IMG_20190210_071818.jpg
DSC_1576.JPG
DSC_1575.JPG
DSC_1569.JPG
DSC_1568.JPG
DSC_1564.JPG
DSC_1565.JPG
DSC_1570.JPG
DSC_1571.JPG
そんなこんなで、約1ヶ月ぶりのWUGライブに参加してきた。会場は鳴門市文化会館。そう、推しであるななみんの故郷の徳島である。
マチアソビには参加したことなかったので、前回の熊本同様初めて行く場所であった。
今回は前日入りして金曜に徳島市内を観光してからのライブ参加だった。
物販では早朝から並んだものの、まさかの会場チャームを買えないという事態に。なんとか譲ってくれた人がいたので、無事に確保はできた。で、他にはよっぴータオル・ブロマイド・ステッカー・パンフを購入。ブロマイドでは久々にシクレの全員verを引けた♪
そして開場。今回は右端近くではあったものの、ツアー通して一番ステージから近い席であったので、開始前からめちゃ高まり状態。
いよいよ開演へ。影ナレはななみん&あいちゃん(キャラ)。色々と中の人ネタてきなのもありつつ、ななみんがホームツアーを勘違いしてホーム関連の映像や音楽を見ようとしたのがなんとも可愛かった。そして、太田さんのエールに続き、本編開始。
セトリは熊本との違いのみ記入する。
タイアップコーナー
スキノスキル
ハートライン
(夜はハートライン→One in a Bilion)

企画コーナー
オオカミとピアノ(昼夜で演出違いあり)
千と二百の物語(夜 ワグズーズー)
ここにしかない徳島(福富弥生さんカバー)
映像→ななみんver
HIGAWARI PRINCESS(PRINCESS NANAMI ver)
 海そしてシャッター通り

夜の部では7Senses.雫の冠も久々に聴けて、感動&高まる。
タイアップコーナーにて、part2以来のスキノスキル。しかもpart2のときはスクリーン越しであったので、くっきり見たのは音剣戦争以来ということで、イントロ流れた時点で涙腺崩壊。からのまさかのハートラインは更にくるものあった。
企画コーナーでは、ななみん地元でシャンシャンから。しかも昼と夜で構成が変わっており、昼は台詞のところですだち君登場してからの掛け合いラストは全員で歌唱、夜は台詞のところでマント来たまゆしぃ登場して、互いに台詞掛け合いして合唱、また歌の途中でステージ上でななみんが寝てしまい、からの、メンバー五人で代わる代わる歌唱といった感じだった。
二曲目は昼はおへんろの曲でしっとり、夜はなにげ久々なワグズーズーではっちゃけた。
三曲目は徳島出身のシンガーソングライターの方の曲をカバー。とても徳島感が伝わる一曲だったな。
映像ではメンバー特集のななみんver。
これもエモミ全開で、ななみんへのメンバーメッセージにまたまた涙腺崩壊。
からのヒガプリ ななみんver
これも、ようやく聴けたということで、ただただ尊かった。ピンクの傘が似合うのなんの!!
そして、極スマのときは昼では自分が丁度通路側にいたことで、みゅーちゃん・
みにゃみ・よっぴーがすぐ隣を駆け抜けていき、夜はお立ち台にいるみゅーちゃん、よっぴーも近くから見れたと1日で二回も違うシチュで、興奮!!
新曲、海とシャッター通りも生では初めて聞いた。音源では聴いてたものの、やはり生となると、さらに心に刺さる曲だなと感じた。
夜にはレコーディンクの裏話も。
また、ななみんワールド全開の今回ということで、メンバーがいつもよりまったりした雰囲気で終始進行してたかな。
ラストのMC、夜の部ではななみんがトリを。徳島に来てくれたことへの感謝や、またぜひ徳島に来てねてきなことを話していた。


