月別アーカイブ / 2015年11月

こんばんは

清水花梨です


昨日は坂戸市市民総合公園にて行われた「どけん祭り」その後は「清水花梨19歳のお誕生日会」がありました


応援して下さったみなさん
ありがとうございました

いつも応援して下さっているみなさんに、お誕生日を祝っていただけて本当に嬉しかったです。それに、乃愛ちゃんと莉奈ちゃんが見に来てくれて少し緊張しましたが、2人の優しい気持ちに感動しました


次のお誕生日会では20歳。
想像がつきませんが、この1年間は自分なりに充実した日々が送れるよう努力したいと思います



そんな私は
来年の夏の選挙から選挙権が与えられ
投票できますが
18歳からの選挙権が上手くいくのか不安に思うこともたくさんあります。

私自身も
政治家さんの顔と名前そして、
一人ひとりの政策や政党が一致していない方がたくさんいらっしゃいます。

このままの状態で
選挙をすれば
きっと見た目で判断したり、有名人だから。という理由で投票する人も多いと思います。

大事な一票なのだから、
しっかり自分で考えて投票してほしいと思いますが、そのためには周りの環境もすごく大切だと思います。


学校で、
立候補者の政策を比較し、みんなで意見を出し合いディスカッションしたり
一人ひとりが考えるという機会を作って欲しいと私は望みます。


どうしたら
18歳からの選挙権が上手くいくか
みなさんの考えもお聞かせください。



寒くなってきたので
体調に気をつけて
いきましょう


それでは
また会いましょう



齋藤乃愛です♩
早速ですが、
イベント報告の続きを
書かせて頂きます(^^)


11月29日には、
埼玉県・坂戸市総合運動公園にて行われた
「埼玉土建まつり」
に参加させて頂きました*。 

⭐︎参加メンバー⭐︎
リーダー清水花梨
西野莉奈
齋藤乃愛

今回は、メンバー間で
風邪が流行っていて
3人での参加でした(>_<)

風邪が流行る時期ですが、
メンバー全員体調管理を
しっかりしないといけないなと
改めて感じました。💦
(3人での写真が...オフショットしかない😳笑) 


私達はこちらのイベントに前回も
参加させて頂いたのですが、
今回も沢山の屋台やグッズ販売、
エイサーやダンサーの皆さんが
ステージをされていたり、
お子様に大人気の戦隊モノの
ステージなど盛り沢山でした(^^)


▼セットリスト▼
①第九
②Ohズサンナ
③ALIVE
④歌える場所があれば
⑤バンザイ万歳


埼玉土建坂戸支部 結成40周年
と言うことで私達も
おめでとうの気持ちを込めて
バンザイ万歳と言う曲も
久しぶりに歌わせて頂きました♩

曲と曲の間のMCでは
18歳からの選挙権について、
3.11から4年半以上が経った今
私達が思っている事など
お話させて頂きました。

今回、珍しく2日間とも 
お天気に恵まれて
清々しい気持ちで
私達の想いを伝える事が
できたと思います☺️♡

応援して下さったみなさん
本当にありがとうございました!


🌸*・゜゚・*:.。..。.:*・'🌸・*:.。. .。.:*・゜゚・*🌸 


その後は、花梨さんが
制服向上委員会のメンバーになられて
8回目のお誕生日会に
お邪魔させて頂きました♡♡♡

プロデューサーにダメ元で
花梨さんのお誕生会
お邪魔してもよろしいですか。
とお聞きして良かったと
心から思います🍀💭

憧れの先輩のおめでたい
お誕生日会に
参加してサイリウムを
全力で振る!と言う夢が
またひとつ叶ったので
とても嬉しいです(>_<)

お邪魔でしかなかったのに...
来てくれてありがとう! 
といつでも優しい花梨さん
大好きです😖💓
改めてお誕生日おめでとうございます!!

花梨さんにとって 
素敵な1年になりますように。+*⭐︎



本日、花梨さんと私服が 
似ていると言う事で
更にテンションが上がり
声と喉を失いました。←

明日、明後日ゆっくりと休んで
体調回復させて
次のイベントに備えます!

ここ最近の取材、イベントラッシュ
初のお風邪が私の所にもとうとう到来。
皆さんもお気を付けて下さいね💦

花梨さんと莉奈ちゃんに風邪を
移してしまっていないか
とても不安でございます。

今後の制服向上委員会の
活動スケジュールは
↓こちらをクリック↓
http://www.idol-japan-records.net/ski/ 


最後まで読んで頂きありがとうございます
また更新させて頂きます(´-`).。oO(

ByeBye👋🏻👋🏻



こんばんwa
齋藤乃愛です(^^)

出番前に鏡を見てお化粧直しをしている
可愛すぎるゼロノミクマくんから
本日のブログスタートです♡

と言う事で28、29日の
イベントも無事
終了致しました♩

本日もイベント報告を
させて頂きますっ🌱


11月28日 日比谷野外音楽堂にて
『アースパレード2015 東京』
に参加させて頂きました。

地球温暖化対策の新たな枠組みの
合意を目指す国連の会議、 
COP21が来週から
フランスのパリで始まると言う事で、
環境NGOなどが積極的に呼びかけをし
パレードを行った結果
イベントは無事成功に終わりました*(^o^)/*                     
日比谷野外音楽堂に集られた方は
主催者の発表によると
およそ1000人。

皆さんと一緒に
界の平均気温の上昇を 
2度未満に抑える事を目標に 
声を上げられたと思います!!  

