こんにちwa
土曜日担当
齋藤乃愛、中学3年生です*。



土曜日のこの時間は、
私の気になるニュースを
お知らせする時間となりました。


今年、制服向上委員会の23年を祝う
生誕祭が開かれ盛大にお祝いをさせて頂きました。

生誕祭の前には...
雨宮処凛さん、T-nsSowlの皆さんをお呼びして日本の未来について考えるトークイベントを開催致しました。

そこでお話した3つのテーマ。

ひとつは、安保法案。
もうひとつは、
18歳からの選挙権について。

そして、もうひとつは、
シリア難民を日本も受け入れるべきか。


この3つは、以前立川駅で約280名の方に
シール投票のご協力をして頂き、
どれだけの方が日本の問題に感心があるのか、どれだけの方が賛成反対なのかを
調べさせて頂きました。





限られた時間の中で
これだけ多くの方にご協力頂き
嬉しかったです。


私がこの中でも一番気になった
シリア難民を日本も受け入れるべきか
について、本日は少しお話させて頂きたいと思います。

この前、安倍総理がシリア難民に
972億円の支援をされていました。

私は、難民を受け入れようとする姿勢、
支援をされた事、
本当に素晴らしい事だと思います。


困っている人を助ける。
それは、私達も小さい頃から教わってきた事。

だから、他の国の問題でも
自国の問題のように考え支援をする。
素敵な事だと思う。


でしたら何故、自国である日本の問題は何も解決されないのでしょうか...。

東日本大震災、そして福島原発事故から
4年半が経った今でも
仮設住宅の方がいます。
その方々へ難民問題同様に、
支援をしていたらもっと状態は
良くなっていたのではないでしょうか?


日本で困っている方の事を
一番に考え行動をするのが
日本の代表の方が
やるべき事ではないのですか?


瓦礫、除染、汚染土、汚染水、健康被害…様々な問題の解決にもっと予算を使い取り組んでいれば、3.11以降ずっと抗議集会やデモをされている方々だって
家で普通の生活ができていたはず。


私達だって、脱原発の歌などのプロテストソングを歌いたくて歌っているのではありません。
国民の声を無視し続ける政府がそこにいるから歌っています。

私達がプロテストソングを
歌わなければならない
今の日本ような状態なんて
私は望んでいません。