実は今回ライブ、元々は昼だけの参加だった。が、チケットを余っている人がおり急遽夜も参加できることになった。もちろん、夜よりもかなり後方の席ではあったけれど、昼との違いもとても楽しめたし、昼は主にななみんメインで見ていたが、夜は全体もよく見れたので。全員のダンスやフォーメーションをじっくり見れ、結果的に凄く充実したライブを堪能することができた。あと、昼の間近な席からのななみん投げキッスには完全にノックアウトされたなー(笑)

part3参加は、自分的にはこの徳島で終わり。残り二公演、特に仙台に行けないのはとても悔しいが、part3は推し(よっぴー)から始まり推し(ななみん)で終わるという、キレイな形ではあったなとは思う。

次回参加はファイナルのSSA。ぶっちゃけこの日だけは、絶対数迎えたくはないとは思うし、当日は過去最大に泣きまくって抜け殻になるとは思うが、でも最後の瞬間まで見届けたい。当日のリハーサルで準備、最後のお見送り会は多分短い時間ではあるだろうけど、可能な限りメンバーに感謝の気持ちを直接的伝えたいな。
きたるときまで、がんぱっぺ!!
fin

DSC_1037.JPG
DSC_1045.JPG
DSC_1039.JPG
DSC_1040.JPG
DSC_1041.JPG
DSC_1042.JPG
DSC_1043.JPG
DSC_1044.JPG
DSC_1049.JPG
そんなこんなで、新年一発目のライブであるWUGちゃんのホームツアー partⅢ 熊本公演 昼の部に参加してきた!
当日は羽田空港行きのバスに乗り遅れそうになり、まさかの飛行機乗れないフラグたちかけるも、なんとか乗れ、空港でも特に問題なく熊本空港に到着。からの、バスで会場へ。
空港から会場までは、そこそこ離れてたので、到着したときには物販始まってたものの、なんとか開場までには購入完了。
今回は、金銭的に余裕なくやや少なめに。
そして、知り合いにも会え、いよいよ開場。今回の会場は、一階席と二階席の座席数がほぼ同じくらいという珍しい会場だった。自分は、二階席の前方真ん中の通路よりだったけど、なんだかんだよく見れたな。
開場前アナウンスでは、よっぴーとみにゃみ(2次)の会話から。メタ発言あったり、色々攻めてる発言もあったけど、安定のよぴみにゃトークにほっこり。そのごは、太田さんの熱烈なエールトーク。これで、かなり会場ヒートアップ。
そして、いよいよ開演。
セトリ
①少女交響曲
②素顔でKISS Me 
③7Girls,War
④言の葉青葉
⑤僕らのフロンティア
⑥One In A Billion(WUG.ver)
コーナー(よっぴー編)
⑦カケル×カケル(ランガちゃんカバー、よっぴー・まゆしぃ・ななみんの西日本組)
朗読劇(西日本組)
⑧わたしの樹(よっぴー、ラストは全員で合唱)
⑨HIGAWARI Princess(Yoshino.ver)
⑩16歳のアガペー
⑪言葉の結晶(NEW!)
⑫Beyond the Bottom
⑬タチアガレ!
⑭TUNAGO
EN
①Polaris
②地下鉄ラビリンス
③恋で愛で暴君です!(サビのみ全員でアカペラ合唱)
④極上スマイル