⭐︎参加メンバー⭐︎
金子結稀
かれん
齋藤乃愛

私達は、結成当初から
多くの社会問題に目を向けて
取り組んできました。
今回は、地球温暖化を止める為に
北極のシロクマの気持ちになって作った曲
「シロクマ日記」を
歌わせて頂きました。

耳やポシェット、手袋、髪型と
私達もシロクマになりきってみました*。


クマさんの耳を付けるので
人生初めての
てっぺんでツインテールを
したのですが...
恥ずかしくって恥ずかしくって......😨
写真撮る時の私の顔の引きつり具合で
恥ずかしさが伝わりますでしょうか。笑

そして、ゲストでは
ゆるキャラのシロベエや
ゼロノミクマも
駆けつけてくれて
一緒に踊ったり歌ったり
してくれました🐻❄️❄️



「アースパレードの歌」
急遽練習し
私達のステージ後に
シンガーソングライターの
長谷川光志さんと
チェロ奏者の野瀬正彦さん
そして、ゼロノミクマくん
と一緒に歌わせて頂きました♩

お天気に恵まれて本当に良かったです*(^o^)/*


日比谷➡︎銀座まで
パレードを行いました♩

応援して下さった皆さん
ありがとうございました(^^)💓

と言うことで、
読んで頂きありがとうございます!
29日のイベント報告へ続きます♡

はい皆さんこんばんは(*`・ω・*)ゞ
おしゃべり大好き、野見山杏里高校3年生です・。♪*+o

いやぁ、前回のテーマ書いてからはや1週間…よし、どんどんいっちゃいますよーっ笑

最初〜イラストコーナー!
今日は今月のテーマブログラストとなるので…LINE BLOGに変えてからは載せてなかったはずの…私の大好きなキャラクターのイラスト載せます( ¯﹀¯ )♪

image



前のブログにも載せたかな……?
ボールペンイラスト、あんまり似てないかもしれない…これもしキャラクターわかる人いたらすごい(笑)と個人的には思ってます

皆さん知ってます?今年の流行語大賞のにノミネートされた中に【刀剣女子】という言葉があったの…!まぁその言葉が多く出てくるにあたっての最初の火種…みたいなゲームのキャラです←
そのゲームから刀のことを調べていて刀自体に興味を持つ…という人が多かったみたいですね…!因みに今は上野の博物館で獅子王が展示されてます!

因みに一番好きなのは鶴丸というキャラクターです!(描けない)

あとは創作~
image


image


やっぱ、ボールペン大好き…♡線の細さとか色々いじると楽しいんですよね~(*´▽`*)


次はこの前書いた本!♪。.:*・

その本の名前は鹿の王、という上橋菜穂子さんの作品です。
上と下に分かれててとっても長いんですが…時間さえあればすらすら読めるくらいに面白く、今年の本屋大賞、また児童文学のノーベル賞とも言われる国際アンデルセン賞(作家賞)を受賞されています!

強大な帝国である東乎瑠(ツオル)にのまれてりく故郷を守るため戦っていた戦士団の頭であるヴァンは奴隷として岩塩鉱に捕らわれていた。
ある夜一群れの不思議な犬たちがそこを襲いなぞの病が流行する。
何故か生き残ったヴァン(ほかの奴隷は死んでいた)はその隙に逃げ出します。
その最中幼子を拾いユナ(鮎という意味)を育てますが………。

と物語は進みます。

ただ、この本の主人公は1人だけではないのです。ホッサルというお医者様がもう1人の主人公として登場します!
その謎の病に医師として立ち向かっていくんです。
とても重たい内容なはずなのに所々に入ってくる暖かく感じる描写やユナの可愛いしぐさなどもあって時々くすりと笑えたりするところも私はとても好きです。

ヴァンとユナを取り巻く世界、東乎瑠で流行だす謎の病とホッサルら医術師を囲む世界、
視点や場所が全く変わるのでとても物語の中に引き込まれていきます…! 人と生き物の関係とか、命や繋がりってどれもやっぱりすごく大切なんだな…と感じれる本だと思います…!

まだ文庫では出ていないので中々手に取りにくいかもしれませんがおすすめです…!
(鹿の王ハードカバーのです)


image




で、えっとですね。
ちょっとここでお知らせがあります…!

