前回のブログ、就活の話してないのにめっちゃいろんな人読んでくれて嬉しかったすアチドイサンキュー

毎日9時〜17時で働いてるよ
0rtX5Ed0tK.jpg


本当にくりちゃん社会人としてやってけるの?!  みたいなことよく言われてたから

ちゃんと近況報告しようかなと

うん

すごい充実してると思う。

まずね、班にものごっつい恵まれたことが1つ。

入社前から仲良くしてた6人がいて

そいつらと班はバラバラになっちゃったけど

北は東北、南は福岡出身のバラバラな班のメンバーで毎晩飲み行って楽しくやってます。

麻雀が出来る奴もたくさんいて、打ちに行ったり

何より刺激を受ける優秀な人たちがたくさんいて

いろんな奴がいるなぁっていう点では西高みたいな感じかな

仲間に恵まれ続けてるのは小中時代から変わらないなーって痛感してます

ちゃんと自己分析して就活してよかったぁって改めて思った

まー勉強することはめっっっちゃあるけど

お金払って勉強する大学とは違って
勉強したらお金もらえるって思うとやる気はちゃんと出てくる

とりあえず、慶應でよく使ってた言葉を頑張って普及してます()

けど、生活リズムが直って
この1週間で1回も言わなかった言葉があるのよ。

せっかくの週末だし言うわ


"起きてるものよ?"


from KBJ to the world



残単28をはねのけて卒業できました。
(肝心なソロ写真ないから横田とのツーショ切り取らせてもらった)
_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5212.JPG

ゼミ、友達、サークルもろもろで撮った写真どれをブログに使おうかなとか迷ったけど

みんなと撮った写真、全部良い写すぎて選べなかったから

文章で完結させるわ

大学でどんなことしてたかってことはもう、普段の就活ブログで散々書いたから今ここでは書くつもりは無くて

ただただ本当にこの4年間

思い出しても思い出しきれないほど充実してた

慶應だから出来た事
ほんっとに沢山あったし

慶應だから知り合えた友達、先輩後輩たくさんいた。

今のはありきたりな言い方かもしれないけど

多分自分の行動力とか、人と知り合ってく力みたいなのを考えたら、慶應じゃなかったとしても知り合ってただろうなって人もたくさんいるけど

今このコミュニティにいるからこそ知り合えた

そんな人が絶対たくさんいたなって

昨日の卒業式でみんなと写真撮ってて感じたな

具体的に、ゼミはこーだった、サークルはこうだったってやってくときりがないからやらないけど

一番入りたかった大学で、その時その時で一番したい事を、自分ひとりじゃできない事を、みんなが叶えてくれて本当に幸せだった


だから


卒業式が別れの日だとしたら

本当に困る

卒業は区切りでしかないし

これから何かしらの形で、関わってくれたいろんな人に恩返しして行きたいから

昨日が自分にとっては始まりの日かな


慕わせていただいてる先輩方は
クソ生意気で後輩力0点の僕に優しくしてくれてありがとうございました!

慕ってくれる後輩達は、もう僕の事を先輩だと思ってないみたいだけど
良いでしょう

同期は
アチドイセンキュー!!



絶対顔出すから

みんな結婚式呼んでね


from KEIO to the world


最近になって

OB.OG訪問やってきたー

とか

これからOB.OG訪問あるんですけど、、
 
とか

面接とか面談で逆質問結構させられました


みたいな相談を受ける

そこで必ず聞かれるのが

"どんなことを聞けばいいのか"

って話。

まず、 それは時と場合によって変わってくる。

例えば、面接における逆質問は、池上彰が「良い質問ですね〜」と言わんばかりの質問をするべき

けど

OG.OB訪問は、社員から具体的に話が聞ける機会であって、質問のクオリティは面接ほど求められない

だから、みんなが僕に質問してくるのと同じ様に

わからないこととかをひたすら聞いてく感じでオッケー

僕が実際にしてた逆質問は

OB訪問では  

・実際の給料とネットに載ってる給料との乖離がどれくらいあるか

・女社員は可愛いか

・社内の風通しの良さ つまり意見を上に通しやすいか

・その人自身の就活の時の話

・その会社のわからない業務について

・自分の志望動機やガクチカを聞いてもらう

・ぶっちゃけ転職する気はあるか

などを聞いていた。

一方面接では

そんなことも知らずに面接受けに来たの?!って思われないように、当たり障りがないようにしながらも、エッジの効いた質問をするように心がけてた

例えば

・苦手な上司とか同僚ってどうしてもいると思うんですけど、そーいう人に対してはどー接してますか?


・(相手の)学生時代のご友人などきっと様々な業界で働いてらっしゃると思うのですがその方々と会って話したりする時に、御社ならではの特有な雰囲気や制度や社風を感じることはありますか?


など

面接のほーがちょっと具体的な聞き方をした方がいいかなといったイメージがある。

しかし基本的逆質問は、微妙に時間が余った時や、あなた自身に聞くことがなくなった場合に向こうから提示してくる

↑このページのトップへ