LINE BLOGをご覧の皆さん、こんばんは!
「いつでも貴方の飲み仲間」レ・サケネスクです!

ネタが尽きたので早速本編に行っちゃいます!(コラ


【dropライブマラソン・第四節】
04/15 TOKYO FM HALL:○
04/16 川崎CITTA:○
04/18 O-EAST/渋谷クアトロ:×/○
04/21 渋谷duo:○
04/22 表参道GROUND・昼夜:×/○(らぶどる等)
04/23 東京キネマ倶楽部:○
04/29 渋谷VISION:○
04/30 WWW X・昼夜:○/×(らぶどる)
05/03 横浜ベイホール:○
05/05 新木場×2/TOKYO FM HALL:○○/○
05/06 渋谷クアトロ:○
05/09 O-EAST:○
※マジックナンバー「16」が点灯中。

これだけだとdropが主現場に見えますけれども、実際はらぶどるを中心に幅広く観に行ってます。
例えばこんな感じ。

04/15 らぶどるーちぇ→スパガのリリイベ→三越・おんがくのカフェ→TOKYO FMホール
04/22 アフィリアのリリイベ→アイジェネ→drop→「堕ちる」上映会

drop+らぶどる+他2現場が定着してます。
アイドル&運営の皆様ほどではないにせよ、しんどかったです←


【堕ちる(めめたんにとは限らない)】
ようやく観に行けました(それもルーチェ観てきたあと)。
この日のトークゲストは、「ギュウ農フェス」でおなじみの電撃ネットワーク・ギュウゾウさん。
私は後ろの方で観ていたので、何と隣の席にギュウゾウさんが←

記憶違いでなければ、ギュウゾウさんの語れるところ、概要下記のとおりです。
もっと重要なことを仰っていたかもですが。

・49歳でBiSにハマった(ヒラノノゾミ推し)。それまではアイドルと共演しても「うるさいなこの娘達は」と思っていた。
・関係者席だと面白くない。客席の方が面白いし、握手会もヲタクとして並んでいる。「握手で買うのが歌心」とでも言おうか。
・(電撃ネットワークの)メンバーは戸惑っていたが。「付き合ってるの?」「ギュウちゃんの子供?」とか。
・ライブアイドルの台頭は、テレビに出る歌手がいて、そこにニューミュージックが殴り込んできた時代に似ている。イカ天とか、ライブハウスの力が強かった頃と同じ感覚。
・「地下アイドル」という言葉は、TVが作ったステレオタイプではないか。武蔵小金井の殺人未遂にしたって、何度違うと言っても、TVは「地下アイドル」と報道した。

※以下、ネタバレを含みます。
・「堕ちる」についてはヲタクをよく描いている。ヲタクの皆で飲むとか、TOがいるとか。
・推しが居なくなって悲しんで、端から見れば「バカだなー」で済むかも知れないが、木内みどりが駆け落ちしたときに同級生が泣いていたり、石原裕次郎が亡くなって両親がしょんぼりしていたり。いずれも自分達の青春であったから。
・カウンター(ドリンク代を払う)とか、ヲタクがサイリウムを配るとか、ペンライトの使い方を教えてもらうとか、新規としてライブに行った戸惑いもよく描かれている。
・強いて言えば、物販の剥がしとか、MIXがあれば、と思う人もいるかも知れない。PPPHも古いかな。

(当方より、ヲタク/運営として気を付けていることの違いを質問したところ、)
・ヲタクとしての自分とは完全に分けている。パフォーマーとして生きてきた身として、ブッキングでは好きなアイドル等を呼んでいるが、打ち合わせでは雑談は無い。演出としてこうやってください、と言う程度。
・握手会で時間を切られるのは良い。付き合っているわけではないので。

ヲタクないし運営としては理想の型だと思います。
とてもこのような素敵なヲタクにはなれないですが。

ちなみにこの「堕ちる」、めめたん(ルーチェの錦織めぐみ)が有名ですが、じぇるの!の涼掛凛も登場します。
翌日、じぇるの!がdrop&らぶどると同じライブに出るというので、早速観覧に。

り ら ぴ よ 以 外 さ っ ぱ り 分 か ら ん orz

かくしてAJ内DDになる計画はあっさり潰えました(笑)


【面目躍如】
タイトルに書いた話をします。

TokyoCandoll(優勝すればJAPAN EXPO出演)の決勝戦を目前に控えた4/30、らぶどるのファンミーティングが行われました。
チェキ会もあって、その合間の余興でワードウルフ大会が行われた際の話。

ワードウルフのルールは各々方が調べていただくとして、ともあれ人数分の紙とペンが必要に。
チェキ会で使っているノートを千切って差し出す私。
更に、メンバーがお題を書くだけでは見えないので、ノートに書き写して客席に見せる私。
具体的には画像のような感じです。
NCM_0231.JPG

かくして「KSDD」ならぬ「クソAD」の誕生です。
メンバーの皆様からもお誉めの言葉を頂きました。
(運営に許可を取った上でできればなお良かったのですが。)

大会自体は負けてしまいましたが、DOLLER(寄りのDD)に一歩近づけた気がした、そんなGWでした。
大会の話は、愚痴とかいろいろあるので、別の機会に投稿したいと思います。


おしまい。

レ・サケネスク