私一応高校3年生という事で受験勉強真っ最中、なので…

センター試験

なるものが1月に控えておりまして…
…まぁそのあとはどんどんと受験になるのです(;´v`)

それで、もうそろそろ12月ということで受験が落ち着くまでの間ブログの方をお休みさせていただこうと思いますm(*_ _)m

楽しみにしてくださっている方いらっしゃいましたらごめんなさい!
恐らく2月の中頃か下旬…あたりにはいい報告と共にここに帰ってこれたらな…と思ってます。
なのでもし皆さんがよろしければ頭の片隅ででも応援してくれたら嬉しいのです…・。♪*+o

できるだけ早く戻れるように頑張ります!(*`・ω・*)ゞ
以上ちょっと長くなりましたがお知らせでした!

それでは皆さん

image


(リズムゲームdeemoのキャラクターdeemoです)

image



Let's meet again
See you again より確実に、みたいな意味が強い…?みたいなのでこっちを使ってみました…!(間違えてないといいな…笑)


こんにちは。
齋藤優里彩です。



ご訪問頂き有難うございます。
そして、前回のブログにコメントを下さった方、有難うございました。
いつも楽しく読ませて頂いています。.*



ところで、題名にもある通り、「40秒に1人」この数字がなにを意味するかご存知でしょうか?

これは、世界のどこかで、自ら命を絶っている人の割合です。(世界保健機関2012年調査結果より)。

自殺者が多い国の世界ランキング、日本は18位に位置しており、高所得国に限ると、4位という順位が出ています。

「嘘?!」「納得!」「そんなもんだろう。」
皆様はどう感じられたでしょうか?

自ら死を選択してしまう理由は、千差万別。
いじめ、仕事、対人関係、将来への不安...

はたから見たら、「そんなことで?」と思われるかもしれないというのも分かる。それに、生きることが許されている前提での悩みがほとんどで、明日「生きる」ことが危ぶまれている方が、遠く離れた地に、でも確かに同じ地球にいることもわかる...

そうは言っても、辛いときは辛く、命を軽んじていることもわかるけど、「死にたい」と心から願うこともある。

みんなと一緒、それで幸せ」と、どこかで思い込むことを強要されるような教育環境や、ここが日本に生まれ誇れる部分でもあるのですが、人への気遣い、優しさ」が完璧なところも。これも、行き過ぎると「自分への虐待」になりかねないと感じます。

日本の自殺者が後を絶たず、世界規模のランキングで見ても、常に上位に位置する理由について、その根はとてもとても深い部分にあるのではないかと思います。

そんな中で、自殺者の人数が毎年更新される学力社会の韓国では、うつ患者や自殺志願者のために施している驚きの治療法が話題になっているようです。

それは、木製の棺の中に患者を閉じ込め、「死の体験」をさせる方法。この疑似体験によって、患者はシミュレーションされた最後の瞬間に立ち向かい、より生きることに感謝できるようになる...というもの。

こんな方法が...!
効果のほどが気になりますが、確かな方法ではないでしょうか。

私は生きることから逃げたくなった時は、「死からは逃げられない」ということを考えると良いと常々思っています。

命には限りがありますね(*^^*)

今、自ら死を選択しなくても、いつかは終わりがきます。

だからこそ、「限られた命を無駄にしないで。もっと辛い人だっているんだから、立ち向かって!生きていれば、辛いこともあるけど、その分幸せなこともたくさん経験できる

...なんて、そんなありきたりな綺麗ごとを言うつもりはありません。

私が不登校だった中学生の頃、この言葉を聞いても、何の励みにも慰めにさえもなりませんでした。

人間はかっこよくて素敵ないきものですから、辛いことに直面したとき、立ち向かおうとします。そして、立ち向かえきれない自分に、さらに頭を悩ませます。

日本人は、真面目すぎるのが玉に瑕なんでしょうね。

自分一人では、どうしても動きそうにない目の前の大きな壁。今すぐに手で叩いて壊そうとしなくても、その壁を背もたれにして地べたに腰を降ろして。そこで好きな音楽を聞いて、好きな本を読んで、好きなものを食べてもいい。 かが来てくれるのを待ったって良いし、思い立った時に壁の周りをうろちょろしてみたら、壁の横に細い抜け道があったり、思いがけずに、壁を壊すのに役立つ 大きなハンマーを見つけるかもしれません( *˙0˙*)

いくらでも逃げるという選択をしたっていいんです。

それだって立派な選択です。

自ら死を選ぶこと以上に、人間に誤った選択なんてないと思いますから。

「人間には休息の時間が必要」です♩
のんびりゆっくり生きていきましょう*ˊᵕˋ)੭

日本から、世界から、自ら命を絶つ方が、一人でも減ることを願っています。


では。最後まで目を通して下さり有難うございました。
また更新させて頂きます。.*











↑このページのトップへ