月別アーカイブ / 2019年10月



東京から名古屋まで

ヒッチハイクで帰ってきました🙋‍♂️

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0709.JPG

初めてのヒッチハイクは一言でいうなら




めちゃくちゃ楽しかった!!!





ヒッチハイクってすっげーシンプルで



行きたい場所、ゴールを決める



行きたい場所を掲げる



お願いする



乗せてもらう



感謝する




それを繰り返すだけ!!

マジでシンプル!!


ヒッチハイクする前は

ぶっちゃけクソびびってた!笑

でも、やると決めたらやるしかないんよね!


・断られたらどうしよう

・人に声掛けれるかな

・中国に売り飛ばされたらどうしようw

・お金無い奴と思われるのが嫌だ

・知らない人と会うなんて緊張する


とか思ってたw



でも、なーんも心配なかった!!




俺の今回のヒッチハイクは、、、



ゴールを決めて紙に書いて歩道に立ってた。


声掛けて貰えない&ゴールが遠すぎたから

少し手前の目的地を掲げて紙を振ってたら

やっと声をかけて貰えた。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0710.JPG


車に乗せてもらって新しい場所に着いた。


また目的地を掲げてサービスエリアで立ってた。


そりゃ声を掛けて貰えるわけもなく手当たり次第

「乗せて貰えませんか?」と聞いてみた。


無視されるのなんて当たり前で

"散れ!"って言われたり

"自分で帰れ!"って言われたりもしたけど

高速道路の上で帰る手段も無いから

そんなこと言われても怯まないんよね。笑

もはやそれでも反応してくれるだけ

ありがとうとも思えた。


聞くだけじゃ乗せて貰えないから

この人に乗せて貰う!って気持ちで

「乗せてください!」ってお願いした。

そうすると乗せて貰うことができた。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0711.JPG


まさかのインターを降りることになったり

YouTuberと勘違いして乗ってください!

って声掛けてくれて期待に添えなかったけど

乗せてくれてた若者も居たし

軽自動車に◯人乗る事になったり

色々あったんだけど

無事に名古屋に着きました。



でさ、

この人に乗せてもらう!って決めて

「乗せてください!」って本気でお願いした人は

本当に乗せてくれた&ほぼ断られなかった。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0716.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0717.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0720.JPG

しかも、俺は乗せて貰ってるにも関わらず

コーヒーくれたり

唐揚げとポテトくれたり

シュークリームくれたり

もう少し話そう!って1分1秒でも長く

車に乗せてくれたり

ええ出会いやったって感謝してくれたり

また会おうって言ってくれたり

なんてええ人なんやーって

泣きながらシュークリーム食ってた。



それにね!

さっき気付いたんだけど

その人達には共通点があって


・初めてヒッチハイクの人を乗せた

・ゴールへ着いた先の人生を
 応援してくれた

・全員が経営者or個人事業主



だから凄いというかなんと言うか

なんて言えばいいかわからんのだけど



俺は


何かをする=その対価として何かを返えすべき


みたいな事を思ってたから


乗せて貰ってるのに

こんなにして貰って申し訳ないって

なってたんやけど

"ありがとうでいいんや"って思えた。




本間にヒッチハイクして良かった!!

ヒッチハイクと人生って

よく似てる!至ってシンプル!

そして至ってシンプルなことを

俺はいつも難しく考えてたなって気付けた!


ヒッチハイクで出会った人も


遠隔で応援してくれた人も

みーんな

本当に本当に本当に

ありがとうございました!


また書きます。

see you















この前、彼女がなんかイライラしてて
生理中かな?とか思ってたら









"私はあなたに怒っています。
でも、どういう言葉で伝えればいいかわかりません。"




って言われて、言葉を選ばなくていいから
ちゃんと教えて欲しいと伝えたんよね。


そしたら、、、














"お前は勢いだけかい!"


"何をそんなしょーもない事で
メンタルやられとるんや!"


"そんなんじゃ、一生ブレブレの人生やで!"


"あんたはもっとやれるんやから
燻ってないで、しっかせんかい!"


"自分を愛せる分、人を愛せることができる。
そんなに自分を愛せないなら、私への愛もそれぐらいってことなんやで!"


"私と付き合うんやったら
自分の人生もっと真っ当してください😑"




恥ずかしながら
彼女にこんな事を言われるのが
初めてで、マジで何も言葉が出んかった。



ぶっちゃけ言うと
彼女にそんな事言われる自分が
情けなく思ったし
めちゃくちゃ悔しかった。



その反面、自分を否定されたとか
全くそんな感情にもならなかったし
俺の事傷付けたくて言ってる訳じゃなく
俺の可能性を信じて言ってくれてるってのも
俺だから言ってくれてるんだと感じた。


いつも大切な事を気付かせてくれて
本間に感謝しかない。





やっぱりめちゃくちゃ悔しいし
俺は、俺のためにも大切な人を大切にできる
男で在りたいからもっともっと
自分を大切にしていこうと思いました。


それに、近くに自分の為に本気で
向き合ってくれる人
本気で応援してくれる人が居ることって
本間に大事やなって感じてます。


また書きます


see you
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0134.PNG



今日ね、良くも悪くも
願えば叶うパワーの凄さに気付いて
めちゃくちゃ鳥肌がたったんやけど、、、



子供の頃から掘り下げて思い返してみたら
もう出てくる出てくる🤣

ちょっとわけて書いていこうと思います!!









その①幼稚園から小学生


姉ちゃんがピアノを習っていたってのもあって
俺もピアノを習うことに。


確か2.3年習ってたんやけど
全然面白くない&びっくりするくらい上達しない!


・ピアノのレッスンの日

・家で練習するとき

・ピアノの発表会

めちゃくちゃ嫌やった!




当時は、辞めたいって言って
親に怒られるのが怖くて
ピアノ練習してる風でも、練習してると
親に喜んで貰えるから
なんとか続けていたのだけれど、、、


中でも最も嫌やったのがピアノの発表会


本間に嫌過ぎて、前日から当日の出番まで
泣きまくってた。笑


んでさ、初めてのピアノの発表会終わって
家に帰ったら、、、

















同じマンションで火事www


















翌年も、ピアノの発表会の前日から当日の出番まで泣きまくってて。笑


無事に終わって家に帰ったら、、、

























家の真裏のマンションが火事で全焼www





























俺がピアノの発表会に出ると火事が起こるw











その後
ピアノじゃなくてプール頑張りたいと祈願して
ピアノは辞めました!


翌年の発表会は姉ちゃんだけ出たんやけど


家に帰ると、、、

































何も起きてませんでした。






決して俺が放火した訳でもなけりゃ
火事になって欲しいと願った訳じゃない。

それに、たまたま火事が起きた日が
ピアノの発表会だったのかもしれない。



でも、本当に嫌過ぎてそれが違った形で
現れたんじゃ無いかなと思いました😵




ちなみに2.3年ピアノ習ってたのに
猫ふんじゃったしか弾けません🤣



また書きます。


see you

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0132.PNG

↑このページのトップへ