数は悪かった。
でも、目に見えるものしか信じないのは如何なものかと。思っている。

今でも会議中に絵を描いてしまうことがあるが、もちろん怒られている。

テーブルがあると絵を描いてしまうのではないかと思い、会議室の隅っこに座って見たが、それはそれで怒られた。

まったく住みづらい世の中だ。

と、ここまで描いだか、全くもって本題に行けてない事に気付いたので、簡潔に。

なんだかんだあるけど、大好きな絵を描き続けてたら、ホテルの壁に絵を描かせてもらう事になった。

すんごい楽しみ!
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6950.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_116APPLE_IMG_6948.JPG

福岡県は福岡市大手門にある立ち飲み屋ホテル。

『 STAND BY ME』

もう一度いいます。

立ち飲み屋ホステル
STAND BY ME

〒810-0074
福岡市中央区大手門1丁目3-22

フジテレビの特集はこちらから↓

一生懸命描かせていただきます!
感謝!

それにしても飲んで泊まれるって最高じゃ!

ひらたそうし
(soHsHi hiRatA )
1984.10.11生まれ
35歳

いきなりですが、ブログをかえました
はてなブログ→そうしーずブログ

イベントはこちら→イベント・個展情報

その他はこんな感じ

twitter→@sohshi_
作品(Instagram)→sohshi_hirata
までお願いします☻

今年もオンラインサロン的なファンクラブ的な物を創ってみようとこんなの作りました。
「そうしーず2020」
★ひらたそうし応援チケット『そうしーず2020』 | そうしーず商店 powered by BASE
▶︎そうしーず2020のプレミアム会員チケット言ってもただ単に「ひらたそうし」を応援するチケットになります。希望者はファンクラブへ招待させて頂きます。年末に何かプレゼントがあるかも?期待はしないで下さい。笑▶︎ファンクラブって何?昨年から「ひらたそうし」のファンクラブをつくりました。facebookグループ(秘密)で活動予定です。(令和2年1月5日〜12月31日までの期間)購入後にFacebookグループをご招待させて頂きます。▶︎目的や特典は?ひらたそうしを応援できる。とりあえず僕は『医療や福祉をエンターテイメントにする。』という想いがあります。そういった話やエンタメの話をすることが多いと思います。投稿は不定期き。ただ僕だけじゃ力が足りないので、そこを面白がって助けてくれるメンバーを募集します。講演会やライブなどここのメンバーで創り上げれたら嬉しいと思っています。ファンクラブと言いながら、結局はオンラインサロン的な位置ですね。▶︎今やりたい事の一覧病院を創ること/居酒屋/バー/保育園/老人施設/個展ツアー/絵本作家/俳優業/映画監督/イベント集団の結成/医療をエンターテイメントにすること▶︎集まったお金の使い道は?恐らくイベントの運営費用や広告費になる予定です。時には僕の週末のビールになることもあります。(こっちが多いんじゃないかとかは言わない)▶︎こんな人にオススメ暇な人。ちょっとアホな事を言っている人が好きな人。芸人が好きな人(特に西野亮廣さん、梶原さん、ダイノジ(大谷さん、大池さん)、オリエンタルラジオ(中田さん)、ウーマンの村本さん、房野さん、ホームレス小谷さん など成長系物語が好きな人。GTO的な?ビリギャル的な?一サラリーマンが夢を描いて、それが少しでも形になる姿を見てみたい人やツッコミたい人は是非購入してみて下さい。▶︎注意事項・一般人のファンクラブです。もちろん素人です。提供するような情報はほぼ持っていない、みんなで支える系のファンクラブです。ただ夢はいっぱいです。・途中退会は可能ですが、返金等は行っておりません。・ノークレーム・ノーリターン的な感じですが、クレームは受け付けます。・もしかしたら、僕とあなたとの2人だけのファンクラブになるかもしれませんが、「lineで良くない?」とか言わないで下さい。・奉仕活動的なファンクラブのような曖昧なグループになります。・facebookを行なってる方限定です・当会に相応しくないと判断した場合は僕の都合上、退会およびブロック等の処置をさせて頂きます。また会員費等の返却はいかなる理由であっても致しかねます。・facebookで友達になっていない方は購入後購入したことをメッセージし、友達申請をおこなってください。(面倒だけどこうしないと難しいの。ごめんなさい)
sohshihirata.thebase.in


作業療法士として
福岡市の病院で勤務
その傍らえんぴつ彫刻や緻密画を
中心に作家活動をしています

基本的に地味で細かい作業を好みますが、
性格は大雑把な事が多いです

『えんぴつ彫刻のきっかけ』
えんぴつ彫刻を始めたのは25〜6歳の頃
テレビを見ていたら外国の人がやっていて
やってみたのが最初になります

身近に"えんぴつ"があったので
挑戦はしやすかった

しかし、やってみると
全然出来なくてむっちゃ悔しかった

悔しくて悔しくて
何回もチャレンジ
折れても折れても
チャレンジするうちに
えんぴつ彫刻家になっていました

緻密画に関しては
小さい頃から絵を描いていたので
ハッキリとは分からない
これも身近なえんぴつやボールペンが
あったので何気なく描き始めたのだと思う

とはいえ、
好きな事を続けていただけ
でも
好きな事を続けていたら
仕事になっていました
こんな時代に感謝です☻ 

本業の作業療法士も
一応常勤で働いています

今は
『病気やケガ、入院をプラスに変える』
"楽しい病院、入院してもいっかって思える病院"
創りたい
死ぬ前までには。
それが今の目標

ちょっと変わってるって言われますが
なにとぞ宜しくお願いします

どこかでお会いましょう!
イベント・個展情報
個展会場も募集してます
UlXTU4D5Yt.jpg

他の作品はInstagramからどうぞ→sohshi_hirata

もしよかったらfacebookとかで
友達になってもらいたい→sohshi hirata

↑このページのトップへ