サッカー部に所属していた経験のある私は確実にニワカじゃないんや!サッカーが大好きなんや〜!と思っているのだけど、一体にわかファンと呼ばれる人たちのどれくらいが「俺だけは(私だけは)にわかじゃない」と思っているのだろう。
そもそもにわかファンの何が悪いんだという争点はさておき、スポーツバーでワールドカップ観戦に盛り上がる人たちはほとんど全員をサッカーファンと呼んで良いことにしたい。
一生懸命サッカー通ぶることも面倒だしつい興奮してパスワークに難癖つけてしまっても通ぶってるとは思わないでほしい。オリンピックなら浅学な種目を応援してもニワカだなんて言われないのに。
ことサッカーとなるとアンチサッカー派の人たちは「どうせニワカでしょ」と言いサッカーファンは「ニワカの奴らがうざい」と言う。サッカー競技のイメージの軟派さがそうさせているのだろうか。そして前述したようにサッカーファンの殆どが自分以外のファンはにわかファンだと思っているという理解不能な図式が出来上がっている。
みんなまとめてサッカーファン、若しくはサポーター以外はみんなにわかファンで良いんじゃないかと思いながら柴崎岳モデルのユニフォームがほしくて堪らないことを口に出来ずにいます。