好きだと思ったら
飽きるまで遊び続ける
壊れるまで遊び続ける
そんなこどもでした

だけど壊すことにも壊れることにも痛さはあって
何度も何度も壊してそうして
壊れないように遊びたいと
壊したくないと
願うようになったのでした

大好きだから、大切にしたい
それは、降り積もった痛みの数

相反するけど
多分、根っこは同じ

そんな感じの人が言っていた
「一秒ずつ時間はなくなっていくんだから、ちっとも成長しないなら死んだ方がいい」

過激な発言ではあるけれど、
言いたいことはよくわかる
私だってそう思う

他人に強いるのではなく
自分に課す言葉として

私たちは少しずつ死に近づく
何も変化を生まないなら、生きている意味を私はそこに認めない

安定に安心を覚えるのと同時に
変わらないことを恐れる


mZ24n8AfUw.jpg
ずっと気にはなっていた
とうとう来ました、ホシヤマ珈琲店
珈琲一杯が1,000円からという、まあ都会的なお店です

内装は美術展を思わせる感じ
皿やカップが美麗なインテリアにもなっている
上品な音楽と、挽かれる豆の音が心地よい

ドリンク、料理の価格帯がこれなら
客層も厳選されそう
マナーをしっかり守れる方が多そうなイメージ

それを裏切らないスタッフの接客は、さすがホシヤマさん

日曜の夜では、セットのケーキがほぼ売り切れていたのはまぁ、当然ですね

いつものようにブレンドと、パウンドケーキを注文しました
チョコソースのかかったクリームで甘く食べれるパウンドと
ナッツ風味で飲みやすいすっきりめブレンド

ハムステッドティールームとは、また違った意味での優雅さを味わえる

そのサービスに見合う価値を
最近、私が思うこと

↑このページのトップへ