とりあえず、セトリ激熱すぎた!!
初っぱなから、交響曲→素顔で→7GWという三連コンボでいきなりテンションハイに!!7GWのよっぴーコールで、「熊本おかえり、よっぴー!」言いそびれチョイ悔しかったので、徳島のときは忘れずに言うぞ!
MCでは、それぞれの年末年始の過ごし方なども。メンバー新年初ライブにて、新年の挨拶できたのもよき思い出!
僕フロは、何回聴いても初めて間近でWUGちゃんのライブ見た洗足学園の感動を思い出して、ウルッとくるのよね。
ワンビリで盛り上がってからの、よっぴー企画コーナー。
メンバーが去っていくなか、まゆしぃとななみんを呼び止めるよっぴー。おお!こらは、もしかしなくてもチーム西日本!
からのランガちゃん曲。まさか後輩ちゃんの曲カバーとはかなり予想外だったけど、めっちゃ熱かった!
その後は、おそらくまゆしぃも脚本手伝ったと思われる朗読劇。内容としては、空港での一コマ、遠征組として当時の苦労や思い出を語るといったもの。かなりリアリティーもあり、心にグサグサときた。
そして、ソロイベント曲の「わたしの樹」。先ほどの朗読も相まって、色々涙腺あたりヤバくなり、最後メンバー全員登場からの大合唱は反則級やろー!!
そこからの、ひがプリよっぴーver。この曲も遂によっぴーverで聞けたということで、涙腺崩壊継続。16歳のアガペー「よっぴー」と叫べたのもエモさ全開。
衣装転換では、よっぴーに向けてのメンバーからのメッセージが。なんだかんだで、頼れるリーダーなよっぴーへのメッセージに感極まりまくった!
そして、遂に初お披露目のメモリアルアルバムの新曲。曲前に、誰が作曲か当ててみてねとお茶目なふりからの披露。いやー、ガチ新境地な一曲でめっちゃ興奮したー!
他の三曲も超絶楽しみなんだが!!
その後BtB→タチアガレ!でハイに灰になり、グリフェス以来のTUNAGO。久々に聞いたけど、なんとか振りできたし、浄化されましたな。
アンコールはPolarisスタートからの、地下鉄ラビリンス。
なんと、この曲で、まゆしぃ・みゅーちゃん・あいちゃんが客席を全力疾走からの二階へ!
また、この曲初のコール&レスポンスも!
今回まさかので戸惑ったので、次回までには仕上げて参加しよ!その後ステージに残ったメンバーも一階席の後方へ。二階席からは、ちょっとだけメンバー全員の姿見失ったのが、やや残念なものの、ここにきての新たな演出にもう更に興奮!!
そして最後の挨拶のとき、よっぴーがアカペラで合唱したいというお願いを。皆、イヤだイヤだというものの、かっちりフォーメーションにポジヘンという(笑)
そして、恋愛暴君のザビをアカペラ合唱。
これも予想外すぎて、ガチ鳥肌たったー!!
ラストは極スマでフルに盛り上がり終演。

まさか、partⅢにまで新たな試みがあるとは!本当に今回のツアーは毎回が新鮮で最高を更新していくんだよな!
初の熊本観光も翌日じっくりできたし、今年初のライブは、最高からのスタートだったな!!

来月の徳島公演も、がんばっぺ!

DSC_0928.JPG
DSC_0929.JPG
DSC_0930.JPG
DSC_0936.JPG
そんなこんなで、WUGちゃんツアーparⅡ昼の部、参加してきた!
この日もまさかの雨で、みにゃみ持ってるなーと(笑)
物販もなんとか8kちょいで済まし、知り合いにあったりしつつ、会場へ。
開演前には、幻想的なゲーム音楽が流れてた
,そして、いよいよ開演!
とりま、セトリをば
セトリ
①スキノスキル 
②outlander rhapsody/オリジナル四人→全員
③リトルチャレンジャー
④運命の女神
⑤Jewelry Wonderland
リーディングライブ「Merry Christmas with you」
⑥Polaris
企画コーナー ~Christmasスペシャル~(⑦~⑪)
⑦あわてんぼうのサンタクロース/ビジチル
⑧ジングルベル/ビジチル
⑨寒い夜だから/あいちゃん&まゆしぃ
⑩ホーリーナイト(とらドラ!カバー)/ななみん、かやたんみにゃみ
⑪ゆき模様恋のもよう
⑫7Girls War
⑬タチアガレ!
⑭雫の冠
⑮Beyond the Bottom

