コメントやいいね頂いた方々

実祭にリスクをおかしてでも
救おうとしてくれた方

最後の日
私は本当に消える覚悟で泣き腫らした顔で
まるで死人のよぉに呼吸しておりました。

危険を感じ警察まで呼んで
私を迎えに来た彼。

まだ呼吸が苦しく
わんぱく娘にぶっ倒され何もできず。

全ての家事をして
皆様にお見せしたいくらいの猫すら逃げる
料理を作り出す彼www

抱きしめられた温もり
それだけで十分。

また大事な場所へ戻って来れました。

本来ならば個別にお礼を言いたい。

やけども今はこれが精一杯。

至らず申し訳ないです。

詳しくはまだ辛く書く事すら出来ませんが。

ありがとうございました。

また少し、元気になったら
お付き合い下さいね。