先日、映画不思議なクニの憲法」
の完成披露試写会に行きました。


日本国民が、「憲法」を今、もう一度考えるべき瞬間だと訴えるドキュメンタリー映画。
松井久子監督。
5月21日、渋谷シネパレスにて上映開始。

私も、出演させて頂いております。



この作品は、一方的な強すぎる主義主張が全面的ではなく、どちらかといえば静かに淡々と進む印象。それが、むしろ憲法という敷居の高い存在のものでも、私のような知識不足な者の中でも、綺麗にストンと、内容が心に落ちるような構成になっています。

すべてが特徴ならば、それは特徴がないのと同じように、全体的な印象が落ち着いている分、この映画が本来伝えたい、「日本と憲法の繋がり」が、鑑賞者への目の前に、大きく横たわる。

多角的に「知識」を得ることができ、そしてその枠を超えた、「何か行動しなければならない」という気持ちを奮い立たされるような、「心」に直接響いてくる傑作でもある。

そんな作品に出演させて頂くことができて
とても光栄です。



安倍政権のもとで、憲法がただの紙切れと化した今、それが善か悪かは一旦置いておいたとしても、私たち日本国民が歴史的瞬間に立たされているのは決定的な事実でしょう。

民主主義、立憲主義を無視し
独裁政治を繰り返す安倍政権。

日本の70年間、戦争をしなかったという事実を、憲法無しに語ることは不可能であるのに、安倍政権はその憲法の上に立った。

法律を守らない国民は処罰されても
憲法を守らない政治家は処罰されない...
こんな日本、おかしくはないだろうか。

「政治家を選び、悪政を許したのは私たち、国民だ」
いや、ほぼ違うと言っても過言ではない。

一票の格差など歪んだ選挙制度で選ばれたことや、単に名が知れてる党や政治家に入れた方が多かった、その結果だと思っています。

それは、有権者の半分は選挙に行かないという事実によって、証明されてもいる。
(身近な10人に置き換えれば、5人は選挙権を無効にし、3人は野党に投票、自民党に投票したのはたった2人となる)



憲法解釈を変え、集団的自衛権を認め、アメリカに守ってもらうのが本当に最善の選択だろうか?

武器装備を固めていくことが抑止力であるならば
なぜ、世界から戦争はなくならないのか。

「出る杭は打たれる」...世界一戦争をしてきた国と肩を組めば、私たちの住む日本が狙われるリスクはさらに上がるだろう。

そのリスクを負ってまでも対策が必要なほどの、中国の軍備拡張や北朝鮮の軍事力の脅威...
それは、真実だろうか。

もし、実際に攻めてきたとなっても、米兵は議会の承認なしでは動けず、日本は結局、個別的自衛権で対応しなければならない。

それでも、解釈改憲、ましてや憲法改正に突き進もうとしている安倍政権。

そこまでしてアメリカのご機嫌を取りたいか。
アメリカの属国になりたいか。

私が守れ守れと言っている憲法、「それは、その`危険なアメリカ'が押し付けたものではないか」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、その`押し付け憲法′を、70年間守ったのは日本国民であり、そのことの方が、ずっと重みがあると思います。

安倍政権の暴走に待ったをかけ、今の日本の危機的状況を変える橋渡し役にきっとなる映画であり、本当の平和とは何かを考えることのできる傑作。

ぜひ、劇場まで足をお運びください。



では、最後までお読み頂きまして
有難うございます。

齋藤優里彩