アンコール
EN1 セブンティーンクライシス/まゆしぃ、ななみん、かやたん、みゅーちゃん、あいちゃん
EN2 ハートライン
EN3 雨上がりのミライ(ミルキーホームズ カバー)
EN4 少女交響曲
久々の「スキノスキル」では、プロジェクションマッピングを用いてスクリーン越しの歌唱でとても幻想的な感じでエモさMAXだった!
その後、国民的RPGゲーム風なWUGちゃんクエストの上映。ここでも即死んじゃうよぴちゃん・・・w
ラスボスのドラゴン戦が終わり勇者的なマントと剣をもった まゆしぃ・かやたん・ななみん・よっぴーが登場し、剣の演舞も混ぜたツアー特別verでアウトランダーを披露。
曲ラストには、残りの三人も一階客席通路より登場!自分の場所的にあいちゃんがすぐ間近で、興奮したなーwそして、メンバーカラーに光りだす剣。その後、三人がステージに合流し、全員での歌唱というこれまたレアなverにさらに高まった!
その後はI-1メドレーがあり、ツアー恒例のreading live。今回は、クリスマスの物語。クリスマスに向けて、何かファンにプレゼントできないかな?ということに。過去のメンバーのクリスマスの過ごし方は、バイトで忙しくしてたり、友達と過ごしてたり、家族と過ごしたりetc。そんな中、お嬢様な ななみんは七面鳥を食べたことがあり、一同驚く。
そして、企画会議へ。お客さんに何かプレゼントしようということになり、何を送る?ということに。みにゃみが謎のみかん推ししたり、よっぴーがコスにこだわったり(サンタorトナカイキグルミ)、そういえばBtB衣装はクリスマスぽいよねー、と、色々模索するなか、まゆしぃから歌はどうだろう?ということに。色々なクリスマスソングを歌ってみてみるが、何故か全てまゆしぃ絡みになってしまい、しまいにはまゆしぃがキレのあるダンスを披露したりもしていた。
とまあ、こんな感じだったな。
その後のPolarisでクリスマス感みあったと、思うと、企画コーナーではクリスマス特集をがっつりと。ビジチルよっぴーおねえさんとみゅーおねぇさんといった歌のおねえさん風クリスマスソングを歌い、あいちゃん・まゆしぃで、まさかの劇場版1作目にて僅かに披露された「寒い夜だから」を披露。しかも、Bメロまでたどたどしい歌いかただったのサビから本意気で歌うあいちゃん、それに戸惑うまゆしぃと少しネタ要素もあり、最高だった!
そして、ななみん・かやたん・みにゃみでとらドラ!の曲をカバー。こちら、なんとなくは曲知ってはいたので、ジワリとテンション上がったな!
〆は、ゆき模様、恋のもよう。この季節にドンピシャな一曲で染み渡ったなー。また、メンバー衣装がメンバーカラーのサンタマントとトナカイ角装着で、最高にエモエモだった!!
その後7GWでは再びメンバーが客席へ。またもや、間近にメンバーが来て興奮!まゆしぃは後頭部&横顔、かやたんはこちらに向いてくれて、必殺のかやたんスマイルをくりだし、自分も含め周りはノックアウトされてた!もち、タチアガレ!で盛り上がり、雫の冠でしっとりし、本編ラストはかなり久々に生で聞いたBtB。不覚にも、良さみすぎて涙ポロポロ流したな。
アンコールではセブクラで高まり、おそらく4thツアーぶりのハートラインで更にテンション上がり、ミルキーホームズが仙台ライブにてWUG曲カバーしたということで、そのお返しにということで、ミルキーホームズ楽曲をカバー。曲的に良い意味でWUGらしくなく、かなり新鮮な感じだった!
そして、ラストはこれまた久々に生で聞いた少女交響曲。まあボロボロ泣きましたな。今までライブで聞いたなかでダントツに素敵な歌唱とパフォーマンスだったと感じた。

とまあ、自分的にはWUGライブ2018年納めの今回の公演は、頭から終わりまで最高に楽しいライブだった!

WUGちゃんたちにとっても、2019年初の熊本ライブもただただ楽しみだ♪♪♪

↑このページのトップへ